100均のお弁当グッズで毎日を可愛くアレンジ!ダイソーなどのアイテム活用でキャラクターものも☆

子供に毎日お弁当を作っているママも、イベントの時に作るというママも必見!100均には子供のお弁当を可愛くアレンジできる、便利なお弁当グッズがいっぱい販売されています。今回は、100均で手にいれることができるお弁当グッズを5種、ご紹介します。プチプラなのに便利なグッズがいっぱいなので、ぜひ活用してくださいね♪

100均でお弁当に便利なグッズを手にいれよう!オススメ5選☆

子供に作るお弁当、せっかくだから可愛く素敵にしてあげたいと思うものですよね♪でも、ママは家事に育児に大忙し…できることなら時短したい!

そんなママに嬉しい、プチプラで便利なお弁当グッズが100均にはいっぱい揃っています!その中から、オススメのグッズを5つご紹介します。

①大人気!ゆでたまごがドラえもんに変身!

普通のゆでたまごが、あっという間にかわいいドラえもん&ドラミちゃんに変身しちゃう!という魔法のようなグッズです。同じゆでたまごでも、大好きなキャラクターになると子供も大喜びです!キャンドゥで購入できます。

使い方☆

普段通りにゆでたまごを作り、あたたかいうちに型にはめて冷やすだけというとっても簡単な作り方でできちゃうのが嬉しいですね♪

ポイントはゆでたまごが温かい間に作ること、それだけです♪これが1つお弁当に入れば、喜んでくれること間違いなしです!

②便利!シリコン おにぎりケース☆

手を汚すことなく、簡単におにぎりが握れちゃう!というお弁当グッズです。そして、とてもキレイな三角おにぎりができるのも魅力♪ケースを開いて、そのままパクリと食べることができる気軽さも嬉しいですね。ダイソーで購入できます。

使い方☆

ケースにごはんを入れて具をのせた後、蓋をしておしまい!という時短な便利グッズ!少しくらいごはんがはみ出していても、昔話に出てきそうなきれいな三角おむすびが作れますよ♪

③簡単キャラ弁!おにぎりラップ

子供の大好きなキャラでお弁当を作ってあげたいけど、時間がない!そんなママにオススメなのが、おにぎりラップです。

大人気のディズニーキャラクターのものや、動物のものなど、様々なおにぎりラップが販売されています。これを使えば、簡単にキャラ弁が作れちゃうという便利なお弁当グッズです!セリアで購入できます♪

使い方☆

使い方はとっても簡単!いつも通りに握ったおにぎりを、おにぎりラップでまいて付属のシールで留めるだけ!このおにぎりをお弁当にインするだけで、子供が大喜びのキャラ弁になっちゃいます♪

④お弁当に彩りを添えて☆シリコンカップ

おかずを入れるためのカップ。今までは紙製やアルミ製のものが多かったのですが、最近では、色々な色、形のシリコン製カップが人気となっています。

紙と違い水分がしみてふにゃふにゃになってしまうこともないですし、アルミ製と違ってカラフルな彩りにもなります。大きさも様々揃っているので、お弁当にいくつか入れて使うのがオススメです!

使い方

水分のあるものや油ものはもちろん、隣とくっついてほしくないおかずを入れる時や、お弁当に彩りを添えたい時などにも便利です♪シリコンは熱にも強いので、そのままオーブンで焼くグラタンなどにも最適です。

⑤仕切りもかわいくしちゃおう!シリコンバラン☆

シリコンカップ同様、何度も洗って使えるので、とても経済的!ちょっと色合いがいまいち…そんな時のお弁当にも大活躍してくれる優れものです。

シンプルなものから、お花やハートをかたどったものなど、たくさんの種類がありますので、ぜひ見てみてくださいね。ダイソーで購入できます。

使い方

ギザギザ緑のバランは、葉っぱに見立てる事もできます。このように、デコ弁の道具としても一躍買ってくれるアイテムです。色々な場面で応用可能なので、様々な色、形のものを用意しておくと、使い分けしやすくオススメです♪

100均でプチプラな便利グッズを買って、楽しくお弁当作り!

弁当

いかがでしたか?子供が喜んでくれるのは嬉しいけれど、家事に育児と何かと忙しいママにとって、お弁当作りは大変なことも多いものです。そんな時、こうしたお弁当グッズは本当に便利!簡単にそしてかわいくお弁当ができちゃうのが嬉しいですよね♪

今回ご紹介したのはほんの一部です。100均のお店には、かわいくて便利なお弁当グッズがいっぱい!子供の笑顔を思い浮かべながら、ぜひ100均のお弁当グッズコーナーでお気に入りのものを見つけてみてください♪

きっと、子供がとても喜んでくれる素敵なお弁当ができますよ☆

「100均」「お弁当グッズ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!