とびひはプールでうつる?原因・症状・治療薬と保育園登園について

乳幼児がかかりやすいとびひは皮膚の感染症で他の人にうつります。夏場に多く発病しやすく、プールや海、また特に保育園などの集団生活をしていると感染の可能性が高くなります。そこでとびひの原因、症状、治療法、有効な薬、プールや保育園はいつからかについてまとめてみました。

赤ちゃんや子供がかかりやすいとびひ(伝染性膿痂疹)とは?

とびひは正式には伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と言い、火事の火の粉が飛び火するような症状が起こるためとびひと呼ばれています。

とびひはあせもや湿疹、傷などを掻くことで細菌が皮膚へ入り込み、水泡やかさぶたができそれらを掻きむしることで身体のあちらこちらに広がります。またその掻きむしった手で、他人に接触することで感染します。

とびひに関して詳しく解説します。

とびひの症状と原因

  • 赤い湿疹
  • 水をもつ湿疹(水泡)
  • 水泡に膿がたまる
  • 皮膚が剥がれただれる
  • かゆみが強い
  • 水泡がこわれやすい
  • 発熱
  • のどの痛み

とびひの症状は個人差があります。また原因となる細菌によっても症状がかわります。ではとびひの原因についてみていきましょう!

とびひの原因と原因菌

とびひの原因と原因菌

とびひの原因と原因となる細菌について解説します。

とびひの原因

虫刺されや汗疹、擦り傷など皮膚が弱っている時に細菌感染をおこすことが原因です。またアトピーや鼻をかみすぎたかぶれなどからもとびひになることもあります。

とびひを起こす原因となる細菌

とびひは2種類の細菌によって発病します。最も多いのが黄色ブドウ球菌が原因の水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)で子供に多く見られます。

この黄色ブドウ球菌は鼻の穴や皮膚などの常在菌で、誰しもが必ず持っている細菌の一つです。この細菌は皮膚が弱って防御機能が低下していると菌が増殖するときに毒素をだし、痒みを持ちます。

もう一つが化膿性連鎖球菌が原因の痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)です。この痂皮性膿痂疹も誰でも持っている常在菌によって起こりますが、水泡が破れた後に厚いかさぶたができるものです。

かさぶたに伴い、発熱やのどの痛みといった、痛みの症状が出てかゆみはありません。

とびひの治療法と感染経路について

塗り薬

とびひは他人に感染してしまうので、早期治療が大切です。小児科や皮膚科の受診をおすすめします。治療法としては細菌を退治する抗菌薬などの飲み薬の服用と塗り薬が処方されます。

飲み薬を服用し、併用して塗り薬を塗りますが、皮膚に塗った上に接触しないようガーゼなどで覆うようにしてください。

完全に完治するまでの期間の目安は平均1週間です。病院にかかられてしっかりとした処置を早期に始めることで完治までの道も近くなります。

とびひに効果的な塗り薬と体験談

処方される塗り薬はリンデロンvg軟膏などのステロイド薬がほとんどです。ステロイドの長期の使用によるリスクはありますが、医師の指示のもと、使用量、頻度を守って適切に使用することで、とびひの早期回復に効果的です。

ステロイド薬ではないゲンタシン軟膏もとびひの治療に使われています。市販薬ではドルマイシン軟膏やイソジン軟膏も効果的です。他にもクロマイ-P軟膏やフルコートfなど市販薬などもあり、市販薬でも治療することが出来ます。

とびひは皮膚科に行ってちゃんと処方してもらった薬の方がいいですよ!
市販のは弱いし肌に合わなくてひどくなったり、全然治らなかったりするので(><)
感染力が強いので早めに受診した方がいいです!
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
先週次男がとびひになりました。

私は皮膚科に行き薬を出してもらいました。
とびひはきちんと抗生剤を飲まなきゃダメみたいです!
とびひは感染力が強いので早めに皮膚科か小児科に行った方がいいですよ。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

とびひは市販薬もあるようですが、初期のうちから病院を受診し、お薬をもらったほうが良いようですね。

とびひの感染経路と感染しやすい場所

感染経路と感染しやすい場所

とびひの感染経路は接触感染です。掻いた手で他人に触れてしまったり、タオルを共有したり、お風呂やプールなどの水を介して感染することもあります。

そのため、夏場のプールや海などで感染しやすく注意が必要です!

とびひはプールは入れません!いつから入れるの?保育園は?

プール ×

とびひに感染した場合プールは入ることが出来ません。患部の細菌が水中に流れてしまうことで他人にうつる可能性があります。

プールはいつから入れるの?

とびひは症状、治療によっても完治の期間は変わりますが、一般的には1週間程度で症状がおさまることが多いです。しかしこれは個人の判断ではなく、しっかりと医師の診断のもと、許可をもらってから入りましょう!

幼稚園や保育園はいつから登園できる?

保育園

とびひは出席停止は義務付けられていません。そのためお休みを絶対にしなければいけないというわけではありません。しかし、症状によっては医師や保育園側からお休みをお願いされる場合もあります。

必ず、医師や通っている園に確認しましょう!

また登園する際は、患部をガーゼで覆うように他の子供へ感染しないようしっかりと処置をしましょう。

とびひはしっかり予防しよう

予防

とびひは一度感染しても何度も感染します。そのため事前に予防などが大切です。

  • 虫刺されや汗疹の掻き壊しに注意
  • 手洗い
  • 爪を短くする
  • 汗をかいたらこまめにシャワー

子供は虫に刺されたり、汗疹など無意識に掻いてしまい掻き壊してしまうことが多くあります。

掻いていたらママが注意してあげたり、こまめに洗い流してあげて、虫刺され、汗疹自体を早期になおしてしまいましょう。また、爪が長いと掻いてしまった時に傷などが出来やすく、そこから細菌に感染することもありますので、爪を伸ばさないように心がけましょう!

とびひはしっかり治療を終えてからプールを楽しもう!

プール

とびひは早期の治療をすることで早く完治することができます。早くプールに入りたい!というお子さんの気持ちをママとしては優先してあげたいところですが、どうして入ることができないかの理由を教えてあげて、1日でも早く完治するよう適切な治療をしてあげましょう。

また事前に予防をすることも大切です!日頃から汗疹などがないかなどの体のチェックをしてあげましょうとびひを起こす前に原因に気づいてあげることが大切ですね。

仮に感染してしまったら、ほかの人にうつすことのないよう完治までプールは待ち、治ったら思う存分楽しみましょう!

「とびひ」「プール」 についてもっと詳しく知る

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!