親の初仕事!私はこうして子供に名前をつけました。愛情たっぷり体験談♡

名前は人生において、とても大切なものですよね。親としての初めての仕事も名付けではないでしょうか。最近はキラキラネームなどをつけ世間を騒がせる親も少なくありませんよね。一般的に常識のある名前…考えていると、どこからのラインがキラキラネームなのかわからなくなりませんか?今回は私の体験談を紹介します!

我が家の娘の名前♡

11月生まれの娘の名前は、南結(みゆう)と名付けました。初めての子供で願い叶って女の子です。

名前はとても大切だと思い夫婦で悩みぬいて決まった名前です。

性別が7ヶ月まで分からなかった!

私の産院では希望すれば性別を教えてくれるのですが、健診の時の赤ちゃんの向きの関係で7ヶ月まで性別が分かりませんでした。

なんとなく、夫婦揃って女の子のような気がして女の子の名前ばかり考えていたので性別が分かった時は少し驚きました!

画数も含めて考えていたのですが、女の子は結婚して姓が変わる可能性があるので悩みどころでした。

娘の名付けエピソード♡

苗字が2文字で組み合わせが難しかったり、苗字の画数も多かった為考えるのが大変でした。でも、どうしても夫婦2人で考えて決めたい!という思いがありました。そこで、雑誌の妊すぐに掲載されていた姓名判断の申し込みを行いました♪

2週間ほどで届き、夫が帰宅してから毎日のように冊子を見て二人で名前を言い合い考えました。予想以上に名前の候補があり話題の尽きない夜が続きました。そんな日々も、これから親になるんだ!という実感に繋がりました。

ある日、夫が冊子の名前を順に読み続けて、「みゆう」と言い、これよくない?!と言われましたが、正直なところ「みゆ」か「みう」なのか呼ばれた時に分かりにくいし、漢字も読めないので却下しました。しかし、夫が気に入ったようで名前の意味を読み始めました。

南結(みゆう)の意味

  • 南:明るい子(イメージ)
  • 結:人と人、物と人のめぐりあわせを結ぶ

という意味でした。明るい元気な女の子に育ってもらいたかったのと、私はデキ婚のため娘がいてくれた事で結婚の覚悟ができました。

私と夫を結んでくれたように、娘の人生において素敵な人と巡り合い、素敵な男性と結ばれてほしいという願いがこもっています。

これを聞いて、この名前だ!と思い名づけました♡

名付けの時に注意したこと☆

「南結」に決まるまで、いろいろな事に注意しました。これから子供の名前を考えるプレママ・パパさんの参考になると嬉しいです♪

注意① キラキラネームに入らないか

若いママさんが子供にキラキラネームをつける事についてはニュースにもなりますよね。若いからという括りで変な名前だな、と思われないようにしました。

注意② 姓が変わることも考慮する

婚姻届

娘が結婚する頃には夫婦別姓がベースになる時代かもしれませんが、今の苗字と名前の組み合わせに囚われ過ぎないよう注意しました。

注意③ 難しい漢字は使わない

電話などで自分の名前の漢字を聞かれた時に分かりにくいものや読めない漢字を使うのは避けました。自分の名前の漢字の説明が難しすぎるのは困りますもんね。

注意④ 名前の個性を強調し過ぎない

赤ちゃん

ありきたりな名前ではなく、個性も大切にしたいと思いました。しかし漢字の「南」はすでに「み」の読み方が当て字なのでひらがなで書いた時はナチュラルな感じになるようにしました。

注意⑤ 漢字のバランスを考える

姓が変わってしまえば話は変わりますが、長い間使う名前なので苗字と名前の漢字のバランスが悪くならないようにしました。

将来、自分の名前が好きになってもらえますように♡

自分の名前が好きではない人っていますよね。自分もその一人です。それもあり、娘には大きくなって自分の名前の意味が分かるようになった時に気に入ってもらえる名前を大前提にして考えました!

いつか、自分の名前の由来について聞かれた時に喜んでもらえるといいなと思っています♪

「名付け」「子供」「女の子」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!