窓にびっしり結露が!簡単・手軽な結露対策の方法をご紹介☆彡

寒いこの時期、ふと窓ガラスを見ると「あれ」見かけませんか?そう、それは結露!そのままにしておくとサッシにはカビが生えてしまうし大変です。でも、あることを工夫したり、家にあるもので簡単手軽に結露対策できちゃったりするんですよ♡忙しいママでもササッとできちゃう結露対策の方法についてご紹介します☆

寒い時期にできやすい結露 どうしてできるの?

今の時期、朝起きて窓を見ると窓に水滴がついて濡れていたり、寒い日だとサッシの部分が凍っていたりと結露しているのを目撃することが多いのではないでしょうか?

折角、年末の大掃除で頑張って掃除したのに…と思われているママも多いかもしれませんね。しかし、一体、この結露、なぜ起こるのでしょうか?

結露が発生しやすい時期

結露が最も発生しやすい時期は冬の時期です。

そして、忘れちゃいけないのが夏の時期にも結露が起こることがあります。共通して言えることは、外気温と室内の温度が大幅に異なっているときに起こりやすくなります。

つまり、冬の場合は外気温が低く室内の温度は高くなった時、夏の場合は逆で外気温が高く室内の温度が低いという具合にその温度差が大きくなった場合に起こるのです。

結露が起こる原因

  • 風呂場や台所の水気
  • 灯油やガス等燃焼タイプの暖房器具
  • 人間やペットの呼吸や発汗
  • 室内干しの洗濯物
  • 観葉植物
  • 観賞魚の水槽

チェックしてみて!結露ができやすくなる原因はこれ!

注意

実は、普段何気なくやってしまっていることが結露をできやすくしてしまう原因になっていたりするんですよ!

是非、注意しましょう。

  1. カーテンを閉めたままにしておくと、窓ガラスの表面は結露しやすくなる
  2. 暖房を付けたままは結露しやすくなる
  3. 加湿器の使い過ぎは結露しやすくなる

おうちでできる!結露対策をご紹介♡

これからまだまだ寒い日が続くので、結露に困っているママはできればどうにかしたいですよね♪

そこで、おうちでできてしかも簡単な結露対策を5つご紹介します☆彡

1.家庭用洗剤を使って窓を拭く

どこのご家庭にもある家庭用洗剤で結露が防げちゃうって知ってましたか?

その方法ですが、ボールやバケツなどで家庭用洗剤を10倍~20倍に薄めて泡立てます。その泡立てた液をタオルにつけて窓を拭いて、最後に乾いたタオルで乾拭きするというものです。

洗剤に含まれている界面活性剤の働きによって、窓に水滴が付きにくくなる仕組みなんです♪

2.塩水で窓を拭く

塩

多くのご家庭の台所にあるお塩も結露対策に使えちゃうんですよ♪

方法ですが、塩水を作ってそれにスポンジを浸して窓の内側を拭きます。その後その部分を拭き取って乾かすだけで結露が防げてしまいます☆

簡単ですし、用意するものも家にあるものなので安価でできますね♪

3.結露防止シートを貼る

窓ガラスに結露防止シートを貼ることで、窓際と室内の温度差をできるだけ少なくして結露を防止する方法です。結露防止シートはいろいろな商品がホームセンターなどで売られていますよね☆

お値段も窓1枚分くらいで安いと数百円程度のものからありますので、試してみてもいいかと思います♪

4.除湿器や除湿剤を使う

除湿機や除湿材を使って部屋や押入れの湿度を下げて除湿することで結露防止にも繋がるんですよ☆

除湿剤は水がたまったらこまめに交換しましょうね☆

ジメジメした雨の日に大活躍!赤ちゃんのいるご家庭におすすめの除湿乾燥機5選☆

関連記事:

ジメジメした雨の日に大活躍!赤ちゃんのいるご家庭におすすめの除湿乾燥機5選☆

雨の日って空もドンヨリ空気もむしむしジメジメ…洗濯物も外に干せないし気分…

5.室内の通気をよくする

室内に空気が籠らないように注意しましょう。

押入れやクローゼットもぎゅうぎゅうに詰め込み過ぎないようにしたり、下にスノコをひいたりして空気が循環するようにして、通気をよくすると結露防止にもなるんですよ♪

家族みんなで結露対策をしよう♡

自宅にあるもので簡単&手軽に結露対策できちゃうんですね☆

これなら普段、子供の世話で大変なママでも子供のお昼寝中などにササッと対策できちゃいそうですね♡

そして、結露対策の方法も難しくないので、休日などを利用してパパや大きなお子さんがいる場合は一緒にやってもいいかもしれませんね♪

まだ結露対策していなかった!というママさん、今週末でも家族みんなで結露対策してみませんか?

「結露対策」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!