集中力が続かない子供が増えてるってホント?原因や集中力を高める方法とは

近年、子供集中力低下が問題にもなっています。その原因としては、昔に比べて食生活や環境の変化が異なることから、集中力が持続しない、または持続性に欠けるとも言われています。1つのことに集中できなと、学校生活でも色々と問題が生じます。今回はその原因と集中力を高める方法をご紹介します。

集中力が続かない子供が増加!

子供に限らず、大人でも長時間集中することは難しいですよね。一般的に集中力の持続時間は、平均15分程と言われています。15分刻みで集中しては休んでの繰り返しを訓練することにより、最大90分まで伸ばすことができます。

ちなみに、幼児の集中できる時間は最大10分ほどで、小学生は20分持てばいいほうです。しかし、近年この短い時間ですら集中が出来ない子供が急増し、問題になっています。

集中力のない子供の原因や環境とは

いじける

一番大きい原因としては、スマホやポータブルゲームの普及とも言われています。四六時中、誰かと常に連絡を取れる環境であることが子供集中力を低下させてしまいます。

さらに、ゲームだけでなく、子供の好きなおもちゃが傍にあったりする環境も、集中力が続かない原因でもあります。

また、環境以外にも睡眠時間も、子供の集中力に大きく影響しています。近年では、昔に比べて子供たちの就寝時間が遅くなり、睡眠不足が深刻化しています。

子供に限らず、人は睡眠不足になると、セロトニンと呼ばれるホルモンの分泌量が減少してしまいます。このセロトニンが不足すると、イライラし、集中力が低下するとも言われています。

子供の集中力を高める方法

笑う

子供の集中力を高めるために、親である私たちがしてあげられることとは一体どんなことでしょうか。

  • 集中しやすい環境作りを作ってあげる
  • 規則正しい生活をさせる
  • 集中できなくても、決して怒らない
  • 子供の好きなことを優先させてあげる

子供の好きなことを優先してやらせてあげることは、集中力を高めることに大いに効果的です。親からの強制ではなく、子供がやってみたい、またやりたい習い事をすることで集中力を鍛えることができます。

全く集中できない…もしかして病気?

困る

集中力に欠ける、常に落ち着きがないなどの行動は、注意欠陥多動障害(ADHD)という病気の可能性もあります。この病気は最近知られてきた病気でもあり、大人になってから気付くという方も多くいます。

様々な工夫や努力をしても一向に集中力の改善がみられないという場合には、精神科や精神内科を受診し、相談することをおすすめします。

我が子の集中力が続かない・・体験談をご紹介

あっかんべ

子供の集中力の無さに頭を抱えるママも多いんです。何をしても集中できない時の克服方法を実際の体験談を交えてご紹介します。

我が家はこうやって、子供の集中力を高めました!

キッチンタイマー

我が家では、こんな方法をとりました。

まず、その日にやるべきことを全てメモに書き並べる。

最初はあまり欲張らないこと。慣れてきたら、子供と相談して段々増やします。要は、最初にゴールを見えるようにしてやることです。絶対にやってはいけないのは、「今日は調子がいいからもう一つ」とか途中で増やすこと。走っていて、ゴールが逃げてしまうのではやる気は失せます。

一つの項目が終わったら、適度な休憩時間(10分等)をはさむこと。オンとオフのメリハリを子供に(+親の側も)持たせる、という意味合いです。うちでは、専用のキッチンタイマーを使ってこれらを管理しています。 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

やるべきことをリストにまとめ、それを終わらす間だけしっかりと集中させるというトレーニング法!毎日続ける(毎日集中できる)時間を作ることが大切なんですね!一日のやることリストをあまり多くしすぎず、子供でも集中できそうな量をまとめてあげることも大事!

楽しいことを先に伝えてから集中させる!

ドーナツ

特に親などから言われたことは何回言われても頭の中を素通りしてしまいます。(私、テレビの中から登場して言ったら聞くかな?)と、思うことがあります。でも、自分がしなければと思ったことは、驚くべき速さでします。

どうしてもやらせようとしたい時は、そのあとでの楽しみを教えたりします。例えば「服を着替えたらおやつを食べようね。」などです。 出典: oshiete.goo.ne.jp

こちらは、なかなか集中しない時、一時的に使える方法でもあります。私も我が子によく使ってしまいますが、できることならお楽しみを作って集中させるのではなく、繰り返し自発的にやってもられると良いですよね!

やりたいことは好きなだけ!

遊ぶ

子どもが無理なく集中できる時間は、限られていると思っていますので、だいたい10~20分をめどに切り上げるようにしました。ただ、自分が楽しんでやっている事(絵、工作等)は、好きなだけやらせました。あと、材料についてですが、セロテープ、紙、のりなどは子どもが必要とする分は十分に使わせました。

周りの環境ですが、声掛けはしないようにはしましたが、 将来「静かじゃないと集中できない!」と言い出すようでは、周りの人間にはもちろんの事、本人にとっても困った事になりますからテレビの音や家事の音などはあえて気を遣わないようにしました。 出典: www.shimajiro.co.jp

子供がやりたいと思ったことは、気が済むまでやらせてあげることも大切!子供の頃にやりたいことが出来ずに、親のやらせたいことばかりを優先してしまうと、子供ながらにストレスを感じることもあるんだそうです。危険なことは親がしっかりと教え、子供の好奇心を遮らないようにしてあげることが大事なんですね!

集中力が続かないのなら、まずは環境の見直しを!

机

子供の集中力に欠ける、なかなか持続しないと感じたなら、まずは今の生活や環境を見直してみましょう!生活リズムを見直すことで集中力の持続性が改善されることもあります。

幼児や低学年の場合には、絵本の読み聞かせや絵を描くこと、また工作でも集中力を身に付けることが出来ます。最初から長時間の集中を強要するのではなく、短い時間から徐々に時間を増やしていくことを目安に親がしっかりとサポートしてあげましょう。

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!