あこがれの一軒家!中古住宅なら私たちでも手が届きました☆

転勤族の我が家、そろそろ地元に落ち着きたい、地元を勤務地に選びたいという思いから、一軒家購入しました。でも、いろいろな問題が…!それをクリアにできた私たちのマイホーム購入ストーリーをご覧ください。中古住宅だって立派な一軒家です。賛否両論いろいろあると思うのですが、こんな購入方法だってあるのです。

コンビニでガムを買う感覚で家を買った9年前!

東北地方の小さな町に夫の実家があります。転勤族で東北エリアの拠点で何年かごとに仕事をしていました。

そろそろ地元に帰って、勤務地を固定化させたいという気持ちや、次女が小学生になるくらいまでには地元に帰ってきてほしいという夫両親の意向を尊重する気持ちがありました。

それでも、漠然とした気持ちでした。

購入した時の家族構成

家を購入したのは平成19年10月。

  • 夫31歳(勤続13年目)
  • 私31歳
  • 長女4歳
  • 次女2歳

中古住宅ですが…。運命の出会いがありました。

ひょんなことからネット検索で見つけた中古住宅。夫実家の超近所。まさしく、スープの冷めない距離。
価格も手ごろ。

「お断りしてもいいか~♪」と思いながら見学申し込みをして、その場で「買います!」と後先考えずに仮契約をしちゃいました。

支払いのこととか、中古物件だとか全く考えていませんでした。まさに、コンビニでガムを買う感覚で「買います!」宣言でした。

ここからが大変!支払いは?間取りは?リフォームするの?

リフォーム

もともとの間取りは5DK。→4LDKへ。

築20年弱の一軒家。和室中心の5DK。二階建て。子供2人を育てるにはちょっとそぐわないと感じ、全面的にリフォームをすることにしました。

茶の間を台所と一つに合わせて広いLDKを作ってもらったので、4LDKとなりました。和室をフローリングに変えてもらいました。

変わっていないのは、外観のみ。風呂・キッチン・トイレなどもすべて入れ替えしました。これだけでも、新築同然です。

支払いは?頭金は?

ここで頭を悩ませるのは支払いですよね。「ガムを買う感覚」だったので、ここからが大変でした。

リフォーム代金は夫実家が援助してくれましたが、家の購入代金は私たち夫婦で。

頭金ゼロ。

都市銀行の住宅ローンの審査が即下りたため、35年ローンをお願いすることにしました。頭金とは別に発生した初期費用140万ほどは、貯蓄からだしました。

団体信用保険の加入料や印紙代、仲介料などが内訳だったと記憶しています。

毎月の支払は…?

当時の税込年収600万円未満。(高卒入社勤続13年目の会社員)

勤務先でも提携している銀行からの融資だったので、審査が通りやすかったようです。

  • 支払い:毎月3万円強
  • ボーナス月:年2回15万程度

夫勤務先からの住宅ローン支援金などが定期的に入ります。

マイホーム購入のポイント!

コンビニでガムを買う感覚だったとはいえ、やはりいくつかの決め手はありました。

中古住宅でも、これだけは最低限チェックしてほしい点です。

周辺環境は大事!ここだけは絶対チェック!

  • 学区内の小学校までの距離
  • 幼稚園や公民館などは近い?
  • スーパーマーケットとドラッグストアは近所にある?
  • 駅まで徒歩何分?バス料金は?
  • 駐車スペースは何台分?

恵まれてた環境、だから即買いだった

  • 小学校も幼稚園も徒歩2分という好立地
  • 市民バスの路線に面していて、駅まで徒歩15分
  • スーパーやドラッグストアも徒歩圏内

夫実家も超近所。つかず離れずの生活ができる。

駐車スペースも、縦列だけど、軽1台・普通車2台!

それに、シンボルツリーのキンモクセイが良い匂いで素敵だったんです。庭が出来上がっているってところは中古住宅の大きなメリットですよね。

築年数もまだ浅いし、これはもう、ここに住むしかない!と思ったのです。

夢のマイホーム!一軒家を購入した私が伝授する注意点!

関連記事:

夢のマイホーム!一軒家を購入した私が伝授する注意点!

夢のマイホーム。我が家は夫婦共に一軒家育ちだったので、最初から一軒家に…

最後に…中古住宅でも住めば都です♪

私たちは新築にこだわらなかったし、支払いもできないと感じていたので、中古住宅を購入して良かったと思います。
毎月このくらいの支払いだったら、一戸建てマイホームを迷っている方でも購入できると思います。

銀行のサイトでは住宅ローンの支払いシュミレーションができるコンテンツもありますので、家計を保ちながら支払いができるか考えてみてください。

ローンの形態なども、相談をしてみればいくらでも道を提案してもらえます。後は、ご夫婦がどれだけマイホーム購入を前向きに検討できるか!です。

これをきっかけに、お家探しを始めてみませんか?

「マイホーム」「購入」「一軒家」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!