夢のマイホーム購入!自分たちは一軒家を選びました。その理由とは?

誰もが一度は夢見るであろうマイホーム購入。一言でマイホームといっても実際は土地選び、施工会社選び、どれをとっても選択肢がたくさんあり、ひとつとして同じものはありません!マイホーム購入で迷っている方に、いろんな選択肢の一つして私たち(30代子供2人)の選んだマイホーム購入方法をお伝えします。参考になれば嬉しいです。

夢のマイホーム何から始めれば?と悩んでいるあなたへ

「マイホームがほしい」と思っていても、何から手を付けてよいかわからず行動に移せていない方も多いと思います。

数年前の私もまさにその一人でした。

30代夫婦と子供2人の家族が、そんな知識ゼロ状態から2年前に戸建て一軒家を建てるに至った経緯をご紹介します。

まずは、家族の夢を存分に語ってみよう。

夢

我が家がマイホーム購入を真剣に意識したのは2人目の子供を妊娠中のことでした。

新婚当時から住んでいた賃貸マンションで4人暮らしは狭すぎる、、次に引っ越すなら新たな賃貸マンションではなくマイホームにしよう!と考えたのがきっかけです。

しかしながら、いざマイホームといっても何をしていいのやらさっぱり。

そこで、夫婦で「マイホームに対して描く夢」を存分に語ってみることにしました。お金のことは置いといて、です。

  • 子供たちが走り回ったり遊んだり、のびのびと育てる家がいい
  • ペットも飼いたい
  • 夏は庭でプールもしたい
  • 夜は天体観測したい(笑)
  • 吹き抜けがほしい
  • 友達を気兼ねなく招ける家がいい
  • トイレはふたつほしい

その結果、などなど、大きなことから細かい話、現実的なものから非現実的なものまでいろいろな夢が出てきました!

口に出してみることで、「夫はそういう夢を描いていたのか!」とか「子供のころこんな家に住みたいと思ってたな」とかいろいろな発見がある楽しい時間でした。

そして、私たち家族には都会で分譲マンション暮らしより少し田舎でも、戸建て暮らしのほうが合っていそうという結論に至ることに。

十分に情報収集し、納得した買い物を!

情報

欲しいものが「戸建ての家」と決まってからは、情報収集です。

私たちは周りでマイホームを建てた人の話を聞いたり、家づくりの本や雑誌を読んだり、家づくり説明会に行ったりととにかく情報収集しました。

いろんな情報から感じたのは、「マイホームに正解はない。ライフスタイルにあうものを自分で探して見つけるしかない」ということでした。

焦りは禁物

ハウスメーカーの中には「今だけ○○キャンペーンをしています!」などと契約を急ぐところもありますが、ひとつだけ見て決めてしまうのはもったいないです!

切羽詰まって家を建てる必要がなければ、ひとつでも多く工務店を見て自分にぴったりなものを選びましょう!

マイホームを建てるにあたり、考えるべきこと・決めるべきこと

マイホームを建てるにあたり、大きく分けると「どこに建てるか」と「どの会社に建ててもらうか」を決める必要がありました。

都会の土地は早い者勝ち

一方で、土地選びは出会いが大切です。

ある程度の都会では、条件の良い土地は早いもの勝ちなので、ハウスメーカーや工務店探しと同時進行で常にアンテナを張っておきましょう。

迷っているうちに他の人に買われてしまうこともあるので、決断力が必要な作業であります。

私たちの地域は田舎だったのでそれほど苦労しませんでしたが、都会に家を建てた友達の中には「土地探しが一番大変だった、、」という人もいました。

家作りをお願いする会社選びの決め手は「信頼感」

営業

私たちの場合、家を作る会社選びが一番迷いました。

週末に住宅展示場や工務店を回って話を聞くものの、これだ!と思える会社が見つからない日々、そんな日々が数か月続いたなか、いわゆる「地元の工務店」といわれる会社の営業さんと話す機会がありました。

「地元の工務店」というのがなんだか古臭いイメージであまり選択肢になかったのですが、話を聞いてみると自然素材を使った家づくりに真剣に取り組んでる姿や地元に根付いた活動の話に共感、また営業さんの誠実な対応に「この人は信頼できる」と直感的に感じ、それが決め手でこの会社で家を建てる決意をしました。

ただし、大手ハウスメーカーなんかは数年ごとに配置換えで営業さんが異動してしまうことも多いようなので、人柄だけで選ぶのはご注意ください!笑

あとは夢の実現に向けまっしぐら

目標

土地、工務店が決まった後は、夢へ向かって一直線です。設計など具体的なことを工務店と何度も話し合います。

ローンをたくさん抱えたくなかったので、あれもこれもとつけていたら予算大幅オーバー…とならないように優先順位をつけることと総額を常に確認するようにしました。

私たちの場合は、家族で過ごす時間が楽しくなるようキッチンやリビングなど共有スペースの設備を充実させ、個人の部屋は最低限の設備に。

また、最初に夫と話した夢も設計士さんと話して実現可能なものはできるだけかなえてもらいました。

念願の家完成!!

マイホーム

そして家が建ったのは2年前。妊娠していた2人目は1歳3か月になっていました。

2年ほどかかったわけですが、悩んだ分ひとつひとつ納得して決めたので無駄な時間はなかったなと思います。

これから長い間家族みんなで暮らす家なので、みんなが同意するまで話し合うということが大切だなとつくづく感じました。

お金の話

家

土地+家の値段は、ローンの月々の支払が6万円程度になるように(当時の賃貸マンションが月8万円程度だったのでそれより安くなるように)上限を決めて、工務店や土地決めをしました。

頭金は新婚当初から少しづつ貯めていた1000万円を充てました。それがなければもう少し家の価格を下げて探していたと思います。

せっかく夢の家を買っても支払いに追われるのはつらいので、支払い続けられる無理のない額を設定するのが良いと思います。

一戸建てでよかったこと、悪かったこと

良い 悪い

そうやって建てた念願のマイホーム。

実際に住んでみて、やっぱりこれがよかった!と思うことがあれば「え!こんなこともあるの?!」と戸惑うこともたくさんありました。

戸建てで良かった点

良い

住んでみて、やっぱり戸建てにしてよかった!と思うことは以下の2つです。

  • 子供が思いっきり遊べる!
  • 間取りや設備を自分のライフスタイルに合うようカスタマイズできた

マンション住まいのときは、こどもがドンドン歩く音や大きな声で近隣の方に迷惑になっていないか気になって子供に「静かにして!」と注意することが多かった我が家。

戸建てに引っ越してからはちょっとくらい大きな音を出しても周りに迷惑をかける心配がないので自由に遊ばせることができます。

親子ともにストレスが軽減して、これは本当によかったなと思います。

また、我が家は共働き家庭なので家事の手間が省けるようライフスタイルに合わせた家事導線に設計してもらったので、細かい家事ストレスがなくなりました。

料理好きなのであこがれて導入したガスオーブンのおかげで料理の幅も広がりました♪

戸建てで意外と大変なこと

良い

逆に、賃貸マンション暮らしと違って大変だなあと思ったこともあります。

  • 町内会などの活動が意外に多くて大変!
  • 家周りのメンテナンスが意外に大変!

場所にもよるのかもしれませんが、町内会のイベントが意外に多い!委員会や班長なども持ち回りで担当が割り当てられます。

でも、地域の人たちに子供を覚えてもらい地域で一緒に育ててもらうチャンスなので、大変だなあと思いつつも楽しんでやっていこうと思います^^

また、暖かくなる時期に私を悩ませるのが家の周りの虫問題!

これまた田舎だからという話もありますが、家の壁にムカデ(!)が這ってたり、謎の虫が大量発生していたり、虫嫌いな私は夏の間顔を引きつらせながら戦っております。

マンションであれば管理会社に電話して駆除してもらえそうな話ですが、一戸建て特有の問題ですね。

みなさんのマイホームが素敵なものになりますように!

マイホーム

以上がわたしのマイホームの話です。

大変だなあと思うこともたくさんありましたが、夫と「これはきっと人生で一番大きな買い物だから、納得して選ぼう!」とお互いに言い聞かせながら励ましあいながら全力で取り組みました。

今思えば夢の家で幸せに暮らす家族の姿を想像しながら家づくりをした、楽しい時間でした。

みなさんの家づくりが幸せで実り多いものでありますように!読んでいただきありがとうございました。

「マイホーム」「購入」「一軒家」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!