リラックスできるのは授乳中と〇〇してる時だけ!NHKスペシャル「ママたちが非常事態」

ある調査では「子育てで孤立を感じる」という日本のママは7割にものぼると言われています。日々、孤独やストレスに苛まれるママたち…。そんなママたちの悩みや不安の原因に科学的に迫ったのが、2016年1月31日(日)に放送された「NHKスペシャル〜ママたちが非常事態」でした。人類の進化の過程や脳科学で明らかになった新しい事実が話題になっています。

「なんの地獄かと思った」…追い詰められるママたち

番組の冒頭で登場したひとりのママ。

新しくてキレイなマンションに家族で住み、スケジュール帳にはママ友との予定やイベントがびっしり…

幸せな子育てライフを送っているかと思いきや、帰宅して赤ちゃんとふたりきりになると表情が曇ります。

そして子育てについて聞かれると

「なんの地獄かと思った」

と、子育ての孤独や不安を語りました。

ある調査によれば、日本のママの7割は子育てで孤独を感じているといいます。また、出産がきっかけでうつになる「産後うつ」は、一般的なうつの5倍以上の発症率だとも言われています。

子育ての悩みを「科学的」に見ると?

実は子育て中に孤独や不安を感じやすいのは、科学的な理由があることがわかっています。

産後に「孤独感」を感じるのは人間の本能

女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」は、妊娠から出産にかけて大量に分泌されますが、産後は急激に減ります。

すると脳の神経細胞の働き方が変わり、不安や孤独を感じやすくなるのだそうです。

女性が産後に不安を感じやすいのは、人類が進化の過程で「みんなで協力して子育てする」という子育てスタイルを確立したためだといいます。

核家族化が進んだ現代でも、ママたちは本能的に「仲間と子育てしたい」という欲求を感じているのかもしれません。

しかし、近くに祖父母が住んでいなかったり、夫の帰宅が遅い…そのギャップが孤独感や「ママ友とつながりたい」という欲求を生むと考えられます。

産後の「ガルガル期」も科学的に証明

赤ちゃん 母親 日本人

産後のママが夫に対して攻撃的になる「産後クライシス」や「ガルガル期」と呼ばれる現象。

子育てのパートナーであるはずの夫に、なぜかイライラしてしまう…。実はこれには「オキシトシン」というホルモンが関わっていることがわかりました。

オキシトシンは出産時や授乳時、子供と触れあっている時などに分泌され、子供やパートナーへの愛情を強める働きをします。

しかし一方で「他者への攻撃性」を強める作用があり、子育てに協力しない人は攻撃の対象になってしまうといいます。

番組を見た人の感想は?

泣く 新生児

ママたちの気持ちが痛いほどわかる

「人間はひとりでは子育てできない」と聞いてホッとした

番組中で、我が子のうんちオムツの交換を「俺には向いていない」と拒否したことがあると暴露した恵俊彰さん。

スタジオにいた眞鍋かをりさんと北陽の虻川さんからは「向いてないとかじゃない!」と厳しい指摘が入りました。

理由がわかれば救われる部分もある

どうすればママがラクになるの?

授乳

科学的に見て「母親の体はひとりで子育てすることに向いていない」ということがわかりました。

ただママたちが気になるのは、それならば、どうすれば子育てがラクになるの?ということではないでしょうか?

番組に関するコメントを見ていると、ママたちの負担を減らすために「夫の育児参加」を促す人が目立ちます。

実はこの「夫の育児参加」、番組内でも意外な形で登場したのです。

ママがリラックスしていた、2つのシチュエーションとは?

番組では、赤ちゃんを持つママのストレス状態を科学的に測り、どんな時にママがリラックス状態になっているのか調べました。

1日中ストレスを感じ続けていたママですが、ある2つのシチュエーションではリラックス状態になっていることがわかりました。

ひとつは赤ちゃんに授乳をしている時、そしてもうひとつはパパがママの育児相談に真剣に耳を傾けている時でした。

専門家は

大事なポイントは「育児で常にストレスを抱えがちな妻の状況に、“寄り添い”の気持ちを示すこと」。物理的に子育てを分担することももちろん大切ですが、一人で頑張る母親たちのつらさを理解し、共感し、「よくがんばってるね」と認めてあげることが、オキシトシンの作用でイライラを感じやすいママたちの心を安らがせ、円満な夫婦関係にもつながると考えられるのです。 出典: www.nhk.or.jp

と語っています。

ママのストレスを減らすためには、パパが実際に赤ちゃんのお世話や家事に参加することはもちろん、ママに寄り添う姿勢が重要なようです。

赤ちゃんはみんなで育てるもの

赤ちゃん 母親 日本人

「ママたちの非常事態」は、子育ての負担がママひとりに偏ることでおきています。

パパの協力が必要なことはもちろんですが、信頼できる人に子供を預けやすい環境を整備することがママたちを救う有効な手段であるように感じます。

「NHKスペシャル」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!