お雛様を飾る時期やしまう時期は?しまう時期のジンクスと正しいしまい方

3月3日は桃の節句…いわゆる雛祭りですね!女の子を出産したお母さんは初節句になります。我が子へのお雛様をプレゼントする大切なイベントです。でも、お雛様っていつからいつまで飾れば良いの?と思うお母さんもいると思います。今回は、お雛様を飾る時期と、それにまつわる迷信、そして、お雛様の正しいしまい方を紹介します。

女の子の節句「桃の節句」

女の子を出産したママさんたちの一大イベントとなるであろう桃の節句!筆者もこれからお雛様を探しに行く予定です。

そしていざ自分の子供のお祝いとなると、「これってどうなの?」と疑問に思うことがたくさん!

今回はそんな疑問の中でも特に多くのママが正しい知識を知りたいと思う「雛人形のしまい方」について詳しく説明させていただきます!

雛祭りとは…?

雛祭りの歴史はとても古く、平安時代中期(約1000年前)にまでさかのぼります。その頃の人々は、三月の初めに無病息災を願う祓いの行事をしていました。

陰陽師を呼んで天地の神に祈り、季節の食物を供え、また人形(ひとがた)に自分の災厄を托して海や川に流すのです。

その頃、上流の少女たちの間では“ひいな遊び”というものが行われていました。

ひいなとはお人形のことで、紙などで作った人形と、御殿や、身の回りの道具をまねた玩具で遊ぶもので、いまの“ままごと遊び”です。

長い月日の間に、こうした行事と遊びが重なり合って、現在のようなひな祭りとなりました。

雛人形を飾る時期

一般的には立春以降に飾り、遅くても2月中旬頃までに飾ればいいとされています。飾るのに良い日取りは2種類あります。

また雛祭り前日に飾るのはあまり良くないというジンクスもあるようです。2月中旬くらいから飾るのがベストみたいですね!

2016年2月の大安の日

「大いに安し」の意味の大安。

六曜の中で最も吉の日とされ、何事においても吉、成功しないことはない日とされています。

婚礼は大安の日に行われることが多いですよね!お雛様もこの大安の日に飾るのが良いとされています。

2016年の大安の日は…

  • 2月12日(金)
  • 2月18日(木)
  • 2月24日(水)

となっていますので、大安にお雛様を飾りたい時はこの日にしましょう!

雨水の期間

雨水(うすい)とは、二十四節気のうちの一つです。

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、という意味で、草木が芽生える頃で、昔から農耕の準備を始める目安とされてきました。春一番が吹くのもこの頃です。

2016年の雨水の期間は「2月19日~3月5日」となっていますが、雨水の期間は毎年微妙に変化しますので、毎年チェックするようにしましょう。

お雛様をしまう時期が遅れるとお嫁に行けないって本当?

お雛様をしまう時期については、ひな祭りが終わるのは新暦の3月3日ですのでその翌日あたりに片付けるのが良いとされています。

初節句で飾ったばかりという場合なら、中旬くらいまでは飾ってあげてもいいようです。

ただし、人形は湿気にとても弱いのです。片付けたい日が雨だったら、片づけるのを送らせて晴れた日にしまうようにして下さい。

でも、よくある迷信で、「雛人形は片付けるのが遅れると、婚期を逃す」とも言われていて、片付けを送らせて本当に良いのかと気になってしまいますよね?

というわけで、その迷信は本当なのかどうか調べてみました。

ジンクスができたワケ

ジンクスができたワケは様々あるようですね。親心がちらっと見えるものも…

  1. 人形は娘の厄を引き受けてくれているので、いつまでも身近に置いておかない方が良いという考え
  2. 片づけられない嫁、という風に見られてしまうのを避けるため、早く片付けるしつけをするための口実
  3. 季節の節目の飾りものなので、いつまでもお祭り気分でいてはいけないという情操教育の一環
  4. 雛人形は結婚を象徴するため、早く片付く=早くお嫁に行けるという縁起担ぎ

お雛様を大事にすると幸せな結婚ができる

結婚

どちらかというとこういうポジティブなジンクスの方が良いですよね!

これは、「ものを大事にする習慣が身についていれば、結婚しても良い家庭を築くことができる」といった教訓からきているそうです。

手間暇をかけて大事にすることで、良い習慣が身につき、女性として人生のあらゆる場面で役立つことにもつながる、という教訓です。

晴れた日まで待って片づけるということは、お雛様を大事にすることにも繋がります。遅れても気にせず、晴れた日に片づけるようにしましょうね!

因みに筆者は…

こぼれ話ですが、筆者が友達と同居していてなかなか結婚できず、同居を解消して実家に戻って親と暮らしながら婚活していた時の話です。

父が、「雛人形を飾れば縁づくかもしれない!飾ってみたら?」と提案してきました。

それを受けて、母が「久しぶりに一緒にかざろっか?」と言ってきたので、何十年ぶりに雛人形を飾りました。

色々慌ただしくなってしまい、お雛様をしまったのは雛祭りを2日ほど過ぎてからでした。ジンクスのことは知っていましたが、ダメ元だし、とそこまで気にしませんでした。

そしてその年、婚活とは別のところで見事に縁付き、お嫁に行くことができました!

この筆者の体を張った検証によると、雛人形を飾ると確かに縁づきました。そして、片付けが数日遅れてもお嫁には行けます。

個人的には、片づけるのが遅れるというより、人形をしまいっぱなしにしていると婚期が遅れるのではないか?という検証結果となりました。

もちろん他にも恋愛神社とか色々と願掛けしてたので、この結果が全てではないですが、効果は多少はあるように思いました。

雛人形の正しいしまい方

さて、晴れた日に片づけた方が良い、ということは説明しましたが、正しいしまい方ってよく分かりませんよね?

雛人形の正しいしまい方について説明していきたいと思います。

①ほこりを払う

羽根バタキや、細かい箇所は細筆などを使ってやさしくほこりを払います。

髪や衣裳についたほこりは、毛ばたきか柔らかな小型の洋服ブラシで払いましょう。

②装飾品を片づける

装飾品を外していきます。直接触れるとシミがつくことがあるので、人形の頭や手足に触らないように、手袋をするのがおすすめです。

装飾品を外したら柔らかい布でふき、和紙にくるんでしまっていきます。

装飾品はお殿様とお雛様、三人官女、五人囃子と、それぞれまとめて保管すると、次回飾る時に探し回らずにすみますね!

③人形の顔の保護

埃がかぶらないように人形を保護します。強く包むと型くずれの原因になりますので、和紙などのやわらかい紙で包みます。

ティッシュペーパーを人形の顔の長さに合わせて細長く折り曲げ、くるくると巻き付けます。

ティッシュの上から和紙を巻きます。髪にひっかけないように注意して行いましょう。どの人形も同様の方法で顔を保護します。

④箱にしまう

人形と付属品を箱に一緒にしまう場合は、人形を最初に箱に入れ、空いたスペースに付属品をしまいます。

人形が中で動いて傷つくのを避けるため人形と人形の間や、人形と箱の間に緩衝材代わりの詰め紙を入れます。

入れすぎて人形を圧迫しないように調整しましょう。最後に和紙で箱の中全体を覆います。

⑤防虫剤を入れる

人形を入れている箱には防虫剤を2つほど入れます。人形に防虫剤が直接触れないように注意しましょう。

人形の持ち物・台・お道具セット・桜・橘など樹脂製のものは、ナフタリンが溶けることがありますので、入れないようにします。

ぼんぼりは、ライト部分に防虫剤をいれることができます。

⑥湿気の無いところに収納する

片付ける場所は直射日光の当たらない、風通しの良い場所が最適です。極度に湿気のあるような場所は当然ですがNGです。

納戸や押し入れの上の段など高い場所だと、カビ・シミ・変色を防ぐことができて、人形が長持ちしますよ!

通販でおすすめの雛人形10選!人気のメーカーお雛様も購入できます☆

関連記事:

通販でおすすめの雛人形10選!人気のメーカーお雛様も購入できます☆

短い2月が終わったらすぐにひな祭りがやってきます!♡昔は「嫁入り道具」と…

素敵なひな祭りをお過ごしください♪

いかがでしたでしょうか?ジンクスのことは気にしなくても良いと思えましたでしょうか?可愛いお雛様と、可愛い娘さんと、素敵な雛祭りをお過ごしくださいね♥

娘さんが大きくなったら、ぜひ一緒に飾ったり、一緒に片づけたりして、ひな祭りの楽しみを増やしていって下さい。

「雛人形」「しまう時期」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!