知らなかった!「うれしいひなまつり」の歌詞に込められた悲しみ!

女の子の、すこやかな成長を祈る節句の行事の「ひな祭り」は皆が知っている行事ですよね。ひな祭り、と言えば「うれしいひなまつり」の曲を思い出すのではないでしょうか?この誰もが口ずさめる曲、実は作者の悲しみが込められている曲なんです。「うれしいひなまつり」に隠されている、知られざる都市伝説を紹介いたします。

誰もが耳にしたことがある「うれしいひなまつり」

3月3日は、ひな祭りですね。

ひな祭りの歌「うれしいひなまつり」は誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?しかし、この歌の歌詞には題名とは裏腹に、とても悲しい意味が込められているようです。

今回は、この「うれしいひなまつり」に隠された歌詞の謎を紹介していこうと思います。

「うれしいひなまつり」って、どんな人が作った曲?

この曲の作曲者は河村光陽さん、作詞者はサトウハチローさんで1935年に作られた曲です。サトウハチローさんは「うれしいひな祭り」以外にも有名な作品がいくつもあります。

  • ちいさい秋みつけた
  • かわいいかくれんぼ
  • リンゴの唄(歌謡曲)

他にも校歌やCMソングなど多数の作品を発表しています。
作家としても、児童文学作品やユーモア小説を数多く書いて活躍されていたそうです。

「うれしいひなまつり」の歌詞とは?

「うれしいひなまつり」は、歌詞が四番まであります。

「あかりをつけましょ、ぼんぼりに♪」から始まる一番や二番くらいまでは、知ってる方おおいですが、四番まで歌える人はいらっしゃるでしょうか。

子供と一緒に聴く童謡や動画で歌詞を確認してみてくださいね。

「うれしいひなまつり」というタイトルではあるけれども

ひな祭りの歌なので、縁起の良い歌詞と思われているのですが、少し違うようです。実は、とても悲しい歌詞で曲調も悲しいかんじになっているのです。

「うれしいひなまつり」の歌詞に隠されていた意味

「うれしいひなまつり」の歌詞には2つの間違いがあると言われています。

知らなかった!歌詞の2つの間違い

お内裏様

ひとつ目の間違いは、二番の歌詞です。

歌い出しの「おだいりさまと おひな様」の部分。

お内裏様とおひな様 二人ならんで

お内裏様=おとこ雛、だと思ってる方が多いと思いますが、実は違うんです。お内裏様とは、男性のひな人形と女性のひな人形(男女一組)の二人を指しています。

そしておひな様は、女性ひな人形のことを指しています。

そうすると「お内裏様とおひな様」という時点で男女ペアのひな人形ともう一人のひな人形の計3人ということになり、「二人並んで」という二番の歌詞は間違っていますね。

もう一つの間違いは、右大臣

三番の歌詞にも、間違いがあります。

すこし白酒 めされたか   あかいお顔の 右大臣

おひな様をよく見るとわかると思いますが、「ひげがある左大臣のほうが赤い顔をしている…」
と思ってしまいますよね。

正しくは、赤い顔に白ヒゲのほうが「左大臣」です。そして、色白の若いほうが「右大臣」

つまり赤い顔をしているのは、右大臣ではなく左大臣なのです。

突然出てくる「お嫁にいらした姉様」という歌詞

三人官女

二番の歌詞にある「姉様に似ている官女」はこの歌の謎の部分です。

ひなまつりをお祝いする歌詞の中に突然出てくるお嫁にいらした姉様という歌詞には悲しい真実が隠されていたようです。

お嫁にいらした 姉様に  よく似た官女の 白い顔

歌詞の中に出てくる 「お嫁にいらした姉様」のところです。この姉様は、実はサトウハチローさんのお姉さんの事だと言われています。

サトウハチローさんには、18歳で亡くなってしまったお姉さんがいたのです。結婚も決まり、幸せになろうとしていた矢先、結核で他界してしまったそう。

「うれしいひなまつり」はサトウハチローさんの、お姉さんに対する鎮魂歌(レクイエム)

角隠し

「雛人形をみるとお姉さんを思い出して恋しい」といった思いも込められていたそうです。あえて官女の白い肌を、お姉さんと似ていると表現したのかもしれません。

「白い肌」は美しさの象徴といわれています。お姉さんはとても美しい人だったんだろうな、と想像できますね。

この謎を知ると、お祝いの歌なのに曲調が少し暗い感じなのもわかりますね。

長いこと歌い継がれ、これからも歌い継がれる名曲「うれしいひなまつり」

ひなまつり

誰もが歌える、馴染みのある「うれしいひなまつり」の隠された謎をご紹介しました。歌詞に誤りがある事は、ほとんど知られていないので、ビックリされた方も多いのではないでしょうか?

歌詞に誤りや悲しい意味が込められていても、日本人にとって懐かしさのある名曲だと思います。

今年のひな祭りでは、少し歌詞にも注目して聞いてみたいですね。

「ひな祭り」「歌詞」「うれしいひなまつり」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!