子供も大人も一緒になって楽しめる!ボーネルンドが運営する遊び場「キドキド」の魅力

生後6ヶ月を過ぎた赤ちゃんのいるママさん。ボーネルンドがプロデュースしている「KID-O-KID(キドキド)」という室内施設があるのを御存知ですか?「まだそんなに動けないから楽しめないのでは…?」とお思いの方へ、私の娘が生後7ヶ月でキドキドデビューをした時の体験談を書きたいと思います。

「KID-O-KID(キドキド)」ってどんな所?

「KID-O-KID(キドキド)」とはボーネルンドがプロデュースした室内遊具施設のこと。

対象年齢は生後6ヶ月~12歳までと幅広い年齢の子供達を対象としています!!

施設内にある魅力的な3つのゾーン

  1. 「ベビーガーデン」・・・生後6ヶ月~18ヶ月の赤ちゃん専用スペース
  2. 「ディスカバリータウン」 ・・・五感を使って遊ぶスペース
  3. 「アクティブオーシャン」・・・全身を使って遊ぶスペース

という様になっています。

静と動の遊びがバランスよく揃っており、まさに子供のための施設ですね。

家の中では経験できない遊びがたくさんあり、子供だけではなく大人もドキドキワクワクしてしまいます!

また、キドキドにはプレイリーダーというスタッフがいて、子供と一緒に遊んでくれたり室内にあるおもちゃの魅力を実際に目の前で遊びながらママたちに伝えてくれます。

店舗によってはイベントも行われているので事前にチェックして足を運んでみるのもお勧めです♪

関東エリアにあるキドキド店舗を一部紹介☆

都内在住の私が行くキドキドは殆どが神奈川エリアです。今まで行ったことのある店舗を紹介したいと思います。

1.あそびのせかい たまプラーザ テラス店

たまプラーザ駅から徒歩1分と駅から近い店舗。

ボーネルンドの店舗も併設されているので、キドキドで気に入ったおもちゃがあれば購入することも可能。

沢山遊んだ後は隣のフードコートでお腹を満たすのも良いかもしれませんね。

施設情報

  • 住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-1-2 1F(たまプラーザテラス内)
  • 営業時間:10:00~19:00(最終受付18:30)
  • 利用料金:子供 一般600円・会員500円(初めの30分の料金)、大人500円
  • 駐車場:有り
  • ベビーカー置き場:店舗入り口やキドキド施設内に有り。

料金は、その後延長10分毎に100円かかります。大人は入場料500円のみで延長料金はなし!思いっきり遊びましょう☆

また、ベビーカーは、台数が多いので折り畳んでの利用するようにしましょう。

あそびのせかい たまプラーザテラス店

2.あそびのせかい グランツリー武蔵小杉店

武蔵小杉駅から徒歩5分圏内のグランツリー武蔵小杉の中にある店舗。

他の店舗に比べると少し狭いですが、ボールプールや大きなエアトラックは完備されているのでご安心を。

グランツリー内は子連れママ向けの店舗が多いので沢山遊んだ後はフードコートで食事をしたり、ショッピングをしても楽しいですね。

施設情報

  • 住所:神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1135-1 グランツリー武蔵小杉 4F
  • 営業時間:10:00~19:00(最終受付18:30)
  • 利用料金:子供 一般600円・会員500円(初めの30分の料金)、大人500円
  • 駐車場:有り
  • ベビーカー置き場:店舗前に用意されている。盗難防止用のチェーンもある

こちらも料金は、その後延長10分毎に100円かかります。大人は入場料500円のみで延長料金はなし!ベビーカー置き場には盗難防止用のチェーンが設置されており、安心です。

あそびのせかい グランツリー武蔵小杉店

グランツリー武蔵小杉に行こうっ!子供とママのおでかけに最高な理由とは?♡

関連記事:

グランツリー武蔵小杉に行こうっ!子供とママのおでかけに最高な理由とは?♡

2014年11月22日にグランドオープンした「グランツリー武蔵小杉」をご存じで…

3.あそびのせかい MARK IS みなとみらい店

みなとみらい駅から直結のMARK IS みなとみらい内にある店舗。

今回紹介した店舗の中で施設面積が広く、天井も高めなのでエアトラックでパパが飛び跳ねても大丈夫です。

またボールプールが多く大人も一緒に中に入って遊んで楽しめます。

施設情報

  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1 MARK IS みなとみらい3階
  • 営業時間:10:00~19:00(最終受付18:30)
  • 利用料金:子供 一般600円・会員500円(初めの30分の料金)、大人500円
  • 駐車場:有り
  • ベビーカー置き場:有り (スペースは広めだが混み合うので必ず折り畳んで置く)

こちらも料金は、その後延長10分毎に100円かかります。大人は入場料500円のみで延長料金はなし!嬉しいですね!

あそびのせかい MARK IS みなとみらい店

私のキドキドデビュー体験談!生後7ヶ月の娘と共に☆

私と娘が初めてキドキドデビューを果たしたのは2015年12月、生後7ヶ月の時でした。

その頃の娘はずり這いやハイハイで移動が出来るようになり、動きが盛んになってきてや全身を使って遊ぶ機会が家以外の施設だと限られがちでした。

赤ちゃんのためのキドキドデビューパス

そんな中、「赤ちゃんのためのキドキドデビューパス(生後6ヶ月~1歳のお誕生日当日まで)」という期間限定のパスポートがあることを知り、友人親子と一緒に参加することに決めました。

このデビューパスは親子合わせて500円の料金で2時間遊ぶことができるという優れもの!(利用の際には母子手帳をお忘れなく!!)

当時は木曜のみの実施でしたが、2016年2月現在では火曜日と木曜日の実施になりました。

赤ちゃんのためのキドキド デビューパス

いざ、キドキドへ♪

今回遊んだのは あそびのせかい たまプラーザ店。友人親子とたまプラーザ駅にて待ち合わせをしてから向かいました。

入店受付の際にデビューパス利用に必要な母子手帳を提示し、スタッフから注意点などを教えてもらってから首から下げるパスポートを受け取ります。

その後はベビーカーを置いてから備え付けのロッカーに荷物を入れます。(*荷物を中に持ち込むことは可能ですが、なるべく身軽の方が沢山遊べます。)

大人の靴を下駄箱にしまい、子供の靴下を脱がせたらお待ちかねのキドキド入店です。

赤ちゃんのためのスペース♪~ベビーガーデン~

私たちがまず初めに遊んだのはベビーガーデン(生後6ヶ月~18ヶ月の赤ちゃん向けスペース)でした。

中央にボールプール、その周りには1つずつ踏むとドレミの音階が鳴る仕掛け、壁面には指先を使っていじり遊びが出来る玩具等々子供たちは目をキラキラさせながら向かっていきます。

キドキド全体で言えることなのですが、万が一転倒しても床は柔らかい素材で出来ているので安心です。

赤ちゃんは鏡で大興奮!

娘は大きな鏡に興味津々で鏡の中の自分に笑いかけていました。

上から吊るしてあるクマのおもちゃにも気づき、指先を使って引っ張っています。緑色のバーはつかまり立ちがしやすいように設置してあり、ハイハイからつかまり立ちへの移行にもなりそう!

こうした遊びの工夫もキドキドならではですね。

腹這い時期の赤ちゃんでも遊べるよう低い位置におもちゃが設置されていることもあるので助かります。

子連れに有難いスペースも完備!

ベビーガーデンの横には授乳とおむつ交換が出来るスペースがあります。(それぞれ一人用なので混雑時は待ちます)
調乳用のウォーターサーバーも完備されているのでミルクを利用するママは助かりますね。

全身を使って遊べる!~アクティブオーシャン~

続いて向かったのはエアトラックやボールプールなどの大型遊具があるエリアです。「幼児さん向けだから赤ちゃんは遊べないのでは?」と思ったら大間違い。

エアトラックはトランポリンのように飛び跳ねるのですが、子供だけでなく大人も一緒になって遊べます。

跳ねるだけでなく走ったり、ハイハイしたりという動きにももってこいのスペースです。

じっくり夢中になって遊べる!~ディスカバリータウン~

最後に遊んだのはごっこ遊びや構成遊びが楽しめるエリアです。

生後7ヶ月の娘は何でも口に運んでしまうため、細かいパーツが多いコーナーには入らずルーピングなどのおもちゃが置いてある場所で遊びました。

見立て・つもり遊びが盛んになる2歳児くらいのお子さんから楽しめるコーナーだと思います。更にままごとコーナーにはコスチュームも置いてあり、なりきり度が高まること間違いなしですね。

雨の日でも思う存分楽しめるKID-KID(キドキド)のおすすめ遊具をご紹介

関連記事:

雨の日でも思う存分楽しめるKID-KID(キドキド)のおすすめ遊具をご紹介

室内遊びで今熱い!「KID-KID(キドキド)」はおもちゃ界で有名なブランド「ボ…

みんなで一緒に楽しめるのが一番の魅力♪

初めてキドキドを体験した後、しばらくは週1ペースで通っていたほどのキドキドファンになった私たち親子。

子供だけでなく大人も夢中になれるマジックが潜んでいました。

たくさん動ける赤ちゃんやキッズはもちろん、寝んね時期の赤ちゃんでも楽しめるキドキド。家族やママ友と一緒に出掛けてみるのはいかかでしょうか?

「キドキド」「遊び場」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!