切迫流産なら絶対安静!そんな時、仕事はどうするの!?

妊娠初期に「切迫流産」「安静にしてください」と医師に言われても、戸惑うだけでどうしたらいいのかわかりません。「安静」がどのくらいのものなのかもはっきりしませんよね。ここでは、切迫流産時の安静の度合い、また、仕事をしている方の職場への対処法を調べてみました。

切迫流産でも仕事は辞めたくない

切迫流産と診断され「安静にしてください」と言われた場合、実は歩くことも座ることも子宮に大きな負担をかけるため、トイレやシャワー等必要最低限のこと以外、できるだけ避けなければいけません。

仕事をしている方は「自分はデスクワークだから」とか「車通勤だから」と、仕事をしてしまう方も多いでしょう。しかし、それはとんでもない話です。

切迫流産の症状が落ち着き医師からの許可が出れば職場復帰も可能ですが、切迫の傾向は続くと言われているので、職場の理解は不可欠になるでしょう。
職場によるとは思いますが、短時間勤務や、正社員から契約社員やパートに降格させてもらうなど、何らかの対策を職場の上司と相談することをお勧めします。

休職と復帰

画像:hiyo0924.blog34.fc2.com

男女雇用機会均等法では、医師から切迫流産のため安静に!と診断された場合、勤務先の会社は、休職させる等対処することが義務付けられています。つまり、『医師から安静にするよう言われました』と会社に申し出れば、勤務先は「安静に」できるようにしなければ法律違反になるのです。

切迫流産と診断された場合は、堂々と休ませてもらいましょう。その場合、医師に診断書を出してもらい、会社に提出することが必要になります。

また職場復帰する際も、安定期に入るまで常に切迫流産の可能性があることを忘れず、仕事を再度休むことになっても迷惑をかけないように、引継ぎ等の準備をしておくと良いでしょう。

仕事と妊娠~現在の事情~

多くの女性が結婚後も仕事を続けている現在、妊娠しても仕事を続ける女性は多いことでしょう。そのため、切迫流産で仕事を急に休まなければならないという事例もよくあることだと思います。

しかし、安静を要する本人同様、職場の方も急に仕事に穴が開くのですから大変なのは間違いありません。

結婚した時、妊娠がわかった時に、つわりや切迫流産等の急な休みを想定して、職場と話し合っておくべきなのかもしれませんね。

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!