母乳育児を成功させるための10ヵ条

母乳育児を目指すママ達のために「母乳育児を成功させるための10ヵ条」があります。「粉ミルク」が普及している便利な現在において、完全母乳育児を勧めるのにはやはり理由があるのではないでしょうか。ここでは「母乳育児を成功させるための10ヵ条」についてご紹介します。

母乳育児を成功させるための10ヵ条

「母乳育児を成功させるための10ヵ条」は、ユニセフとWHOが共同声明を発表した「母乳育児の保護、促進、そして支援ー産科施設の特別な役割」の中で、全世界の産婦人科に呼びかけられました。

日本では、完全母乳の育児をしている方のほうが少ない状態で、出産施設においても母乳指導をあまりしていないところもありますが、この10ヵ条を実施している病院では下記のような方針に沿って母乳育児を推進しています。

1. 母乳育児についての方針を徹底する

「母乳育児について基本方針を徹底し、文書にして関係する医療スタッフが周知することになっています。」

それぞれの出産施設毎に、母乳育児についての基本方針が決められ実践されています。

2. 母乳育児に必要な技能の教育

「母乳育児に必要な技能と知識が、関係するすべての医療スタッフに教育されることになっています。」

助産師や医師、看護師などの医療従事者を対象としたセミナーや講習会が開催されています。

3. 母乳育児に関する情報の提供

妊娠した女性へ、母乳育児のメリットや方法についての情報提供をすることになっています

4. 産後30分以内の母乳指導

出産後30分以内に初めての授乳が開始できるよう、母親を援助・指導することになっています。

5. 母乳育児の方法、授乳が困難な場合の母乳分泌維持の方法の指導

母乳育児のやり方、母と子が一緒にいられず授乳が困難な場合も母乳分泌を維持する方法を教えましょう。

画像:doushita.exblog.jp

6. 新生児に母乳以外の栄養を与えない

医学的に必要な場合を除き、新生児には母乳以外の栄養や水分、人工乳を与えないようにしましょう。

7. 母子同室入院の推奨

常に授乳できる状態を保てるよう、完全母子同室を勧めています。

8. 授乳は赤ちゃんの欲しがるまま

時間を決めず、赤ちゃんが欲しがる時、欲しがるだけの授乳ができるよう指導することになっています。

9. 母乳育児中におしゃぶりを与えない

母乳で育てられている赤ちゃんには、ゴム製の人工乳首やおしゃぶりを与えないようにしています

10. 支援グループの援助と退院時の紹介

母乳育児の支援グループ作りを援助し、出産後退院する母親に支援グループを案内することになっています。

【赤ちゃんにやさしい病院(BFH)】認定制度

画像:www.snh.go.jp

1991年より「母乳育児を成功させるための10ヵ条」を完全に実施する産科施設は、「赤ちゃんにやさしい病院」に認定されています。日本では、日本母乳の会が認定審査を行っています。完全母乳で赤ちゃんを育てたいと思っているプレママ・ママさんは、ぜひ参考にしてください。

日本母乳の会ホームページ

母乳育児を見直そう!

赤ちゃんに必要な栄養素が詰まった「完全食品」と言われている母乳は、栄養だけでなく赤ちゃんを守る免疫物質も多く含まれています。そして、授乳というママとの触れ合いは、赤ちゃんの精神面の発達にも影響を与えていると言われています。

さらに、母乳育児は次の妊娠を抑制し、妊娠・出産で疲れた母体を体力が回復するまで、次の妊娠のリスクから守ってくれる役割も果たしています。

働くママも多く、完全母乳で~というママは少ないかもしれませんが、これを機に母乳育児を見直すきっかけになれば幸いです。

「母乳」「育児」「粉なミルク」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!