東京ディズニーリゾートがまた値上げ!コストを抑えて楽しめる裏技紹介☆

また東京ディズニーリゾートの入園料が値上げしたことはご存知ですか?2016年4月に6900円から7400円になったんです!利用する側として料金アップは大問題ですよね…。そこで、少しでも安くディズニーを楽しむための得ワザをご紹介します!知ればきっとやりたくなる!そんなお得な情報をお伝えします!

ついに7400円に!東京ディズニーリゾートパークチケット値上げに悲鳴も!?

今年もアナ雪のイベントで大盛り上がりしている東京ディズニーリゾート♪

しかし!!2016年の今年も4月1日よりパークチケットの値上げを発表しました。

  • 大人のワンデーパスポート:6900円から7400円(500円の値上げ)
  • 中人(12~17歳):6000円から6400円(400円の値上げ)
  • 小人(4~11歳):4500円から4800円(300円の値上げ)

実は今回が初の値上げではありません。2014年から6200円→6400円→6900円→7400円と3年連続の値上げなんです。

子供4人の6人家族である我が家の場合、チケットの必要な大人2名、小人(4~11歳)3名ですので、一家で1900円アップ…。

えぇ~~!!こんなに値上げされちゃったらもうディズニーもなかなか行けなくなる~~!なんて思っていませんか?

値上げしちゃった分、他で安くしちゃいましょう!誰もが使って得をする得ワザをご紹介します!!

そもそもどうして値上げするの?

値上げ

現在東京ディズニーリゾートは10年間にわたる再開発構想の真っただ中!

10年後にはディズニーランドのファンタジーランドが拡張&刷新でほぼ2倍の広さになり、現時点では「アリス」と「美女と野獣」の世界が新たに加わる予定。

ディズニーシーはロストリバーデルタとポーチディスカバリーの間にアラビアンコーストとほぼ同規模の新エリアが誕生し、「アナと雪の女王」の世界をテーマにする予定です。

また、ディズニーランドは昨年新アトラクション「スティッチ・エンカウンター」がオープンしたり、昨年末にアドベンチャーランド内に有料でゲームにチャレンジし賞品をゲットできる施設がオープンしました。

今年の秋には新しいグリーティング施設や飲食施設がオープンする予定です。

ディズニーシーでもアリエルのショーがリニューアルされたり、ビッグバンドビートなどのショーも今後リニューアル予定です。

こういった新しい施設やサービスの導入が値上げの主な要因と言えるでしょう。

今後も上がるの…?

疑問

しかし、この値上げ後「7400円」という料金、実は世界中のディズニーパークの中では一番価格が安いんです。

たとえば香港は日本円で8600円程度。パリは9800円。カリフォルニアは11600円となんと1万円越え!

ということは、まだまだこれから値上げがあるかもしれませんね。数年前の5800円なんて時代が懐かしい・・・。

ディズニーでお得に遊べちゃう得ワザ!

パークチケットの値上げはもうこの際仕方がない!ということで、少しでもお得に遊べる得ワザをご紹介します!

得ワザ①値上げ前にチケットを買っておこう!

実は購入する日が3月中であれば4月以降に使用する場合でも現行の6900円でチケットが購入できます。

日付指定券は2か月先まで購入できますが、5月までに行く予定が決まっている場合、3月末までに購入すれば6900円でOKなんです。

さらに、オープンチケット(日付指定なしのチケット)は購入後1年間有効で、もちろん追加料金なしで入園できます。ですから毎年数回行くなんて場合は今のうちに数枚購入しておくといいですよ^^

ディズニーのチケットは特別な場所へ行かなくてもパソコンとプリンターがあれば自宅で購入できちゃいます。ない場合はディズニーストアなどで購入しましょう。

東京ディズニーリゾートパークチケットの購入はこちら

オープンチケット購入の場合の注意点

それならオープンチケット今のうちに買っておこう!って思われていると思いますが、実はちょっと問題点もあります。

1つ目は入園制限がかかったら入れない、という点。これは毎回開園前から並んでるという場合は問題ありません。しかし、ゆっくり行く、もしくは開園には間に合わないという場合、入園制限がかかるかどうかドキドキしなくてはいけませんね。

2つ目は2016年から10~12月の土日祝などディズニーが決めた日は「日付指定券でしか入園できない日」になる、という点。

もちろんオープンチケットを日付指定券に変更することも出来ますが、その場合チケットの差額と200円の手数料がかかりますので、せっかく購入していてもまったく意味はありませんね。

10~12月の平日以外に行く予定であればオープンチケットはやめておきましょう。

得ワザ②「ファンダフル・ディズニー」に入会するとチケットが割引で購入できる!

割引

有料のサービスにはなってしまうのですが、お得なチケットを購入する方法として、年会費3240円で「ファンダフル・ディズニー」というオフィシャルファンクラブに入会するという方法があります。

入会するとパークの当日券が割引(今年度は大人500円引き、中人400円引き、小人300円引き)で年3回まで購入できちゃいます。1回で6枚まで購入できますので、最大で1回3000円お得にパークチケットを手に入れることができるんです。

さらに「ファンダフル・ディズニー」メンバーには持っているだけでもうれしくなる素敵なメンバーズカードや季節ごとの会報誌、年末にはオリジナルのカレンダーが送られてきますし、メンバー限定のグッズが購入できるなどの特典もあります。

1回しか行かない場合はもったいない気もしますが、行く頻度の高い方やディズニーが大好き!オリジナルグッズが欲しい!なんて方にはおすすめのファンクラブです。

ファンダフル・ディズニーの注意点

こちらのファンダフル・ディズニーのメンバーが購入できるチケットは「当日券」です。当日チケットブースに並んでチケットを購入する手間が発生しますのでご注意くださいね。入園制限がかかっている場合は購入できません。

また、メンバーズカードは本人以外使用できません。ママのカードでパパが購入することは出来ませんのでご注意ください。

得ワザ③駐車場代を節約!

車 お出かけ

現在ディズニーリゾートの駐車場は平日2500円、休日3000円。昨年の値上げで駐車料金も休日で1000円ほど高くなりました。

やっぱり3000円は結構つらいですよね。

ディズニーの駐車場を活用する一番の方法は前日の深夜から駐車場前に並ぶこと。そのまま車を停めて駐車場がオープンするまで車内で寝て待ちます。

車中泊になりちょっと大変ですが、オープンする時に係員さんが起こしてくれますので案内に従って移動し、パークオープンまでもう少し寝て待つことも出来ますよ。

早い人はその時点でゲート前で開園待ちしますが、そこまでの必要はないでしょう。しかしせっかくなので開園1時間前には並んでおきましょうね。

また、入園制限がかかった後に行くと駐車場は無料になります。日付指定券を持っているので確実に入れる!という方はラッキーかも!?

こんなワザもあります!イクスピアリカードで2時間無料!

カード

ディズニーリゾートのすぐ近く(徒歩15分程度)にあるイクスピアリでイクスピアリカードを作るといつでもイクスピアリの駐車料金が2時間無料になります。さらに屋外駐車場であれば最初の1時間が無料なので合計3時間無料。イクスピアリ内でお買い物をすればさらに無料の時間が長くなります。

丸一日パークで遊ぶ場合はお得にはなりませんが、平日のアフター6パスポートで6時から10時までの4時間遊ぶ場合や、土日祝日のスターライトパスポートで3時から10時までの7時間遊ぶ場合は少しお得になりますので、利用するのもいいかもしれません。

しかも、アフター6とスターライトパスポートの価格は昨年から据え置き♪

ただし、カードが手元に届いてからのサービスになりますので、当日入会ではサービスが受けられません。事前に申し込んでおきましょう。

イクスピアリパーキングガイド

ディズニーの近くの駐車場は?

だったら近くの他の駐車場に安く停めようと思われる方も多いかもしれません。ただ、近隣の駐車場があまりないので停めるとしたら電車で1駅か2駅ほど離れた場所。

電車代も人数分かかるので節約のため一度ママたちをディズニーに送ってからパパだけ近隣の駐車場へ。合流まで約1時間程度はかかるようです。

しかも空いている保証もないので、チャレンジする価値があるかどうかよく考えてみてくださいね。

得ワザ④ホテル代を安く済ませよう!

ホテル

遠方から行く場合は必ず必要になってくる宿泊場所「ホテル」。当然周辺のホテルは高いです。それでも周辺ホテルがいい場合はオフィシャルホテルの「東京ベイクラブリゾート」「サンルート」あたりがリーズナブルです。

パークからは少し遠いですが、パートナーホテルやグッドネイバーホテルも安くておすすめです。また、このようなホテルからは無料のシャトルバスが出ているので、道が分からない場合も大丈夫!新幹線などで遠方から来る場合もおすすめです。

近隣のおすすめホテル

車で15分くらいの場所にも安いホテルがあります。

混んでしまうと嫌なので本当はあまり教えたくないんですが、ファミリーで行くなら「ファミリーロッジ旅籠屋 東京新木場店」がおすすめです。5歳以下は宿泊料無料なのもママたちにはうれしいですよね!

一部屋4~5名の宿泊が可能。クイーンサイズのベッドが2台常設されており、シングルサイズのエキストラベッド1台(1000円)まで入れられます。

6歳以上5名でトップシーズンでも1部屋16000円の安さです。無料送迎などのサービスはありませんが、寝るだけなら十分!設備や立地もよいのでファミリーにはおすすめですよ。

キャンピングカーをレンタルするのもあり!

自動車

東京ディズニーリゾートではキャンピングカーで来る人も結構多いです。

もし、近くにキャンピングカーを安く借りられるところがあってホテル代と変わらないのであれば利用するのもいいかもしれません。

なんと言ってもキャンピングカーなので車中泊がとっても快適です。車内で水も使えるし、着替えも楽にできるので車中泊で駐車場入りする場合本当に楽ですよ。途中でお昼寝に戻りたい場合もキャンピングカーなら楽ちん♪

節約技と言うよりはキャンピングカーライフも楽しんじゃおう!という場合におすすめです。

ただ、キャンピングカーの運転は普通よりも疲れるそうです。スピードも出ないので通常よりも時間がかかります。時間に余裕を持った計画を立てましょう。

またキャンピングカーの場合、車種によっては駐車料金が大型になる可能性もあります。普通料金の場合も駐車スペースは余裕を持って案内してくれますのでその点は安心してくださいね^^

得ワザ⑤ディズニー内で安くておいしいごはんを食べよう!

ハンバーガー

ディズニーリゾート内でご飯を食べようと思うとどこも高いというのが印象ではないでしょうか?

しかし、実はそうでもないところもあります。

どちらのパークでもハンバーガー類はセットにしても1000円未満で大丈夫ですし、食べ歩きのスナックなどをちょっとずつ食べたりすれば意外に安く済ませられたりします。

ディズニーランドのミッキーシェイプワッフルなども結構ボリュームもあり可愛くおいしいのでおすすめですよ。

ディズニーランドでおすすめのレストラン

ウエスタンランドの「ハングリーベア・レストラン」なら大人は720円でチキン&ローストオニオンカレーが食べられます。さらに150円プラスすればラージサイズに!お子様カレーはカレーにハンバーグ、ツナサラダ、フルーツゼリーまでついてなんと550円!

親子で食べたとして、ママが普通サイズ、パパがラージサイズ、子供がお子様カレーを食べても2140円で済んじゃうんです。

外食で食べるのとあまり変わらないと思いませんか?

ディズニーシーでおすすめのレストラン

アラビアンコーストの「カスバ・フードコート」では本格的なカレーが780円から食べられます。すべてのカレーにライスとナンが付いてくるのでボリュームも満点!

お子様メニューは特にないのですが、甘口のチキンカレーなどが食べやすいですよ。1020円で3種のカレーが食べられるのもおすすめです。みんなで分けあって食べるのもいいですね^^

さらにマーメードラグーン内の「セバスチャンのカリプソキッチン」も550円でホタテクリームコロッケサンドが、700円でピザが食べられます。セットでも1000円以内でOKです。

得ワザ⑥ピクニックエリアなら持ち込みもOK!

ピクニック

東京ディズニーリゾート内は基本的にお弁当などの持ち込みは禁止なんですが、外に出たところにあるピクニックエリアなら食べる事ができます。パーク内の食事はどうしても高くて…という場合はピクニックエリアで手持ちのお弁当を食べましょう。

また、その際は一度パークの外に出ることになるので必ず再入園することを伝え手にスタンプを押してもらってくださいね。再入園時にはチケットとともにスタンプを提示すれば再入園できます。

ちなみに、パーク内でもビン・缶以外のペットボトルや水筒であれば飲み物の持ち込みOKです。パーク内は飲み物が高いのでちょっと重たいですがベビーカーなどに積むようにしてなるべく持って行けば節約になりますね。また、レストラン内にはお水の給水機があり、もちろん無料で利用できますよ。

今後のディズニーの再開発に期待!

家族 走る

いかがでしたか?今回はお得な情報のほんの一部をご紹介しました。節約に役立つ情報は見つかったでしょうか?

これ以外にも地域限定、期間限定でお得なチケットが販売されたりすることがありますので情報をよくチェックしておきましょう。

東京ディズニーリゾートは基本的にパークチケットで入園してしまえばすべてのアトラクションが乗り放題です。食事も安く済ませようと思えば可能ですので、いろいろと工夫して節約できますね。

せっかくのディズニー、節約するならその過程も楽しんじゃいましょう!

今後のディズニーの再開発でさらに素敵なパークになることを期待したいですね!皆さんが夢と魔法の国ディズニーを満喫できますように♪

「ディズニー」「値上げ」「裏技」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!