「子供が可哀想...」いいえ、そんなことを言うあなたが可哀想!働くママが傷つく言葉

働くママが言われたくない言葉を平気で言ってくる人いますよね。言っている本人は言われている人がどんなに傷ついているか、結果自身にどのように返って来るかなんてわからないのです。「そのような人の方が可哀想」そう思うと、言われた傷も浅くなるもの。働くママの皆様を応援するために書く私からのメッセージです。

義母に子供を預けて働き始めた私も「子供が可哀想」とよく言われました

「子供が可哀想。」私もよくそう言われました。私は義母に3人の子供を預けて働いていました。それも夕方から夜という中途半端な時間に。

当時、音楽教室の講師でした。続けてきたピアノの仕事をやめたらもったいないと義母が子育てを手伝ってくれたのです。義母の心の大きさに感謝して私は義母に子供を預け、長男が2ヶ月のときに仕事に復帰しました。そうでもしないと、仕事がなかった時代でしたから。

私は後悔していません。子供がそのために、悪くなったわけでもありません。子供を預けることに抵抗を感じる皆様、人に言われて傷ついている皆様、ご覧下さい!

預けられた子供は本当に可哀想なの?

働く

「子供が小さいうちから預けて働くなんて、子供が可哀想。」に代表される、働くママが傷つく言葉を7つ紹介します。

全て私の体験談です!

1. ママが働いているから、お子さんが落ち着かないのよ。寂しいんじゃないの?

男の子

これは、発達障がいの長男を見て言われた言葉。子供の落ち着きのなさはママが働いているからというわけではなかったのですが、長男の状態がよくわからない時は傷つき、落ち込みました。

子供を見て、心配して下さっているのだと思いますが、言われたくなかった言葉。よその家の子供のことを推測して言うのは常識的にも良くないですね。配慮に欠ける言葉ですね。

2. お姑さんに預けているの?可哀想!

姑

この言葉は、よく言われました。主にママ友から。当時は言われるたびに傷ついたものです・・。

でも、今思うと、言った人たちは、羨ましかったのかもしれません。一般的に嫁と姑は仲が悪いと言われますが、我が家はその反対。姑とは当時から仲良し。それは今も変わっていないのです。

3. そんな時間に働いてるの?可哀想!

ママ

ピアノを教えていましたので、主に夕方4時から夜8時が仕事の時間。確かに小さい子に、夕飯を食べさせたり、寝る準備をさせたりという貴重な時間です。私はそれを姑にやってもらっていたのです。

それが、可哀そうと言われると心が痛みました。でも、姑の側に立つと愛情たっぷりに世話してくれたのですから・・。

今でも、私は感謝していますし、子供たちは、おばあちゃんの夕飯が大好きでしたし、姑は張り切って作ってくれました。大切なのは感謝の心だと思います。我が家はそれでうまくいっていたのです。

4. ご主人はどうされてるの?協力してくれるの?

パパ

私が働いているからと言って、なぜ、夫のことを言われるのかよくわかりませんが、うちの場合、長男が目立つ子だったので、しばしば、聞かれました。その度に傷つき、「何もしてくれないわ。」と本当のことを言うと、「大変ね。」と妙に同情されました。

何かしら、よその家のことを聞きたがる人っていますね。比べたいのかもしれませんね。

「赤ちゃんがかわいそう…」 なんて言わないで!働くママが言われたくない言葉

関連記事:

「赤ちゃんがかわいそう…」 なんて言わないで!働くママが言われたくない言葉

共働きの家庭、多くなりましたよね。我が家もその1つです。待機児童になるの…

5. 愛情不足よ。おばあちゃんに預けているから!

姑

これも、失礼極まりない言葉。でも、言われた当時は傷ついて、児童相談所の人に愚痴ったりしていました。そこで、その職員さんに言われた言葉があります。今考えると納得しますが、当時は割り切れない思いでした。

職員さんの言葉です。「そんなこと言ったら、おばあちゃん、怒るでしょ!」確かにそうです。姑は精一杯愛情を注いでくれたのですから!子供たちは愛を沢山もらっていたのです!

愛情が2倍になっているから、子供たちは幸せでした。それは今も変わりません!

6. お子さん、可愛くないんですか?

子ども

私が姑に預けて働いていることで、長男の園の園長先生に言われた言葉。今思っても失礼ですね。自身の子供を可愛くないなんて、ありえないこと!「かわいいです。」と答えるのが精いっぱいだった当時の私でした。

このように母を追い詰めるようなことは言ってはいけないと今、思います。たとえ、そう思っても人には言いたくない言葉ですね。

7. お姑さんなんかによく預けられるわね!実家のお母さんならわかるけど!

姑

これも、失礼ですね!

言われた当時は泣きそうでした。でも、姑に預けるのは悪いことではないし、他人に預けるより、安心でした。何より可愛がってもらったからです。私も子供たちも!

心ない言葉は気にしないで!働くママも立派なママです!

働く

働くママは私の時代より、増えていますし、今はママが働くのはあたりまえの時代。働きながら子育てもこなすママは本当に立派だと思います!

それでも、傍からの言葉に傷つく事ってありますよね!特に多いのが「可哀そう」という言葉。悪気はないのだと思います。

だからこそ、そのように人を傷つける人を可哀そうと思いようにしましょう。

母として強く賢く生きましょう。女性は言葉を巧みに使う術に長けています。言葉で傷つく場合もありますが、このような思い方ひとつで人間関係をスムーズに円滑に乗り切れます!

「人は人!」と思って、働くママライフを楽しみましょうね!

「働くママ」「傷つく」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!