食費の節約どうしていますか? 我が家ではまとめ買いと自炊で節約中☆

ママにとって頭を悩ますことの多いことの一つが食費ですよね!急に野菜が高くなったり、食料品の値段が上がったりすると、ため息が出ちゃいますよね。できれば食費は抑えつつ、美味しいものが食べたいと思う今日この頃。皆さんは食費節約どうされていますか?私は週に一回のまとめ買いとできるだけ自炊で今のところ頑張ってます!

我が家の家族構成

我が家の家族構成ですが、今は私と1歳の子供の2人家族です。節約する前の食費ですが、お惣菜を結構スーパーやデパートで買ってしまったり、コンビニに立ち寄ると何かとスイーツを買ってしまうことが多かったので、月6万円くらいしていました。

昨秋に「これではダメだ!」と一念発起し、食費の節約を意識してみたら、今のところ月々4万円前後になり、約2万円ほど節約できるようになりました♡

我が家の買い物の頻度

買い物

我が家の買い物の頻度ですが、基本的には週に1回、ネットスーパーでまとめて購入しています。ネットスーパーを利用する理由は、以下にある3つの理由からです。

  • 子供が小さいので、買い物した商品と子供を抱えながら買うのが大変(ちなみに我が家は車はありません)
  • ネットスーパーでも曜日や週末にお買い得品がある
  • ネットスーパーだと日用品からちょっとした薬も買える

それで、どうしても急にすぐに必要になったものは、近所の薬局やコンビニで購入するという感じです。

簡単にできる節約術5選!食費の節約方法と日用品の出費を減らす方法まとめ

関連記事:

簡単にできる節約術5選!食費の節約方法と日用品の出費を減らす方法まとめ

簡単に誰でもできる食費と日用品の節約について紹介します。子育て、家事に…

食費を減らすために実践している我が家の節約術

節約

食品を購入する頻度以外に、我が家で行っている食費に関する節約術をご紹介したいと思います。当たり前のことなんですけれど、やってみると「あ、最初っからこうしとけばよかった!」と思っちゃいますよ☆

一週間で2人でどれだけ消費しているものか確認しておく

2人といっても、実質食べているのはまだ私だけなので、一週間の間で何をどれだけ食べているのかを調べてみました。

そうすると、季節によって多少変動はあるものの、大体週に1回の買い物で何をどのくらい買ったらいいのかというのがわかるので、最低限消費するものと、あとはお買い得商品があったら1,2個プラスするぐらいを購入するようになりました。

できる限り自炊する

料理

働いていた頃は、「3食外食」ということも全然珍しくなかった私。妊娠中も後半は切迫早産のためにほぼ一日中安静にしていたので、台所に立つということは出来ずに食事の宅配サービスを使い、出産後は、赤ちゃんを抱えて食事の用意は大変だしとデパ地下のお惣菜に頼っていました。

しかし、これが我が家の食費を大きくしている原因であることに否めません!

そこで、料理をしている時は子供には近くでテレビを見ていてもらって、ご機嫌が良い間に簡単なものでもササッと作るようにしました。

冷凍できる食材は冷凍保存する

これは、実家の母から教わったテクニックで、ご飯は一度に炊いて、一食分に小分けにして冷凍、野菜も下ごしらえして例とできるものは冷凍、おかずも多めに作って冷凍…というようにしておくと、楽チンだしいいよ~というもの。

確かに、食べる時にレンジで温めて食べてみても、ものによっては作った時よりも味がおいしく感じるものもあったりしますし、いろいろストックがあると、「今日はこれ使おう!」という感じになるので、買い物しなきゃ!という感じにはなりません。

食費の節約術大公開!今日からできるコツまとめ!

関連記事:

食費の節約術大公開!今日からできるコツまとめ!

ちまたでは増税するだのしないだの、値上げだのなんだの景気も回復しないの…

賢く食費節約、でも、美味しい食卓♪

食卓

我が家の節約術、いかがでしたでしょうか?「術」といいつつも、何か特別なことをしているわけではなくて、今までやってこなかったことをやり始めた、というのが正しいかもしれません。でも、これが意外と効果があったりします。

これから子供が大きくなっていくと、ますます食費に関して度々見直していかないといけないことが多くなりそうですが、どうにかして食費は賢く節約しながら、子供に「おいしい」と言ってもらえる食事を毎回作っていきたいなと思います♡

「節約」「食費」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!