紹介状追加負担・救急車の有料化検討で私たちの医療に対する見識が変わる?

特定機能病院では、紹介状なしの受診に対して特定療養費という名目で3,000円の加算がありました。これが平成28年4月より5,000円に改定されることになりました。また、救急車の気軽な利用を減らすべく有料化が検討されているのだとか。私たち子育て世代の医療、この制度の導入でどのように変わるのでしょうか。

平成28年4月から医療制度の変更があります。

厚生労働省は、平成28年4月より特定機能病院(総合病院や大学病院など地域の拠点・中核となりうる病院)を紹介状なしで受診する患者に対して、初診料とは別に特定療養費として5,000円の追加負担を求めることを決めました。

これまでも存在していた特定療養費

「特定療養費」はすでに存在している制度です。これまでは紹介状を持たない患者に対して、初診料のほか3,000円の負担請求がありました。

これが平成28年4月より5,000円の負担に変更されます。

病院の規模によっては、もともと5,000円ほどの請求を行っているところもあるようです。

特定療養費の負担条件は?

  • 入院用のベッド数が200床以上の医療機関(特定機能病院)であること
  • 初診での受診であること
  • 紹介状を持たずに受診すること

紹介状とは「診療情報提供書」のことを指しています。

病院 ロビー

一般的に「紹介状」と呼ばれる書簡ですが、正式には「診療情報提供書」と言います。受診に至る経緯や、医師の診断所見、検査等の結果が添付されます。

お医者様の名刺や「この患者さんを紹介します」と言った文章だけでは「診断情報提供書」とみなされません。

ツイッターでの反応は…?

こちらに挙げた3つのツイートを見て、費用負担に対する怒りや不安だけではなく、私たちが選択すべき道を照らしてもらっていないことに気づく人が多いことが分かりました。

この政策の目的とは?

疑問

大病院には高度治療機器や検査設備がそろっています。これらを運用するには大きな経費がかかってしまいます。

高度な治療を待っている患者を優先させるため、一般患者の「念のため受診」や「コンビニ診療」を防ぐ狙いがあると考えられます。

患者が集中する病院の混雑緩和なども目的の一つです。

追加負担のメリットとデメリット

赤ちゃん 母親 診察 日本人

費用負担が発生することで、いくつかのメリットとデメリットが生まれます。様々な見解がありますが、一部をあげてみました。

この政策のメリットとして考えられること

  • 大病院における医師・看護師・コメディカルの診療負担軽減
  • 病院側の経費節減につながる
  • 高度医療を必要とする患者優先の治療ができる
  • 予約待ちが必要だった医師の診療が幾分早く受けられるようになる可能性がある

何よりものメリットは、第一次医療が優先されること

「○○医院」等、地域のお医者さんは「第一次医療」を担う初期救急の医師です。総合病院や大学病院は高度医療、第二次医療・第三次医療を担っています。

第一次医療を担う地域のお医者さんと総合病院などが連携を図ることで、スムーズな医療ができるという制度を確立させようという狙いがあります。

患者の立場になるとデメリットは大きい

  • 良質かつ高度な診療をおいそれと受けられなくなる
  • 5,000円の負担を恐れて平等な医療を受ける機会を失う人が出てくる

ただし、救急搬送の場合は例外

高度医療が必要のため、救急車で大病院へ救急搬送された患者さんは、特定療養費の対象外となります。

だから、救急車利用の有料化が検討されている!

救急車

2014年版・消防白書によると、救急車で運ばれた人のうち「重症」の割合は8.9%。初診医師が入院の必要なしと判断した「軽症」が49.9%と、ほぼ半数を占めています。

「軽症」のなかには虫歯の治療に救急車を呼んだり、「病院まで歩くのが大変だから」、「タクシー代わり」を理由に挙げるといった不適切な使い方もあるようです。

先に挙げたように、「特定療養費を節約して、大病院で徹底的に診察してもらおう」という方が救急車を使うケースも考えられるので、軽症の場合は海外の例にみならって日本でも救急車の有料化を検討すべきではないのかという議論が国レベルで行われるようになりました。

救急車有料化のメリット

  • 救急車の正しい運用が期待できる
  • 救急隊員の過重労働を防ぐことができる
  • 119番がつながりやすくなる
  • わずかでも公費節減につながる

デメリットは…?

  • 救急車は公費負担・無料という概念が崩れる
  • 急病人の立場では「重症・軽症」の判断ができず、有償を恐れて症状を悪化させてしまう恐れがある
  • 低所得者の医療離れを加速してしまう可能性がある

有料化・負担増に対して私たちができること

我が子の病気だけではなく、配偶者、両親等、身近な人の病気は常に背中合わせです。もしかしたら明日、あなたが倒れてしまうかもしれません。

これから起こりうる医療面での負担増に対応するために、私たちができる事とは何でしょうか。

かかりつけ医を持つこと!

医者 日本人 

かかりつけ医は、地域の小児科医や内科医等、第一次医療を担う方たちです。地域に根差したお医者様なので、医療相談などで的確な意見を求めることができます。

病院の規模を問わず地域のお医者様も、常に研修や症例研究を行い研鑽を重ねています。社会的な地域の問題などもしっかり把握しているお医者様も多いので、まずはかかりつけ医の元へ駆け込みましょう。

心配な所見があったら、総合病院へ紹介状を書いてくださいますし、適切な処置を施してくれます。いくつかお世話になる病院を決めておくと良いですよ。

乳幼児医療制度などをしっかり把握しよう!

住民票がある自治体の条件に当てはまる乳幼児は、公費負担があります。高齢者においても同じく、自治体の条件に当てはまれば、公費負担を受けることができます。

健康保険と組み合わせることで、私たちの医療費負担は少なくなります。自治体が掲げる医療制度があることで、かかりつけ医にもお世話になりやすいのではないでしょうか。

詳しくは、住民登録をしている自治体へ問い合わせてみましょう。

まずは信頼できるお医者様を探そう☆

近所の小児科の先生とソリが合わないから大病院へいく、近所だから総合病院へいくという方も多いはずです。

医師とソリが合わない原因をつくっているのは、もしかしたらお母さんのほうかもしれません。子供の様子を詳しく話していますか?ただ「具合が悪いから診てください」だけではありませんか?

薬だけ欲しいというようなおねだり受診はしていませんか?子供の容態を把握してから病院にいくことで医師との信頼関係を構築していくことができます。

また、医師の話には耳を傾けましょう。分かりにくかったら、看護師さんに質問してください☆まずは、近所の小児科や内科医院を「かかりつけ医」とし、カルテに診療記録をどんどん残してもらいましょう。

病気の履歴を残してもらうことで、体質をつかむ良いきっかけになりますし、病気を診断する手掛かりにもつながります。

何よりも、私たちの医療費を減らすことにもつながります☆

「病院」「紹介状」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!