何かとかかる食費を安く抑えたい!ちょっとの工夫で食費を年間10万円節約するコツ

生後2ヶ月の子供を持つ3人家族です。家賃や光熱費を節約することって結構難しいんですよね。でも節約することで夫婦関係がギクシャクしてしまったら嫌ですよね。美味しいものを我慢せずにたくさん食べながら、食費節約して家庭円満♡食費節約だけではなく家族の健康も考えて上手に節約するコツをお教えします。

どうして節約を心がけるようになったのか…私の体験談☆

以前は共働きで買い物にいく時間もなく、お金のことを気にしていませんでした。毎月の食費は外食を抜かして2人で4〜5万円使っていました。

けれども、妊娠をきっかけに簡単に家計簿を付けて節約を意識してみました。家計簿を付けるといっても、食費の欄にスーパー名と合計金額を書くだけのシンプルなものです。

家計簿をつけ目標金額を決める生活を始めたところ、働いていた時は社食で無料だった私のお昼代がかかっているにも関わらず、3万5千円程度までになりました。

これで年間約10万円の節約になりました。

主食のお米は無洗米5㎏のものが10日間で消費します。旦那さんのお弁当用に冷凍食品を常備していて夜ご飯は健康を考え必ず、サラダを含むおかず3品以上作るようにしています。

たまにはステーキやカニを食べたりして我慢をしているわけではないのでストレスも溜まりません。

旦那が甘党なのでお菓子やアイスも買っています。本当は1番の無駄がお菓子類…でもやめられないんですよね。

こう節約しています!節約のコツ紹介

スーパー

私が実践している節約の工夫をご紹介します。

①目標金額を決めてお買い物に行こう

1ヶ月で4万円の食費にしたいと思えば1週間で9000円以内!など金額を設定します。この時あまりに無理な金額にしないで下さい。

なぜ先に1回分の買い物金額を決めるかというと、その範囲内で細かい節約をしなくて良くなるからです。

②週に何回の買い物が良い?

お財布

例えば一週間で買い物に行く回数を3回と決めて一度に3,000円の買い物をするようにします。そうすると1週間で9,000円以内に収まりますね。

単純にお買いものに行く回数が減ると無駄買いも減って家事や育児の時間が増えるので一石二鳥ですよ。

安いからといって購入しても結局使わないで捨ててしまった、なんてことにならないように3,000円分買い物できると思ってお買い物に出かけたら必要なものを選ぶことができます。

さらにかごに入れる前にレシピを想像してみて下さい。とり肉だったら親子丼、唐揚げ、照り焼きなど自分が作れるレパートリーを思い出して必要か考えてからかごに入れるようにしましょう。

③価格ばかりにとらわれない

金

せっかく食費を抑えても価格ばかりに気を取られてしまうと損をしてしまうことも。

たとえば、1本80円のペットボトル紅茶と10杯分400円のインスタント紅茶どちらが安いでしょう?

答えは簡単ですね。インスタント紅茶は1回分40円なので半分も違います!でも節約しようと思っていると価格に気をとられてしまうこともあります。

1回で考えたらいくら、という計算をするようにしましょう。これに慣れたら自然と節約になりますよ。

④毎週チラシをチェックする

今は新聞をとらなくてもアプリで簡単に近くのスーパーのチラシが見れちゃいます。それらのアプリを使用してスーパーのチラシをチェックしたり、近くのスーパーではどの曜日にどんなセールを開催しているのか把握します。

火曜日はこっちのスーパーが安い!水曜日はまた別の店が安いなど、お店によってだいたい決まった曜日でセールを行っているところが多いので自分で行けそうなお店はチェックしておくと良いです。

広告・キャンペーン・クーポン情報満載|シュフー Shufoo! あの店の情報も掲載中

⑤ポイントカードも賢く活用

カード

ポイントカードはばかにできません。1年間おなじスーパーにお買い物に行くと結構なポイントが貯まります。もちろん皆さんポイントカードは利用されてる方も多いと思いますがまだ作ってないという方は活用して下さい。

1週間で使えるの金額を決めているとポイントがかなり役立ちます!

クレジットカードも活用

さらにクレジットカードの利用でダブルでポイントを貯めるとダブルでお得です。
ポイントを貯めてたまに高いお肉やお酒でプチ贅沢なんて使い方もありですね。

⑥ ネットスーパーなども利用する

カード

2,000円以上で送料無料など購入した金額によって送料がかからないネットスーパーがほとんどです。子供を連れてお米を持ち帰るのはお母さんにとって大変なことだと思います。

重たいものはネットで注文して玄関まで届けて貰いましょう。お店で購入するよりも安い場合もあります!

私はco-opに加入していてお米を購入することもあります。週によって価格は違いますが少なくともうちの近くのスーパーで購入するよりも安いし重たくないのでとってもお得です。

毎週注文カタログが届きますが、毎回頼まなくても大丈夫です。さらにお子さんがいる家庭はたとえ100円のお買い物でも送料が無料なので会員になっておいても損はないと思います。

コープデリ おいしく食べる幸せが届く「生協の宅配」

⑦冷凍庫をフル活用する

お肉は安い時にまとめて買ってきて下味をつけて1回分に分けてから冷凍。塩麹をつけてから冷凍するとお肉が柔らかくなって美味しいです。

野菜も下茹でしてからジッパー付き保存袋に入れて冷凍しています。

オススメはネギです。我が家では長ネギを購入したら青い部分と白い部分をわけて、白い部分はお鍋ようとして斜めに切って、青い部分は小口切で飾りやお味噌汁用として冷凍しています。

他にも捨てている食材を見直してみましょう!

出汁を取りおえた鰹節や大根の葉っぱなどを自家製ふりかけにする。今まで捨てていたのを後悔するくらい美味しいです。

大根葉(カブ葉)のふりかけ☆

自分なりの工夫で、節約を楽しもう!

女性 やる気

節約のコツをまとめてみました。いかがでしょうか。

  • チラシのチェック
  • 1週間のお買い物回数と金額を決める
  • 自分なりの家計簿をシンプルにつける
  • かごに入れる前に必要か考える
  • 商品の値段よりも1回分の金額を計算する
  • ポイントカードを作る
  • 冷凍庫を上手に活用する
  • 捨ててしまっていた食材を見直す

10〜20円の節約の為に時間と労力を使って朝から並んで買い物をしなくても1回分のお買い物金額を決めてゆとりのある生活を!

皆さんも我慢ばかりせずに節約を楽しんでして下さいね。

「節約」「食費」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!