何にもしなくてもお金は貯まる!普段の生活を見直すだけで大幅節約を実現☆

子育てにお忙しい皆様、仕事に行くのもままならないという方も多いのでは。でも、子育てには何かとお金がかかりますね。特に大きくなってから!その時に備えて普段の生活を見直すことで節約に繋がり、お金を貯めることにもなりますよ。子供の教育費に大変な我が家で心掛けているちょっとした見直しをご紹介いたします。

普段の生活での無駄!

子育てにお忙しい皆様、将来のために教育費などを貯めておきたいとお考えではないですか?

子供が大きくなると手は掛かりませんが、お金が掛かります。でも、お子様が小さい時はママがパートに出るのも大変。かといって節約生活も大変だし、長続きしません。

そこで、ちょっとだけ、普段の生活を見直してみませんか?

節約に繋がるヒントが沢山ありますよ!

私にとっての見直し

実は私自身、見直しが必要でした。

使うときには使うものと思い、電気代、水道代は気にしませんでしたし、教育費は掛かりましたが、それも仕方ないと思っていました。

でも、子供が3人いますと、それぞれが大きくなるたびに教育費が掛かります。私の仕事には限界もありますし、自分の時間も欲しいと思いましたので、生活を見直してみたのです。

まずはクレジットカードをやめ、普段のガスや水の使い方を見直してみました。そうしたら、見えてきたのです!無駄なことが沢山!

そのようなちょっとした見直しを皆様にご紹介致します。

知らなきゃ損!家計を支える主婦の皆さんへ貯金節約術を大公開

関連記事:

知らなきゃ損!家計を支える主婦の皆さんへ貯金節約術を大公開

「今月も赤字だ…」とため息をついているママさんも少なくないのではないでし…

見直し策のご提案!

お金

それでは、ちょっとした私なりの見直し策をお教え致します!ご参考に!

1.洗い物には水!

家事

これによって我が家のガス代は1万円近く減少しました。この数字を見るとやめられません。冬はちょっと冷たいのですが、お湯より手が荒れません。

朝の洗顔も水にしました!目が覚めて肌が引き締まります。

2.家族で 一緒にお風呂に入る

風呂

毎日ではなく、主に休日。全員で入るわけではありません。同じ時間帯ということです。

でも、夫と私は一緒に入ります。お陰で夫婦仲は良くなり、ガス代も安くなり、一石二鳥。

一斉に入ることにより、追い炊きをしなくなるのでガス代節約になります!

3.コンセントやスイッチをすぐに抜く!

コンセント

電気のコンセント。

湯沸かし器のスイッチは用が済んだら、すぐに抜きます。付けたままにしておくと待機電力が発生してしまうそうです。

これも、些細なことですね。

4.炊飯器のスイッチをすぐに切る

ご飯

ご飯が炊けたらすぐにスイッチを切ります。

長い時間、保温状態にしておくと電気代も掛かりますが、ご飯が黄ばんでしまうので見栄えも良くないです。食べるたびに、電子レンジでチンの方が効率的です。

因みに我が家は朝、お弁当のために大目にご飯を炊き、夜までもたせます。

5.買い物で工夫!

買い物はネットスーパーを利用していましたが、最近は控えています。クレジットカード払いにしていたため、後での請求額に愕然としてしまうからです。

バスを使わず、少々離れている場所にも歩きで行きます。持ち運びが大変になるので、無駄買いをしなくて済みます。

それに運動にもなるので一石二鳥。また、閉店時間間際の店で割り引き品を買うのも工夫のひとつです。

6.ポイントカードを活用

ポイントカード

これは今や常識かもしれません。あらゆるお店で出ていますよね。ポイントがたまるとポイント買いができるのも嬉しいです。

食品、家電のみならず、化粧品もポイントを貯めています。

7.電子レンジの活用

電子レンジ

ほんの一人分、お湯を沸かしたいというときは電子レンジを使います。また、最近は電気ケトルも重宝です。これは一人暮らしをしていた次男のアイディアです。

このような電子レンジなどの活用は我が家のガス代節約に繋がりました。

食費の節約術大公開!今日からできるコツまとめ!

関連記事:

食費の節約術大公開!今日からできるコツまとめ!

ちまたでは増税するだのしないだの、値上げだのなんだの景気も回復しないの…

ちょっとした心がけで節約を!

家族

いかがでしたか?

このようなちょっとした心がけが節約に繋がりますよ。私の見直し策はまだ赤ちゃんや小さいお子様がいらっしゃる家庭では厳しいものもあるかと思いますので、臨機応変にご対応下さいね。

それでは、皆様、手は掛からないけど、お金が掛かる時期はまだまだと思っていても、すぐに来てしまいます。

そのXデーに備え、無理のない生活の工夫でお金を貯めましょう!誘惑やクレジットにはくれぐれもご注意を!

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!