子連れでも楽しめるディズニーランドのおすすめスポット7選

ママになっても東京ディズニーランドを楽しみたいですよね。でも、小さな子供と一緒だと混雑したテーマパークで疲れてグズグズしたり、食事も周りに迷惑が掛からないか心配。アトラクションはいつから乗れるの?オムツ替えや授乳室は?効率の良いまわり方は?子連れでも楽しめるおすすめスポットを写真付きでご紹介していきます。

子連れディズニーを満喫するために

東京ディズニーランドには、小さなお子さんが楽しめるスポットがたくさん。でも、子供と一緒だと人の多いテーマパークへお出かけするのも大変そう。

そこで今回は、子連れでぜひ行って欲しいスポットをお伝えしながら、気をつけたい点をみてみましょう。

1. 迷子になった時の備えをしよう

ディズニーランドは土日や祝日はもちろん、平日でも大勢の人で賑わいます。迷子にならないことが一番ですが、迷子になった時のことを想定して対策はしっかりしましょう。

ディズニーランドでは迷子の放送はしないそうなので、パーク内でもらえる「迷子シール」がおすすめです。

パパやママも、いざという時に焦らないように、迷子センターの場所を把握しておきましょう。

「迷子シール」とは?

迷子シールに子供の名前、年、親の携帯電話番号を記入し、その上から保護シールを貼って情報を隠します。

もし迷子になった場合、園内にいるキャストが保護シールを剥がして携帯に直接連絡をくれるというシステムになっています。

2. オムツ替えや授乳コーナーなどを事前にチェックしておこう

小さなお子様連れだと、オムツ替えや授乳が気になりますよね。赤ちゃんの食事やオムツ替え、授乳などに利用できるベビーセンターは、2箇所あるので事前にチェックしておきたいですね。

パーク入り口付近にある「ワールドバザール」とキャラクター達のお家がある「トウーンタウン」にありますよ。

3. 効率よく行動できるよう下調べは大切

プライオリティーシーティングは、対象のレストランで時間指定のカードを受け取って、その時間に行くと優先的にご案内してもらえるシステム。

まだじっと待ってられない小さな子連れには、嬉しいサービスですね。

ディズニーランドでお子様メニューの用意しているレストランは、11ヶ所あるので、行きたいレストランを事前にチェックしておくのがおすすめ。

低アレルゲンメニューもあるので、アレルギーのお子様には嬉しいですね。

食事をしながらショーを楽しめるサービスもあります

お子さんが小さくてアトラクションに乗れない分、食事の時間を充実させるのもいいですね。食事中にディズニーの仲間たちがテーブルに挨拶に来てくれるクリスタルパレス・レストランでの「ディズニーキャラクターブレックファスト」もおすすめです。

子供のぐずり対策にも◎。

食事をしながらショーが楽しめるレストランも2箇所あります。こちらでも食事中にキャラクターたちと記念撮影が出来ます。事前予約制なので、あらかじめモバイルサイトから予約しておきましょう。(場所:ポリネシアンテラス・レストラン、ザ・ダイヤモンドホースシュー)

アトラクションの待ち時間確認やファストパスの発見状況もチェックしよう

子供と一緒だと、アトラクションの待ち時間は特に気になりますよね。アトラクションの待ち時間やファストパスの発券状況をパーク内で調べる方法は、2つあります。

  • 「パークインフォメーションボード」をチェック
  • 「東京ディズニーリゾート・スマートフォンサイト」でチェック

まず1つ目は、ワールドバザールに設置されているので、ファストパスの発券状況も確認出来ます。2つ目は、事前にブックマークをしておけば、パークに着いてからスムーズに使用できて便利です。

ショーやパレードの開催予定時間も知ることが出来ます。パークに着いたらさっそくチェックして、効率良くまわりたいすね。

ディズニーeチケットを活用しよう!

子連れだと、並んでチケットを購入するのも大変です。そんなママに心強い味方の、「ディズニーeチケット」。インターネットで事前に購入可能で、並ばずに入園出来ます。

日付け指定券なら、入園保証もされているのも嬉しい!

子供と行きたいエリア別おすすめスポット7選

それでは子供とぜひ一緒に行きたいおすすめスポット7選をご紹介します☆

1. トゥーンタウン

ベビーセンターがあったり、キャラクターのお家など小さな子供向けアトラクションが多いので、子連れには嬉しいエリアです。

転んでも痛くない柔らかい素材で作られた「トゥーンパーク」もあるので、そこで遊ばせるのも楽しいです。

トゥーンタウン入口付近はパレードの最終ルートで、キャラクターがこちらを向いてくれるので、おすすめですよ。

また、トゥーンタウン奥にあるショップの「ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム」のシーズンごとに変わるカプセルトイは、ガチャガチャ好きの子供たち必見です。

ミッキーの家とミートミッキー

ディズニーランドに行ったら、ミッキーに一度は会いたいですね。こちらでは、ミッキーとの家族写真が撮れるので、記念にぜひ行きたいですね。

カメラマンにお願いをして、写真を購入することもできます、

2. ファンタジーランド

ディズニーランドの中心にあるファンタジーランド。「空飛ぶダンボ」や「ピーターパン空の旅」など、子供に人気アトラクションのたくさんあるエリア。

シンデレラ城をバックにぜひ記念写真を撮りたいですね。

その中でも、赤ちゃん連れでも楽しめるアトラクションと言えば、「イッツ・ア・スモールワールド」ではないでしょうか。

こちらは、1度にたくさんの人数が乗れるアトラクションなので、待ち時間が比較的少なくておすすめです。

クイーン・オブ・ハートのバンケットホール

『不思議の国のアリス』の世界に迷い込んだような気分が味わえる店内に、子供たちも喜んでくれること間違いなしです。

お好みの料理をトレーにのせてお会計するバフェテリア形式のレストランで、ゆったりとしたテーブル席。

可愛いケーキのデザートもあるので、お茶などの休憩に利用してもいいですね。

3. クリッターカントリー

『小動物の郷』がコンセプト。お子さんと歩きながら、色んな場所にある小さな動物のお家や足跡を見つけてみては、いかがでしょうか。

ベビーカーで入れるグランマ・サラのキッチン

店内にエレベーターがあって、ベビーカーで入っても安心。小動物の家があったりと、可愛らしい雰囲気が楽しめます。席数が多くて、食事をしながらゆっくりと休憩するのにおすすめです。

4. アドベンチャーランド

熱帯雨林が生い茂る冒険とロマンの世界が味わえるアドベンチャーランド。「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」や「カリブの海賊」など子供たちのわくわくを刺激するエリア。

蒸気機関車に乗って旅をする「ウェスタンリバー鉄道」は、3歳未満でも楽しめるアトラクション。アドベンチャーランド、クリッターカントリー、ウェスタンランドを1周出来ます。

魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ・“アロハ・エ・コモ・マイ!”

ハワイの鳥たちが繰り広げる魅惑のショーに、いたずら好きなスティッチが登場するシアタータイプのアトラクション。収容人数が多いので待ち時間が比較的少なく、雨の日も安心。

子連れにおすすめなアトラクションです。

5. ウェスタンランド

西部開拓時代のアメリカをイメージしたウェスタンランド。探検したり身体を動かして遊ぶのが大好きなキッズたちにおすすめなエリア。

「カントリーベア・シアター」は、シアタータイプのアトラクションで、天候に左右されないのもポイント。

愛嬌のあるクマたちの演奏にお子さんも笑顔になることでしょう。カレーライスが食べられる「ハングリーベア・レストラン」は、スタッフが料理をのせたトレーを席まで運んでくれたりと、子連れに嬉しいサービスも。

トムソーヤ島いかだ

いかだに乗って島に渡り、探検するアトラクション。外遊びが大好きなお子さんでも、安心して遊ばせることが出来ます。

歩き始めの小さなお子さんから小学生まで、思う存分楽しめます。ここで遊んでいる姿をぜひ写真に収めて思い出に残しましょう♪

6. ワールドバザール

パーク入ってすぐにあるワールドバザールは、ベビーセンターや迷子センター、ベビーカーレンタルなど、子連れに嬉しい施設が揃っています。

たくさんお店が並んでいて、見ているだけでも楽しめますね。

その中でも、「ワールドバザール・コンフェクショナリー」(お菓子のお店)と「グランドエンポーリアム」(グッズのお店)は、パーク内最大の品揃えがあるお店です。

子連れだとゆっくり買い物の時間が取れませんよね。でも、この2店舗を押さえておけば、大丈夫。ただし、お土産を買うのは夕方までの早い時間がおすすめです。

夜のパレードが終わる時間帯から閉園までは、帰りにお土産を買おうとする人たちで、店内は大変混雑してるので子連れには要注意です。

子供のお昼寝中などに、ゆったりとした店内でショッピングを楽しみましょう。

トイ・ステーション

パーク内最大のおもちゃのお店。お子さんと1度は行ってみたいショップ。ディズニー仕様のトミカやプラレールなども手に入るのが嬉しい。

お土産にも喜ばれますね。

7. トゥモローランド

宇宙と未来の世界が楽しめるトゥモローランド。子供たちに人気の「モンスターズ・インク・“ライド&ゴーシーク”」や「グランドサーキット・レースウェイ」があるエリア。

2015年7月には、「スティッチ・エンカウンター」がオープンしましたね。

このエリアはファストパスのアトラクションが多いので、うまく活用して待ち時間を短縮させるのがおすすめです。

ちなみに、オープンから昼間の時間帯は混雑していますが、暗くなる時間帯には空いていることも多いので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

バズライトイヤーのアストロブラスター

映画「トイ・ストーリー」が好きなお子さんは多いですね。スペースクルーザーに乗って、光線銃で悪の帝王ザーグをやっつけるシューティングタイプのアトラクション。

子供とバズライトイヤーになりきって楽しみたいですね。

子供とディズニーランドを楽しもう!

いかがだったでしょうか。子連れディズニーで気をつけたいポイントを事前にチェックして、パーク内を効率良くまわれば、あとは楽しむだけですね!

エリアごとのおすすめスポットを参考にして、お子さんとディズニーランドで楽しい思い出をたくさん作りましょう。

「ディズニー」「子連れ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!