地震からのび太を庇う母の姿に涙…映画「新魔界大冒険」の親子愛シーンが話題に

家族での夕食時に大きな地震が来たら、あなたはどういう行動をとるべきか、考えたことはありますか?2016年3月3日に放送されたアメトーークで、「のび太のパパとママ芸人」が取り上げられました。そこで紹介された、映画「のび太の新魔界大冒険」で野比家のワンシーンで、ママとパパのとっさの行動が胸にグッとくると話題です。

アメトーークで話題になったドラえもん芸人

アメトーークで度々テーマになる、ドラえもん。
2016年3月3日には「のび太のパパ&ママ芸人」がオンエアされ、放送にインスパイアされたドラえもんファンの方が、とあるシーンをツイッターで紹介し、話題になりました。

その理由は、普段サブキャラクターとしてあまり触れられないママ・玉子さんの、親としての姿に共感が集まったためです。
あなたは、のび太のパパママのような行動が、地震が起きた時にとれるでしょうか?

いつも怒ってばかり…映画で見せたのび太ママの"母としての姿"

ツイッターで紹介されたのは、2007年公開の「映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~」。子どもだったらただのワンシーンに見えるかもしれませんが、親の気持ちがわかるようになった今観てみると、心にグッとくるものがあります。

突然の震災にママがとった行動は・・・

シーンは、家族との夕食を食べている場面。すると、大きな地震が起き、ビールが倒れ湯飲みが割れます。

玉子さんは素早くテーブルの下に入り、動転するのび太を必死に抱き、机の下にもぐります。
のび太は、湯飲みが落ちる間一髪のとこで隠れ、玉子さんに庇われます。

シーンとしては短いものの、家族の絆を描写する大事なワンシーン。
ドラえもんものび太と同様にかばうパパの背中も、涙を誘いますね。

このシーンに何を感じる?ネットでは感動の声

このシーンに対し、共感や感動のツイートが集まりました。
子どもの頃の視点とはまた違い、大人の視点でみるドラえもんは涙腺にきますね。

なかには、もうすぐあれから5年目を迎える、3.11を彷彿とする方もおり、誰にとっても印象深いシーンである模様。

年を重ねて味わい深くなるシーン

3.11を思い出す方も

この視点は女性ならでは?メガホンを取った女性監督

このシーンは、実は映画リメイク前の旧作や原作では、描かれていません。
家族の絆の描写を入れたのは、映画版ドラえもんで初の女性監督・寺本幸代さんでした。

彼女は女性ならではの感性を生かし、さりげなくもグッと胸にくる描写を取り入れています。
その感性が、今回の地震シーンを入れるきっかけとなりました。

(寺本幸代監督)
ドラえもんとのび太の関係を、映画の隠れた柱としてきちんと描きたいなと思っていました。 出典: doraeiga.com
(寺本幸代監督)
「心情や人と人の関係を丁寧に描くという部分で、『女性らしい』という評価がいただけたのかなと思っています」 出典: eiga.com

「新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たち」

あの日から5年。防災意識、大丈夫ですか?

ドラえもんのワンシーンで、3.11を思い出した方も多いのではないでしょうか。
一つの節目となる5年目は、もうすぐ。
いま一度防災を意識し、もしもの時に母親として玉子さんのように冷静な対応ができるか、練習や心構えを整えておきましょう。

ドラえもん

「ドラえもん」「映画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!