乙武さん今夏の参院選に出馬調整明かす

名著「五体不満足」で有名の乙武洋匡さんが、国政選挙に向けて自民党から擁立最終調整に入っていることが報道されました。これまで、教育現場に深く関わってきた彼が議員になって期待されるのは、やはり教育について。親としては見逃せません。今回は、3児の父でもある乙武さんの普段見られない、家庭エピソードをご紹介します。

乙武さんを自民党が擁立!

昨年3人目の子どもが誕生し、「五体不満足」でおなじみの、乙武洋匡(おとたけ ひろただ)さん。
2016年3月8日に、自民党から擁立され最終調整をしている段階であることが発表されました。

これまで小学校で3年間教鞭をとり、保育園の運営に参画、東京都教育委員として活動するなど、教育現場に深く関わってきた乙武さん。

彼が政界での活躍が期待されているのは、バリアフリーや教育について。
さらに、忙しい身でありながら三児の父でもある彼は、育児・夫婦関係で独自の考え方もある模様。
五体不満足のなかで経験した子育てエピソードについてご紹介します!

3人目も誕生!乙武さんの子育てエピソード

抱っこしてあげられない…人生初の"しんどさ"は育児だった

乙武さんは、五体不満足であってもそれを個性と捉え、「しんどい」と感じたことは今までなかったのだとか。乙武さんにとっての子育ては、人生で初めてしんどいものだったと語っています。

身体的に、抱っこや赤ちゃんの身の回りのお世話は困難。むしろ、わずか1歳の息子が乙武さんを助けることもありました。

「じつは、人生ではじめてしんどいと感じたんです。(略)子供ができて、抱っこしてあげられない、お風呂にも入れてあげられない、オムツも変えてあげられない、とってもしたくてしょうがないのに、どうしてもできないことがあるという現実を、生まれて初めて突きつけられたのです。情けなさと申し訳なさで、胸がいっぱいになりました」。 出典: fqmagazine.jp
「長男が1歳半くらいになったとき、僕がトイレに行こうとすると、よちよち歩きの彼が、僕のパンツを下ろしてくれました。最初は偶然かもしれないと思いました。でもさらに、僕がひげを剃ろうとすると、息子が電気シェーバーを持ってきて、自分で電源を入れて、僕のあごにあてがうんです。本人はどうもお手伝いをしている意識らしくて。驚きました。その時、子育ての本質に気づけたように思うんです」。 出典: fqmagazine.jp
「物理的に僕が子供にしてあげられることは限られています。でも、僕がこんな体だからこそ、息子は1歳半にして『手伝いたい、役に立ちたい』という感覚を身につけたのだと思います。 出典: fqmagazine.jp

子育ては、どう学びどう成長したかが本質

自分の子どもと触れ合うなかで乙武さんは子育ての本質に気づきました。
それは、子育ては親が子どもに「してあげること」よりも、子どもがあらゆるものから学び取るものが本質であること。

子どもはどんな事からでも学び、成長します。そのため子どもに何かしてあげられないことがあっても、誰でも親として子どもに学ぶ機会を提供することはできるのです。

子育てとは、親が子供に何かをしてあげたかが大事なのではなくて、子供がどう学び、どう成長したのか、その結果が大事なのだと気付いたのです。こんな体でも、父親として子供に伝えられることがあるのだと教えられたとき、やっと父親としての葛藤から解き放たれた気がします」。 出典: fqmagazine.jp
理想って、僕は前よりも後ろに位置していたらいいなと思ってるんです。理想が前にあると「こんなはずじゃなかった」と思っちゃうじゃないですか。それはプラスにならない。毎日お互いを思いやって精いっぱい生きた結果、後ろにできるものが理想。そういう夫婦でありたいと、結婚当初から意識していました。 出典: www.cyzowoman.com

「妻ほど子どもと一緒にいないから…」良い夫婦関係の秘訣は口出しの距離感

また、乙武さんは子どもがいても良い夫婦関係がつくれるように、気をつけることがあります。
それは、子育てで口出ししたい時、子どもと接する時間は妻より少ないことを念頭に置いて、あくまで参考意見として妻に言うこと。

夫が子育てについて意見すると、主婦である妻は「そうはいっても四六時中一緒にいるのは私だし、言葉通りできたら苦労しないわよ」と感じると思うんですね。だから、何か言う時は「僕はあなたほど子どもと一緒にいるわけではないから何を言っても理想論かもしれないけど、少し距離がある人間だからこそ見えるものもあると思うから、参考意見として聞いてもらえたら」という言い方をするように心がけています。 出典: www.cyzowoman.com
男性はプライドを捨てた方がいいですね。だいたい女性が言うことの方が正しいことが多いんですよ(笑)。 出典: www.cyzowoman.com

今年7月が投票日予定!

投票

乙武さんは直接的な育児はできないものの、自分なりの父親の背中を見せて、子どもを育てていますね。
彼の考え方からは、私たちも学べるものがありそう。

2016年7月に予定される国政選挙。
来る投票に備え、子育て家族として誰に投票したいか、自分の地域から出馬する人物もチェックしてみてくださいね。

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!