牛乳パックをリメイクして子供のおもちゃを作ろう!車や積み木などかわいいアイデア10選

どの家庭でも必ず出るゴミとも言える牛乳やジュースが入っていた紙パック。飲み終われば家庭で捨てたり、またはリサイクルに出したりが一般的だと思います。しかし、このパックで実は子供が喜ぶ様々なものにリメイクできちゃうんです。そんなリメイクのアイディアをご紹介します。これを見れば捨ててしまうのが勿体なくなりますよ。

牛乳パックをリメイク

皆さんは普段、牛乳やジュースの紙パックが空になったらどうしていますか?恐らくそのまま捨ててしまったり、スーパーなどのリサイクルに出している方がほとんどだと思います。

しかしこの空きパック、工夫次第で様々な子供が喜ぶあるものにリメイクすることができるんです。紙パックでできているとは思えないほどのリメイクアイディアをご紹介したいと思います。

リメイク前の下準備

作品を作る前の下準備。しっかり洗って、乾かしてから作品作りを始めましょう。

1. 牛乳パックを洗う

牛乳パックをリメイクする際に特に気になるのは、牛乳独特の匂いではないでしょうか。飲み終わったパックは、水道水を入れてしっかりと振り洗いします。

洗い終えたら、パックに水を一杯に入れてしばらく放置します。それでも匂いが気になるときは、食器用洗剤で洗いましょう。

乾かすときは注ぎ口だった方を下にして伏せて乾かします。

まだ匂いが気になるときは、時間はかかりますが外の風に当てたり、アルコールを含ませた布で内面を拭くと良いそうです。

2. 牛乳パックを切り開く

作りたいものに合わせてパックを切り開きます。カッターナイフやハサミできる方法の他に、包丁でも綺麗に切り開くことができます。

この時、刃物で怪我をしないように気を付けてくださいね。

牛乳パックのリメイク作品をご紹介♡

実際に牛乳パックはどのような作品にリメイクされているのでしょうか。

様々な作品をご紹介します。

1. 絵合わせが楽しいキューブパズル♡

牛乳パックで絵合わせが楽しいパズルを作ったそうです。コロコロ回す度に違う絵が現れてとっても楽しいですね。

まだパズルが難しいお子さんは、積み上げて遊ぶこともできます。

2. かっこいいバイクに変身!

かっこいいバイクは男の子の憧れではないでしょうか。青い車体に赤いハンドルが素敵ですね。こちらのバイク、キャスターが付いていて、跨がって自由に移動ができちゃいます。

バイクに跨がるやんちゃな笑顔が浮かびます。

3,仲良し二台のトラック♡

カラフルなトラック。こちらも実際に乗れちゃうそうです。女の子用はリボンやハートが付いて可愛いですね。

牛乳パックは30個使用し、装飾はガムテープと色紙でされています。

4. カラフルな電車♡

とても可愛らしい電車です。いろんな色でたくさん作りたくなりますね。

電車どうしを連結させるのも楽しそうです。

5. かっこいい!立体駐車場

牛乳パックが二階建ての立体駐車場に!!

お気に入りの車を駐車させて楽しんでくれそうですね。

6. 家の中に手作り滑り台♡

公園の遊具の中でも、滑り台は子供たちに大人気ですよね。こちらももちろん牛乳パックで作られています。

部屋の中でも滑り台で遊べるなんて子供さんとっても嬉しいでしょうね。

7. お口ぱくぱく!パペット人形♡

形を切って、折り紙を貼って、顔を書いたらパペット人形のできあがり。

好きな動物やキャラクターのパペット人形を作ってみたいですね。

8. カラフルさといろんな形が楽しい積み木♡

大きさも色もたくさんあって、とても楽しいポップな積み木の出来上がり。

柄のある色紙を貼ったり、自分で絵を描いたりしても楽しい作品になりそうですね。

9. 美味しいお料理を作ってね♡

牛乳パックが、こんなにおしゃれな可愛いキッチンになりました。

小さなママは、このキッチンでどんなご馳走を作ってくれるのか楽しみですね。

10. お片付けも頑張ろう♡手作り本棚!

取り出しやすく片付けもしやすい本棚です。小さな子でも、お気に入りの本が一目でどこにあるかわかりますね。

こんな可愛い形の本棚ならば、お片付けもきちんとできそうです。

子供が喜ぶ牛乳パックリメイクに挑戦しよう

今まで捨ててしまっていた牛乳パックが、様々なアイディアによってリメイクされていましたね。

パックの中に新聞紙を詰めたり、テープなどでしっかりと補強すれば、意外と強度ばっちりの作品に仕上げることができるようです。

空いた紙パック、これからは捨てずに置いておいて、リメイクに挑戦してみてはいかがでしょうか。

「おもちゃ」「牛乳パック」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!