産婦人科口コミ!帝京大学医学部附属病院産婦人科(東京都板橋区)の体験談

意外にも、小規模~大規模までいろいろな有名産婦人科がならぶ板橋区。そのなかでも、大規模ながら地元密着感もただよう総合病院、通称「帝京病院」。MFICU、NICUはもちろん、全ての科がそろっているので、万全な体制で臨みたい方にとてもおすすめの病院です。利用歴33年、地元民ならではの視点でご紹介します。

さまざまな出産に幅広く対応!

地元では、リスクが高くない通常分娩の出産に多く利用されているのはもちろん、総合周産期母子医療センターとして、ハイリスク妊娠にも24時間体制で対応しています。

助産師さんの外来、母親(両親)学級、夫立ち会い分娩可能など、幅広く対応しています。

基本情報

  • 住所:〒173-8606 東京都板橋区加賀2-11-1
  • アクセス:JR埼京線 十条駅(徒歩10分)、都営地下鉄三田線 板橋本町駅(徒歩13分)、JR埼京線板橋駅よりバス「帝京大学病院前」下車
  • TEL :03-3964-1211
  • 外来受付時間(予約初診の場合):平日8:30~14:30、土曜日8:30~11:30

帝京大学医学部付属病院産婦人科 公式サイト

総合病院の産科ってどんな雰囲気?

病院

普段、自分のカゼくらいではなかなか掛かる機会の少ない総合病院。敷居が高いのでは?特殊な妊娠でないとかかれないのでは?と不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

実際診察を受けて感じたことをまとめてみました。

診察について

初期は婦人科、中期ごろから産科での診察となります。妊娠が確定すると、表紙に予定日が書かれた冊子を先生からいただけます。

診察や母親学級の際は、常にその冊子を持参し、必要時にそれを使って今後の検査の説明を受けたり、日常生活で気を付けること、出産してからのケアなどの説明を受けます。

毎回の流れは、まずは問診があり、別室で内診・エコーなどを受けます。産科に移ってからの方が、和やかで、ゆったりと診察を受けられ、先生からの診察のあと、必ず助産師さんとの問診があり、細かな体調の変化のチェックや、今後の流れなどの説明があります。

子連れの診察は積極的には推奨されていませんが、産科には、育児雑誌のほか、絵本もいくつかおいてあり、子連れで診察を受けている妊婦さんもよく見かけました。

私自身も、2人目の妊娠中は連れて行くこともありましたが、先生も助産師さんも優しく迎えてくださいました。

帝京大学医学部附属病院のメリットは?

病院

ほかの病院とよく比較するポイントを中心にまとめてみました。

  • あらゆる分娩の経験値が高く、何が起きても安心
  • 先生はもちろん、看護師・助産師さんの数が多く、対応が早い(入院時)
  • 大病院なので検査機器がハイレベル・衛生管理が徹底している
  • 建て替えられて数年のため、全体的にとてもキレイ
  • 立ち合い出産が可能(普通分娩のみ)
  • 母子別室のため、夜間は心身を休めることができる
  • 母親学級がしっかり組み込まれている
  • コンビニ・コーヒーショップなどの店舗が複数あり充実している

一言でいうなら「大病院の安心感」です。また、大病院特有の緊張感が走っている雰囲気もなく、広々として穏やかな雰囲気なので、リラックスして通院・入院ができます。

そういった雰囲気のためか、実は近年のテレビドラマのロケ地としても多数使われています。

デメリットを挙げるとすると?

病院

安全面重視の方にはおすすめですが、その他のこだわりがある方にはデメリットに感じることもあるかもしれません。

  • 基本的には無痛分娩などの対応がない
  • 助産師さん、看護師さんが多数で、時間のシフトごとにどんどん入れ替わる
  • 母子別室
  • 母親以外は退院時までガラス越し面会のみ(面会時間も短い)
  • 診察の待ち時間が長い
  • ごはんが質素(1食のみお祝い膳あり)
  • 大学病院なので学生や研修医が付いていることが多い(断ることも可能)

最近は、ラグジュアリーな雰囲気で出産したい、なるべく自然な形で出産したい、母子同室がいい…等、多様な選択肢があるので、なにかしらこだわりがある方にとっては思い通りにならないと感じるところがあるかもしれません。

仁寿会荘病院産婦人科(東京都板橋区)での出産体験談と口コミ

関連記事:

仁寿会荘病院産婦人科(東京都板橋区)での出産体験談と口コミ

ここでは私の医療法人財団荘病院産婦人科(東京都板橋区)での体験談をもと…

帝王切開も安心!私の体験談

手術

長男・次男とも本当に安心して出産ができた体験談を紹介します。

直前まで普通分娩にトライしたものの・・・

長男は児頭骨盤不均衡の疑いで、予定日前日に投薬で陣痛をつけてみましたが、まったく降りてくる気配がなく、結局予定日当日に帝王切開となりました。

自然分娩ができるのか、帝王切開になってしまうのか、という不安のなかではありましたが、主治医の先生だけでなく、チームのいろいろな先生が細かく様子を見にいらしたり、看護師さんが優しく接してくださいました。大病院でありながら、妊婦に寄り添う体制が整っていてとてもありがたかったです。

切り替えの早さはさすが総合病院!

よく体験談で、いざ陣痛が来たら実は頭が大きくて出てこず、上から先生にぎゅうぎゅう押されて超難産だった…とか、尾骨が折れて激痛の中赤ちゃんのお世話を泣きながらやった…など、恐ろしいお話を耳にします。

私の場合は、事前に帝王切開になるかもしれないと説明を受けていたので、いざ切り替わったときも、落ち着いてオペに臨むことができましたし、必要以上に母体・赤ちゃんに負担をかけることなく出産できたのが何よりだと思っています。

また、次男を妊娠した際も、前回のスタッフの方々がよく覚えていてくださり、長男を連れて検診に行っても親身になってサポートしてくださったので、その点もありがたかったです。

手術室は意外と・・・

手術室はドラマに出てくるような設備に加え、音楽が流れていて意外にも穏やかな雰囲気でした。長男出産のときには、あまりにも大きくて手術室で笑いが起こったほどで、チーム医療の雰囲気のよさを肌で感じたことをよく覚えています。

あえてひとつ挙げるとするなら、主治医の先生が若手に講義しながら進んでいったため、少し時間が長く感じたのが気になったところでしょうか。

ただこれは事前に承諾書があり、若手育成に協力するかどうか選ぶことができるので、あまり気が進まない方はその旨を伝えれば大丈夫たと思います。

産んだ後も万全のフォロー体制

帝王切開後は当然ながらお腹を切っていますので、すぐには赤ちゃんに面会にはいけませんでした。会えたのは次の日で、気持ちははやるのですがいざ新生児室までいこうとすると、貧血でベッドから起きれず、結局3回目のチャレンジでようやく新生児室までたどりつけました。

母子別室は、いろいろな考え方があるようですが、個人的には次男出産の際は特に、長男の育児をしながらの妊娠で心身ともに疲れ果てていたので、退院までのわずがな休息の時間でとても有意義でした。

ゆっくり体を休めたり、友人とメールをしたり、雑誌を読んだり…と、自分だけに使える時間がうれしかったです。

新生児室のスタッフの皆様は、明るく優しく、また、本当に子供を大事に考えてくださる姿勢がよく伝わってきました。

衛生管理も徹底していますし、セキュリティのしっかりしていますので、別室でも安心して赤ちゃんをお任せできました。

他の妊婦さんの口コミ紹介

赤ちゃん

先生方は妊婦健診の時も毎回丁寧に診てくださり、疑問点や不安な点にはきちんと納得いくまで答えてくださいました。 事務のスタッフの方も感じが良かったです。 入院中は看護師さんや助産師さんたちに大変お世話になりました。皆さんが巡回の時などに励ましてくださったり声をかけてくださったりしたので、長期入院も乗り越えることができたと思います。 出典: mamari.jp

病院スタッフの方々の対応一つで、心の状態が変わりますよね。

看護師さんや助産師さんだけではなく、事務スタッフの対応まで親切なのは、心が不安定になりがちな妊婦さんにはとても心強いです。

退院する時、婦長さんの「よく頑張ったね」という何気ない一言で、今までの不安とかギリギリまで職場に通って大変だったこととか色々思い出し、涙が溢れました。 出典: mamari.jp

総合病院ながら、不安でいっぱいの妊婦さんの気持ちを和らげる心配りがうれしいですよね。医療レベルはもちろんのこと、こういったソフト面でもサポートがしっかりしていて安心です。

助産院で出産したい!(関東編)

関連記事:

助産院で出産したい!(関東編)

自由な出産スタイルを選べることから注目を浴びている助産院。様々な先生が…

産科選びは自分の性格を重視しましょう!

ママ友

いかがでしたか?帝京病院の雰囲気が少しはつかめたでしょうか?

帝京病院は、建て替えられてからまだ数年で口コミが少なく、検索をかけると総合周産期母子医療センターとしてやや重い内容の口コミが多いので、少し迷われる方も正直いらっしゃると思います。しかし実際は上述したとおり、普通分娩でも広く地元民~遠方の方まで利用されていますので、その点は安心していいと思います。

私はもともと3歳から帝京病院にお世話になっていますし、またサバサバとした性格なので、帝京病院で満足して出産できましたが、アットホームな雰囲気を臨まれる方にとっては少し不安もあるかもしれません。

産科選びは何を重視するか、特に初産では迷うことも多いと思いますが、命を最優先に考える方や心配性の方であれば総合病院、ソフト面や精神的な安らぎを重視するのであれば産院、といったように、ご自身の性格にあった産科を選ばれるといいと思います。

個人的には、設備、医師ともに大変おすすめの産科ですので、この記事で少しでも産科選びのお手伝いができればうれしいです。

「帝京大学医学部附属病院産婦人科」「口コミ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!