いろんなことがあったけど、紗栄子さんはいつも子供たちとHAPPYを共有しているんです

メジャーリーガーであるダルビッシュ有選手との離婚、下着メーカーでの大胆なCM、恋人との熱愛などでよくニュースになる紗栄子さん。そんな彼女は2人の男の子のママでもあります。一時は育児をないがしろにして遊んでいるなんて報道もありましたが、彼女のインスタやブログを見ているとお子さんとの時間を大切にし、HAPPYが溢れていることがうかがえます。

紗栄子さんってどんな人?

まずは紗栄子さんについて知っておきましょう。

プロフィール

  • 1986年11月16日生まれ
  • 宮崎県出身
  • 2001年デビュー
  • 2007年ダルビッシュ有投手と結婚
  • 2008年長男を出産
  • 2010年次男を出産
  • 2012年ダルビッシュ有投手と離婚が成立

紗栄子さんと言えば独特の声でドラマなどで活躍していましたが、人気真っ最中の中で、当時日本ハムファイターズの投手だったダルビッシュ有さんとの結婚。

このニュースはお茶の間を賑わしましたよね!

紗栄子のイメージが変わる?息子さんたちとの日常が溢れるインスタグラム

離婚をして、シングルマザーになった紗栄子さんですが、そんな紗栄子さんと息子さんたちとの絆がインスタグラムの中に溢れているんです。

そんなほっこりするショットをインスタグラムから紹介します。

どんなに多忙でも家族サービスは忘れない

紗栄子さんと言えば、最近は雑誌でのお仕事をメインにされているようで、様々な雑誌の表紙を飾っておられます。

そんな多忙な彼女ですが、息子さんたちとたくさん色々なところに遊びに行っていますよ。

息子さんたちが行きたい場所に行きます!

こちらは池袋の「J WORLD」。息子さんたちがドラゴンボールにはまっているそうです☆

息子さんの話題についていくためにしっかりお勉強も☆

息子さんとの話題を作るためにしっかりとお勉強している紗栄子さん。息子さんがはまっている漫画もチェックしています。

「ママの仕事」をしっかり理解している息子たち

撮影スポットで長男くんを撮っていたら、長男くんが一言。
「ブログの撮ってあげる。」 出典: instagram.com

ママがどういうことをお仕事にしているのか理解して気遣ってくれる長男くん。

なんだか親子しっかり助け合って、理解し、コミュニケーションがとれているんだなって、ほっこりしちゃう☆

ふざけるママが可愛すぎる☆

こんなおちゃめな一面も。すごくいいママなんだろうなって想像できちゃいますね♪

息子さんのお誕生日には、生まれた日を思い返してみる。

こちらは息子さんのお誕生日の時のもの。息子さんの好物の白ご飯を土鍋で炊きながら、生まれたときのことを思い返して1日が始まったという内容。

同じママという立場だから私までこみ上げてくるものがありました。

これまでの苦労がうかがえる1枚。

愛しい愛しい息子達。
最近の私達は、HAPPYの共有がとてもうまく出来ている。 出典: instagram.com

息子さんたちもある程度大きくなって、しっかりと意思の疎通ができるようになった喜びか、はたまた離婚などの色々な環境の変化があって、やっと落ち着くことができた安堵感かは分かりませんが

息子さん達との関係がすごく良い状態であることが分かります。

母親なんだなという一面。

どうしても母親であるイメージができない紗栄子さん。

そんな彼女の母親な一面が垣間見えるこちらの写真は、クリスマス前に息子さんの通園バッグに雪だるまを付けたという物。

季節やイベントを楽しむことを忘れない素敵なお母さんなんだなって思いました。

今の彼に息子さんたちにも紹介済み!?みんなで旅行しているような写真も!!

今お付き合いされている方と息子さんたちと旅行に行っていると思われる写真もアップしています。ちなみにこちらは「NASA」だそう!!

息子さんに隠し事はなし??ママの全てをオープンにしている素敵な関係♪

彼氏も紹介して一緒に過ごす。隠さず共に過ごしていくというスタンスでいるから、息子さんたちとの絆がいっそう深くなっているのでしょうね♪

色んなことを乗り越えてきたから深い絆ができたんですね☆

インスタグラムを見れば、紗栄子さんと息子さんとの深い絆がすごくわかりますよね!!

本当に紗栄子さんは女としてもママとしても抜かりなく、見習わなければならないところがたくさんあります☆

「子供」「紗栄子」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!