マスクを付けたら妖怪に!?この春はインスタで#初めてのマスク デビュー♡

花粉や風邪の予防に良いマスクには、1歳から付けられるサイズもあります。小さなマスクを身につけた子供たちや赤ちゃんたちが見られる、インスタグラムのハッシュタグ「#はじめてのマスク」から、一押しのショットをご紹介♡貴方のお子さんなら、マスク美人とマスクグラス、どちらになるか試してみてください!

赤ちゃんも花粉予防!1歳から付けられるマスク

風邪やインフルエンザの予防、花粉、PM2.5などから空気をシャットダウンしてくれるマスク。
今の時期は、お子様にとって花粉症の予防にも効果的です♡

そんなマスクに、赤ちゃんやキッズサイズがあることをご存知でしょうか?
マスクをつけると鼻や口が隠れて美人に見えるのは、大人だけではありません。
キッズたちがマスクを着けると、まつ毛が長くぱっちりとした目が強調される効果で、マスク美人に変身します♡

なんて可愛さ…!インスタ #初めてのマスク に悶える♡

インスタグラムのハッシュタグ「#初めてのマスク」には、可愛らしいマスクキッズ&ベビーたちの姿が投稿されています♡
こちらの写真たちを見たら、貴方も我が子にマスクを付けたくなるかも?

大きいお目目が溢れそうな「美人マスク」♡

ちょっとオーバーサイズのマスクから覗く、大きな目。
キュートさが押し出された写真が、たまりません♡

赤ちゃん用マスクなら、ジャストフィット!

0歳児さん達も…♡

1歳からのマスクは0歳にとってまだ少し大きいですが、付けられなくはありません。

マスクいっぱいにミッフィの顔が描かれたマスクも♡
ミッフィもお子さんの表情も、愛らしくてマスクが欲しくなってしまいますね。

惜しい!付け方を間違えた「マスクグラス」たち

インスタでは、まだちょっと大きなマスクを、まるでサングラスの様に着けた「マスクグラス」な子達の写真も♡
しっかり目が隠れて、顔が見えません。
しかし落ち着くのか、どこかしっくりしている模様。
そんなおもしろ可愛いマスクグラスさんたちの写真もご紹介します♡

6ヶ月児のマスクの付け方

生後6ヶ月のベビーがマスクをつけると、この通り。
少し下がった眉が愛らしく、シュールで面白い1枚です。

「眩しいから」マスクをサングラス代わりに

こちらの4歳さんは、日差しが眩しくてサングラスのように使った模様。
これでは前が見えなくて、遊べないですね。

口だけは見せる派♡

5歳のおにいちゃんも、マスクでおふざけ。
なぜか椅子の間に座っているのは、前が見えないからかも?

妖怪 一つ目小僧!?

マスクに目のイラストを描けば、まるで妖怪に変身!
これをすると、笑いが止まらなくなってしまうそう。

とっても可愛い妖怪ですね♡

赤ちゃん用&子供用マスク

はじめてのマスク(ピジョン)

ベビーアイテムでおなじみのpigeonから発売されている、「はじめてのマスク」は1歳6ヶ月から使える小ささ。
立体ドーム型になっており、息がしやすいタイプです。
マスクにはクマのイラストが刻印されていて、可愛さも◎。

◆価格
460円+税(3枚入り)

ワンワン&うーたんマスク(BANDAI)

ちびっこ達が大好きな、Eテレ「いないいないばあっ!」のワンワンとうーたんのマスク。
2歳前後のサイズ感な、不織布マスクです。
主に薬局で販売しており、2人のイラストが可愛いです♡

◆価格
200円+税(3枚入り)

アンパンマンマスク(BANDAI)

アンパンマン好きっ子にはこちら。
2歳~4歳に合ったサイズで、口元に空間ができる立体構造です。
マスクが必要じゃない時でも付けたくなってしまいそうですね。

◆価格
250円+税

マスクが危険になる場合も…付け方に気をつけて!

赤ちゃんは何かが顔についていると気持ちが悪いので手で取ってしまいます。マスクにはゴムがついていますが、動いてずれてしまったり、呼吸のじゃまをして苦しくなることもあります。

苦しくなっても上手に取れなければ、窒息してしまうかもしれません。早くても使い方が理解できる1歳以上で使うようにしましょう。

また、寝るときには呼吸困難になることもあるので必ず外してください。

可愛く面白く花粉や風邪予防♡

赤ちゃん達がマスクを付けると、魅力がアップしますね♡
赤ちゃんの花粉症予防に、小さい今のうちからマスクに慣れておくといいかも。

貴方のお子さんもぜひマスクにトライして、インスタグラムの「#初めてのマスク」に投稿してみてくださいね♡

「インスタ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!