家族で行きたい!2016年開催のプラレール博を親子で楽しむためのお役立ち情報♡

子供、特に男の子は乗り物系は大好きですよね!そんな子供と一度は行ってみたいのがプラレール博です。毎年、全国各地で行われていて大盛況のプラレール博。今年は、GW期間中に岡山と東京での開催が既に決まっています。そこで、今年プラレール博へ遊びに行く計画を立てる上でのお役立ち情報を、昨年初めてプラレール博に参加した私がご紹介したいと思います。

子連れ初!プラレール博

我が家が初めてプラレール博に行ったのは、昨年2015年の8月に札幌で開催されたプラレール博でした。私の子供は生後7ヶ月半だったんですが、一緒に行った友達家族のお子さんは4歳と1歳でした。

2家族で小さい子供が3人だったので、途中で飽きたらどうしようとか、泣きわめいたらどうしようとか思っていたんですが、3人とも男の子で乗り物に興味があるせいか、親たちの心配をよそにとっても楽しんでくれました。

私たちが行ったのは、混雑を避けて最終日に行ったのですが、思ってたよりも混んでいなくて良かったですよ。

プラレール博で注意したほうがいいところ

実際にプラレール博に行ってみて、注意したほうがいいかもと思った点をご紹介します。今年参加してみようと思われているパパさんママさん参考にしてみてください。

1.最終日は混まない反面…

最終日が混まないとは言い切れないんですが、混まなくて良かったなと思う反面、場合によっては欲しいものがすでに売り切れていて買えないなんてこともありました。

もしお目当てのものが決まっていて絶対欲しいという場合には、早めに行かれることをお勧めします。

2.子供のぐずり対策はしていったほうがいいです!

うちはたまたま今回するすると回れたこともありぐずりませんでしたが、これが混んでいて待たなきゃいけないような状況だったら、多分、お子さんの中にはご機嫌斜めになる子が出てくるのは間違いと思います。

お子様せんべいやボーロなど、ぐずった時にさっとあげられるように用意していくとママもいざという時、安心だと思いますよ。

3.飲み物は持参すべし

夏の時期の開催だったこともあり、何かと喉が渇きました。

親も子供も。なので、荷物にはなってしまいますが、水分補給をこまめにできるように飲み物は用意していった方がいいんじゃないかなと思いました。

プラレール博を効率よく楽しむコツ

プラレール博は混雑の中でも楽しく、沢山遊べるかがポイントかと思います。

そこで他の地域では必ずしも当てはまることが少ないかもしれませんか、札幌会場で経験したことを参考にまとめてみたいと思います。

1.有料のアトラクションゾーンで楽しむコーナーを事前に決めておくべし!

すでに数回プラレール博に参加している友達から、アトラクションゾーンはチケットを購入して遊ぶエリアで、かなり待ち時間があるコーナーもあると聞いていました。

あらかじめ、「今回はこのコーナーに行く」など優先順位をつけておいたほうがいいと教えてもらいました。

確かに、会場には子供が興味のありそうなコーナーがたくさんあるので、今回絶対行くコーナーを決めておいて、時間に余裕があったらその他のコーナーにも行くというような感じにしておいたほうが周りやすいような気がしました。

2.会場には渋滞のない地下鉄を利用して開場時間前に行くように♪車の場合も早めに会場へ行くべし

2015年のプラレール博inSAPPOROは、札幌市白石区というところにある札幌コンベンションセンターが会場でした。少し歩きますが、地下鉄東西線東札幌駅があるので交通の便はいいかと思います。

車で移動するのがホントは楽なんですが、駐車場が混雑することを想定して、私たちは地下鉄を利用しました。もしも車で会場に行かれる方は、午前中の早い時間目がけて動かれた方がいいのではないかと思います。

3.チケットは前売り券で事前購入しておくべし

行ったらすぐに会場の中に行けるようにチケットは前もって前売り券を購入しておくといいと思います。

当日券買うので並んで…は子供がぐずりだしかねません。

4.アトラクションゾーンでは大人は役割分担すべし

アトラクションゾーンは有料で、それぞれのコーナーで遊ぶにはプレイチケットというものが必要です。遊ぶ前にはチケットを事前に買って、アトラクションに並ばなければなりません。

アトラクションの待ち時間案内のボードがあるので、その待ち時間を参考にしつつ、後は混雑具合を見て大人が何人かいる場合には、1人の大人(例えば、ママ)と子供たちは待ちの列に並んで、もう一人(例えば、パパ)がチケットを購入するという連携プレイも大事です。

5.スタンプラリー帳も購入しておくべし!

プラレール博の時は、スタンプラリー帳も購入しておきましょう!何故かというと、スタンプラリーでスタンプを全部集めたらご褒美がもらえるからなんです!

せっかく会場を回るんですし、ご褒美ももらえちゃうならいかがですか?

6.再入場できちゃうので、会場の外でご飯を食べてまた入場してもOK

会場で困ることの一つが食事タイムだと思うんですが、プラレール博でも飲食できるところはありますが、大概混んでいます。

プラレール博は再入場できるので、もし、飲食スペースが混み合っていたら、一旦退場して会場近くで食事をして再入場して時間のロスを少なくする工夫も必要です。

7.グッズを買うタイミングは遊び終わった最後にすべし!

混雑具合にもよるのかもしれませんが、アトラクションの途中にグッズを買いに移動するというのは子連れだと身軽ではないのでなかなか難しいです。

また、なるべく遊ぶうちは親も荷物は増やしたくないです。

なので、アトラクションで子供が十分に遊び終わってから、プラレールマーケットに行くというのが楽な気がします。

中には、プラレール博限定でしか販売されていないプラレール車両もあったりするので、どうしても欲しいプラレールがある時はアトラクションゾーンの時のように大人の連携プレイで、遊び担当・買い物担当に分かれてもいいかもしれませんね。

2016年のプラレール博情報♡

今年も現時点でプラレール博の開催が2か所決定しています♡

どこで行われるのか、また、おすすめポイントなどをご紹介しましょう♪

どちらもGW期間中の開催になるので、混雑する可能性が高いです。プラレール博に行くことを予定しているパパママは事前対策しっかりしてお出かけ準備しましょうね!

1.プラレール博inOKAYAMA~みんなのまちへプラレールが大集合!!~

イベント情報

  • 開催日:4月28日(木)~5月8日(日)の11日間
  • 開催時間:10:00~17:00(最終入場は16:30)
  • 会場:コンベックス岡山 〒701-0165 岡山市北区大内田675
  • 料金:前売券 大人(中学生以上)700円、子ども(3歳~小学生)500円、 当日券 大人(中学生以上)900円、子ども(3歳~小学生)700円

見どころ

プラレール博といえば、ジオラマタウン!岡山の会場でも巨大ジオラマタウンが展示されていますよ!

また、エンジョイタウンでは、コンテナに荷物を積んだり、D51200号機蒸気機関車と一緒に不思議な写真を撮ることができちゃいます。

子供だけじゃなくてパパもママも一緒になって楽しめますよ♪

また、有料にはなりますが、アトラクションゾーンでは大きなプラレールに乗れたり、新登場のプラレールサイコロコロコロやプラレールあみだくじ、プラレール釣りなどが楽しめます。

時間を忘れちゃうくらい思いっきり家族で楽しめちゃうコーナーが盛りだくさんですよ!

プラレール博inOKAYAMA

2. プラレール博inTOKYO~ひろがる!新幹線×プラレールワールド!!~

イベント情報

  • 開催日:5月3日(火・祝)~5月8日(日)の6日間
  • 開催時間:10:00~17:00(最終入場は16:30)
  • 会場:幕張メッセ国際展示場9・10ホール 〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
  • 料金:前売券 大人(中学生以上)900円、子ども(3歳~小学生)700円、 当日券 大人(中学生以上)1,000円、子ども(3歳~小学生)800円

見どころ

岡山で行われているプラレール博と日程が重なっているせいか、HPを見る限り岡山よりもちょっと内容が落ち着いているような印象です。

東京会場では今年の3月開業の北海道新幹線や北陸新幹線など新幹線をいっぱい見ることができるコンセプトのようです。

もちろん、東京会場でも巨大なジオラマタウンは登場しますよ!その他、有料のアトラクションゾーンでは、プラレール組立工房のりのりプラレールや、「乗ろうよ!大きなプラレール」で楽しむことができます!

プラレール博inTOKYO

カフェ・プラたく!プラレール好き集まれ! 施設紹介

関連記事:

カフェ・プラたく!プラレール好き集まれ! 施設紹介

プラレール好きなら1度は行ってみたい!プラレールを堪能できるカフェについ…

プラレール博を親子でたくさん楽しんじゃおう♪

鉄道ファンは勿論のこと、乗り物に興味を持ち始めたお子さんなら、プラレール博は会場に入った瞬間から楽しむことができると思います!

ただ、会場は混雑してることがほとんどなので、子供のぐずり対策や効率的にコーナーを回れるように事前にパパママでシミュレーションして対策を練って、家族でプラレール博を楽しんじゃいましょう♪

「2016」「プラレール博」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!