学校選びに加えたい!インターナショナルスクールとは?メリットや入学条件など

近年インターナショナルスクールを、子供の学校選びに加える親御さんが増えています。グローバル化が進む中、英語力や広い視野を身につけるなどの点でインターナショナルスクールは魅力的です。こちらでは、インターナショナルスクールについてそのメリットや入学に必要な条件、学費などについて詳しく説明します。

選択肢に加える人が急増中?!インターナショナルスクールってどうなの?

近年、有名タレントが子供を入学させたり何かと話題に上ることが多くなったインターナショナルスクール。

日本にありながら、多くの国の子供と一緒に学ぶことができ、英語も身につけられるということで子供の学校選びの選択肢に加える人が増えています。

グローバル化が今後ますます進んでいくと、インターナショナルスクールに子供を通わせたいという親も今以上に増えていくかもしれません。

インターナショナルスクールってどんな学校?

学校

実は、日本には「インターナショナルスクール」のはっきりとした定義はありません。多くの場合、日本に住んでいる外国籍の子供のための教育施設のことをインターナショナルスクールと呼んでいます。

世界各国の子供が通うことが前提とされているため、インターナショナルスクールで使われる言語は英語です。

現在では日本国籍を持つ子供が入学することのできるスクールも増えています。

義務教育の履修対象ではない

義務教育

インターナショナルスクールは教育施設ではあるものの、日本の「学校」とは異なる位置づけです。

「各種学校」として都道府県の認可を受けているスクールもありますが、そうでないスクールもあります。いずれの場合も、日本の学習指導要領とは異なる、国際的なプログラムを取り入れた教育を行っています。

この場合、日本の義務教育を受けたことにはならず、中卒の資格がもらえないために日本の公立高校を受験できなかったり、日本の大学受験をするために高卒認定試験を受ける必要があるなど、その後の進学先によっては、不便が出てしまうことも。

近年では、日本の学校としての条件を満たしているインターナショナルスクールもあるので、スクール選びの際には、そういった点にも注意するようにしましょう。

インターナショナルスクールのメリット

インターナショナルスクールだからこそのメリットには、次のようなものがあります。

国際的な英語力が身につく

子供 英語

インターナショナルスクールでは、常に英語が使われているためネイティブ同様の英語力を身につけることができます。

やはり、一番の魅力といえば、この英語力についてではないでしょうか。

広い視野を持ち、自他ともに認められるようになる

グローバル

世界各国の子供達と接するので、多くの価値観や文化に触れることができます。そのため、視野が広くなると同時に、それぞれの違いを認めることができるようになります。

スクールの雰囲気自体も、できるところを褒めたり個性を認めるようなところが多いので、子供の自己肯定感も高くなります。

自己主張を上手にできるなど、コミュニケーション能力が身につく

子供 

インターナショナルスクールの授業では、自主性や発言が重視されます。ディベートやディスカッションを取り入れているスクールも多く、抵抗なく人前で自分の意見を述べることができるようになります。

また、意見がぶつかる場合でも子供同士で解決することが尊重され、議論を重ねながらお互いが折り合いをつけるコミュニケーション方法を身につけられます。

グローバルな進学先を選択できる

留学

インターナショナルスクールを卒業すると、80%以上の生徒が海外の大学に進学します。特にアメリカの大学に進学するケースが多く、全体の60~70%と言われています。そういった点でも、日本国内だけに縛られることなく広い視野で進学先を選ぶことができます。

日本国内の大学に進学する場合は不利な点もありますが、近年では留学生枠での入試やAO入試などを活用して有名私立大学に入学できるケースも増えてきています。

インターナショナルスクールの入学条件

学校

入学条件はそれぞれのインターナショナルスクールによって異なりますが、一般的には生徒と保護者の英語力が必要とされます。

生徒本人が学校生活を送るうえで英語力がないと困るのはもちろん、保護者のうちどちらかがネイティブ並みの英語力がないと学校との連携が取れず困ってしまうというのがその理由。入学面接などの場で、英語力を判断するスクールがほとんどです。

伝統的なインターナショナルスクールでは、日本国籍者自体の受け入れをしていないところもあります。帰国児童の場合でも、海外での在住歴が短い場合には受け入れを認められないことも。

インターナショナルスクールの学費はどれくらい?

学校

一般的な私立小学校の学費が年間150万円前後なのに対し、インターナショナルスクールの学費は年間200万円前後と言われています。

インターナショナルスクールの体験談をご紹介☆

インターナショナルスクールには、先に触れたようにメリットがたくさんあります。しかし、実際に関わった人だから分かる苦労もあるようです。

こちらでは、インターナショナルスクールの体験談を集めてみました。生の声を是非参考にしてみてくださいね☆

1.スクールでは日本人同士も英語で

女性 友達

我が子の通っていたところは麻布・六本木界隈にあるスクールで、日本人のエントリーには制限がありました(先生曰く)ので日本人は多くはありませんでした。
ただ日本の私立と同じく、今年はアジア人をよく取ったや取らなかっただの…エントリーにはいろいろと言われていますが。
そこでは日本語だけのお母様はいらっしゃらず、マナーとして日本人同士でも英語(学校を離れると日本語)で話していました。 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

確かに、日本人同士だからと言ってもスクール内で日本語で話をするのはマナー違反ですよね。そういた細かい心遣いも必要になるんですね。

2.妹が大学受験で苦労しました

受験

インターナショナルスクールは日本の受験に対応したカリキュラムでは無いため、多くの生徒は留学します。
日本で大学を出たいと思ったら大検を取って受験で大変です。
日本語も大変なのに。
僕の妹はインターナショナルスクールを卒業して大学受験は卒業時期なんかも合わず浪人して、大変な苦労をして日本の大学に入学しました。 出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

日本の大学に進学しようとすると、やはり苦労する方も多いようです。インターナショナルスクールに入学させるかどうかを考える時には、子供の将来の進学や就職についてもしっかり考えてから決める必要がありますね。

3.「調べ方」「勉強の仕方」を叩き込んでくれます

学校

娘は3歳でインターのナーサリーに入り、12年生(最終学年)になります。メリットは自己が確立できるということでしょうか。
自分の考え方や意見をきちんと持ち、それを適切な手段で表明できるという点です。日本の学校教育では暗記が多いですが、調べればわかることを頭に詰め込むのではなく、「調べ方」「勉強の仕方」を叩き込んでくれます。テーマを与えられ、それについて資料を調べたりデータを取ったりした後、自分の考えをまとめてプレゼンテーションするということを小さいときから訓練されます。
日本語については、やはり公文に通うなどして補いました。 出典: oshiete.goo.ne.jp

インターネットで調べれば何でも分かる時代だからこそ、こちらのお子さんのように暗記ではなく「調べ方」や「勉強の仕方」をしっかり教えてもらえるのはありがたいことです。家庭では、日本語のフォローをする必要があるのですね。

メリット・デメリットをしっかり理解したうえで選択を

学校

今回紹介したようにインターナショナルスクールには、日本の学校にはないメリットがいっぱいあります。しかしその反面、デメリットがあることも否定できません。

しかし、それは日本の学校でも同じことですよね。それぞれの特徴や、子供にどんな環境・教育を与えていきたいのかをしっかり吟味して子供の学校を選んでくださいね☆

「インターナショナルスクール」「学費」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!