無印商品がズラリ。2016GWは手ぶらOKなメンバー限定"無印良品キャンプ場"でお外遊び

幅広い商品を揃えている無印良品ですが、意外と知られていないのが「無印良品キャンプ場」。無印良品メンバー限定で宿泊することができます。基本的なテントや調理器具はレンタルでき、売店には美味しい無印良品食品たちが…♡子連れだと荷物が多いだけで大変ですが、最低限の持ち物さえあれば自然に泊まれるので、今年のGWにいかがでしょうか?

PIXTA

今年のGWは最長10日間。無印良品キャンプ場が気になる

今年のGWは最長10日間。キャンプはストレス解消に最適♡

平成28年度のゴールデンウィークの予定はこちら♡2日有休を取得すれば、10日間お休みすることができます。

4/29 昭和の日
4/30 土曜
5/1 日曜
5/2 平日(月曜)
5/3 憲法記念日
5/4 みどりの日
5/5 こどもの日
5/6 平日(金曜)
5/7 土曜
5/8日曜

子供の大声もOK。キャンプ場の自然でストレスを忘れて

ゴールデンウィークは、キャンプのチャンス。夏休みほど予約が殺到せず、過ごしやすい気候で自然を満喫できます。

自然との触れ合いは五感をつかうので、子供の脳も活性化。

さらに都会と違って、子供たちが大声を出しても迷惑にはなりにくいので、ママたちが叱るストレスも軽減。自然のなかでは、日頃のストレスも溶けていきます♡


そんな家族みんなで楽しめるキャンプで、キャンピング初心者の方におすすめしたいのが「無印良品キャンプ場」です。

子連れキャンプは"少量荷物"で。レンタル豊富な無印良品キャンプ場の魅力

ファッション、インテリア、食料、家など、多様な商品を手がけている無印良品。さらに、キャンプ場まで運営していることをご存知でしょうか?

無印良品キャンプ場は、現在3ヶ所。いずれも大自然の真ん中にあり、それぞれ違ったアクティビティを楽しめます。

今回は2016年のゴールデンウィークに先駆けて、無印良品キャンプ場に共通する魅力をご紹介します。

1.キャンプ必需品はレンタル可能

無印良品キャンプ場は、テントや食器、テーブルや椅子など、ほとんどのものがレンタル可能。初心者の方でも、キャンプにトライしやすいのが魅力的です。

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場
【幼児3歳~6歳】はじめての親子キャンプ

2.大自然のなかでも無印商品がズラリ

さらに各キャンプ場にある売店には、無印良品の商品が並んでいます。人気のカレーやクラムチャウダーなどの食料品や、お菓子もラインナップ。

品揃えがスゴイです。ちょっと忘れ物した程度なら問題なし!すべてお金で解決できちゃいます( ̄▽ ̄) 出典: ameblo.jp

着替えの服やアメニティグッズさえ持っていけば、気軽にキャンプを楽しむことができそうですね。

キャンプといったら、家族みんなで作って外で食べるのも楽しみの1つ。時間に追われず、美味しそうな朝食をいただきたいですね♡

3.アクティビティプログラムでお外遊び

各キャンプ場や年齢、時期にもよりますが、
フライフィッシング
窯でのピザ作り
隠れ家作り
など、日常で経験できないことを体験できるアウトドア教室が開講しています。

大人も体験できるものが多いため、親子で楽しむこともできます。

まだ歩き始めたばかりの赤ちゃんは、キャンプ場を散策するだけでも大冒険!教室に参加しなくても川辺で遊んだり、鳥の声を聞いたり、星を眺めたり…など、あるがままの自然を楽しめます。

詳細情報

津南キャンプ場(新潟)

森には小動物たちも住んでおり、キャンプ場内で山菜採りやキノコ狩りも楽しめます。周辺に点在する温泉巡り、お米、お酒など大人が楽しめるポイントも。

津南キャンプ場

南乗鞍キャンプ場(岐阜県)

キャンプ場としては日本最大級の100万㎡の広大な敷地。県指定天然記念物のレンゲツツジ、マツムシソウや亜高山帯の植物が自生しています。

キャンプ場内に露天風呂を整備。晴れた日には御嶽を眺めながら、心も身体も癒されます。

南乗鞍キャンプ場

カンパーニャ嬬恋キャンプ場(群馬県)

標高1,300mの高原にある、湖畔キャンプ場。「日本百名山」に名を連ねる浅間山・四阿山・草津白根山に三方を囲まれた、山々の絶景は見応えがあります。

カンパーニャ嬬恋キャンプ場

GWの予約はまだ空いてそう…7月予約分は4月1日から

無印良品メンバー限定のキャンプ場のため、まずは会員登録が必要です。

予約の開始は、3ヶ月前から。2016年3月末現在は、5月のゴールデンウィーク期間の宿泊はまだ余裕があります。


7月など夏本番は宿泊家族が殺到するため、4月1日の予約開始日からは予約状況を気にかけておきましょう。

この夏は、キャンプで子供たちと自然を味い尽くしてみてはいかがでしょうか?

「キャンプ場」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!