認証保育所って何?東京都独自の制度を解説

東京都にお住まいのママ必見!「認証保育所」という保育所の種類があるのをご存知ですか?実は、この「認証保育所」は東京都独自の制度なのです!一体、認証保育所とはどのような保育所なのでしょうか?また、認証保育所を使用するメリットとは?今回はそんな「認証保育所」についてまとめてみました♪

認証保育所ってどんな保育所なの?

「認証保育所」というのは、東京都が独自で定めた保育園の制度です。

近年では産休明けから預けたいというママもいるほど産後も働く女性が増えています。そういった中で、退社の遅い職場で働いているママへの対応、送り迎えが便利な場所、行政の目の届く保育所であること、安心できる料金であることなどと保育ニーズも多様化してきています。そんなニーズにこたえるのが認証保育所です。

認証保育所のねらいとは?

設置基準などの関係から、東京都では認可保育園を設置するのが非常に困難な状況にあります。この状況では保育園業界への他企業の参入が難しく、都民の求める保育園のニーズに答えられないと考えた東京都が認証保育所という制度を作りました。

認証保育所を導入することにより、他企業間での競争がおこり、様々なニーズに対応した保育園を充実させるねらいが東京都にはありました。

認証保育所の種類は?

認証保育所はA型である駅前基本型とB型である小規模・家庭保育型の2種類があります。

A型の認証保育所の概要

  • 150時間以上の利用が必要な0~5歳の児童を保育
  • 20~120名の規模での運営をする
  • 認可保育園と同様の施設基準・職員基準をもつ
  • 基本的に駅前に設置してある

A型の認証保育所は長い時間子供を預かっていて欲しいという正社員・フルタイムのママたちが利用している保育所になります。また0~5歳児まで保育できるため転園などもせずに済むのは大きなメリットと言えます。

また、多くは駅前に設置してあるため通勤の際などに預けやすいのは働くママたちにとってはとてもありがたいことですよね。

認可保育園に入りたい!認証・無認可から認可へ

関連記事:

認可保育園に入りたい!認証・無認可から認可へ

希望者が多く、入園が難しい認可保育園。働くママの中には、まずは認可外保…

B型の認証保育所の概要

  • 0~2歳の児童を保育
  • 6~29名の規模で運営をする
  • 認可保育園と同様の施設基準・職員基準をもつ
  • 保育室制度からの移行を中心とし、小規模で家庭的な保育

0~2歳児のまだ小さな子供を預けたいママや、大人数の場所だとやはりウイルスなどが怖い。そんなママたちはB型認証保育所などの小さな家庭的な保育園に預けることが多いようです。

例えば子供の体が弱い。でも働かなければならない。そんなときに大人数の子供がいる保育所に預けるのはちょっと不安というママもいますよね。けどB型の認証保育所なら6~29名と人数がとても少ないため安心して任せられます。

また家庭的な保育のため親と先生たちとの距離も近く、子供も先生に懐きやすいのが大きなメリットと言えます。

認可保育園と認証保育園ってどんな違いがあるの?

認可保育園と同様の施設基準や職員基準をもつ認証保育所。一体、認可保育園とどのような違いがあるのでしょうか。

保育所と保育園の違いって?認可・認可外・認証、どう違う?何が違う!?

関連記事:

保育所と保育園の違いって?認可・認可外・認証、どう違う?何が違う!?

「保育所」と「保育園」の違いとは何でしょうか?実は「保育所」が正式名称…

認証保育所は0歳児からの保育が必ずある!

認可保育園の保育年齢は施設によって異なりますが、認証保育所は制度上、0歳からの保育が義務付けられています。そのため、どこの認証保育所でも保育年齢は0歳から対応可能となっています。

開所時間が認可保育園と比べると長い!

認可保育園は基本的に11時間の開所であるのに対し、認証保育所の開所時間は13時間です。

認可保育園よりも2時間長く開所することによって、いくつかの保育園へ預けたりする二重保育を減少させるねらいがあります。

料金は認証保育所の方が高いことが多い

認可保育園は保護者の収入によって保育料が変わるのに対して、認証保育所は上限が80,000円なこと以外は料金は施設が決めてよいことになっています。そのため、認可保育園よりも認証保育所の方が料金が高い場合が多いようです。

保育料の月額は1食目の給食やおやつの費用、また保育に必要な保育材料費、光熱水費、また年会費、消費税が含まれています。

区によっては認証保育所に子どもを預けていることで補助金をもらえるケースもあるので、区役所等へお問い合わせください。

認証保育所は、保育所へ直接申し込みになる!

役所で保育所の入所申し込みをする認可保育所と違い、認証保育所はお願いする施設・保育所へ直接申し込みに行く必要があります。その際に、認可保育園とは違い、必ず保育所のサービス内容を保護者に説明することを義務付けられているため、入所前に保護者が保育所について知ることができます。

教育や保育内容も保育施設によって大きく異なることが多いので、この事前のサービス内容を説明される機会に、気になる点は必ず尋ねるようにしましょう。

それぞれの家庭にピッタリの保育所選びをしましょう♪

東京都独自の制度である認証保育所について解説してみましたがいかがでしたか?認可保育園と違い、いろいろな面でメリット・デメリットがあります。それらをしっかりと判断して、仕事環境、また子供にとって最適な保育所を選びましょう!

保育所は大切な子供を一日預ける場所となります。子供がしっかりそこでのびのび遊べるか。先生たちは子供に良くしてくれそうかなどもしっかりと見ながら、それでもママにも負担がかからないような素敵な保育所が見つかるといいですね♡

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!