コスパとお値段が超優秀!テレビはシャープのAQUOSがオススメ♡

春の新生活を機にテレビの購入をご検討中のママもいらっしゃるのでは?でも、テレビといっても電気屋さんに行くと本当にたくさんのテレビがあるので、どれを購入したらいいのか悩んでしまいますよね?今回は、私がイチオシのシャープ、AQUOSの魅力をご紹介。お手頃価格ですし、その割に機能がしっかりしているんです!

低価格なのに高画質!私はシャープのAQUOSをお勧めします♪

私がお勧めするのはシャープのAQUOSです。AQUOSを選ぶ理由ですが、実家でもAQUOSを使っていて、映りの綺麗さがいいなと思っていて、次に買い替える時は迷わずにAQUOSにしようと心に決めていました。

実際、使ってみると、画像が綺麗に映って見やすいのは勿論なんですが、電気代も買い替えた月からちょっと安くなりました!なんとテレビには自動で節電していたんです。これには驚きでした。

本体が安くて、見やすくて、使い勝手が良くて、その上、自動で節電もしてくれちゃう、このテレビ、いい仕事してくれますよ♡

おすすめ商品☆

シャープ 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ AQUOS LC-40H11【532P19Mar16】
シャープ 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ AQUOS LC-40H11【532P19Mar16】

¥96,400

シャープ 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ AQUOS LC-40H11【532P19Mar16】
販売サイトへ

お手頃価格なのに見やすくて良いですよ。また、スマホと連動させるといろんな事が出来ちゃうのもとても面白いところだと思います。ちなみに、我が家では8畳のお部屋に40型のテレビを置いていますよ♪

この商品のメリット&デメリットは?

悩み

実際に3年ちょっと使ってみて、良いなと思う点、ここがイマイチだなと思う点についてご紹介したいと思います。

メリットだと思える点

OK

メリットだなと思えるところは次の点です。

価格が安い

お金

多分、40インチサイズのテレビの価格としては、安い方なのではないかと思います。私が実際購入した時は、価格を調べるサイトで予め値段を調べた時に見た値段よりも安く購入できました。

画質が綺麗

他のメーカーと比べて、画質が綺麗なので見やすいと思います。我が家では以前は海外製のテレビなので、単純に比較はできないかもしれませんが、満足できる綺麗さだと思います。

テレビ自体重くないからママでも持ち運びできちゃう

ナイス

テレビは厚みがあまりなくて、重さも1歳児くらいの重さに感じるので、ママでも十分持ち運びできる重さです。お部屋の模様替えとかの際のテレビの移動もママでもできちゃいます。

スマホとつなげて楽しむことができる!

スマホ

対応しているスマホのほとんどがAQUOS携帯なんですが、市販されている専用のMHLケーブルでスマホとテレビをつなぐと、テレビを見ながらスマホを充電できたり、スマホをつなぐとテレビの電源が自動でついたりと面白い機能が楽しめるんですよ。我が家では、スマホの充電をよくやってしまいます。

テレビが勝手に節電をしてくれる

節電

これは、テレビを買い替えてしばらくたってから気づいたんですが、AQUOSにはテレビが節電してくれる機能がついているんです。明るさセンサーで部屋の明るさに応じてテレビの明るさが変わったり、部屋の電気が消えると、テレビの電源も自動で消えたりとかなり賢い機能がついています。

デメリットは音質!

ダメ

その一方で、もう少しこうだったらと思えるのは音質があまり良くないと感じる点です。普段見るのに使っている分にはいいんですが、それでも音がこもって聞こえるような気がします。もうちょっと音質が良かったら満点です。

家電製品の寿命って?洗濯機やテレビなど10種類の家電の買い替え時期の目安とリサイクル法を紹介

関連記事:

家電製品の寿命って?洗濯機やテレビなど10種類の家電の買い替え時期の目安と…

家電製品は、生活に欠かせないもののひとつです。けれど、ある日突然、家電…

トータルで見ると大満足!あなたもシャープのAQUOSを検討してみては?

満足

デメリットな点はありますが、でも、お手頃価格で使い勝手や省エネ対策がしっかりしているところを考えると、私はシャープのAQUOSはママにおすすめのテレビではないかなと思います。

新生活などを機にテレビを買い替え検討中のママ、候補の一つにAQUOSいかがですか?

「口コミ」「テレビ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!