ホームベーカリーはここまで進化した!SD-BM1000の美味しい毎日を漫画で解説♪

15年前のホームベーカリーを使用していた私は現在のホームベーカリーで作ったパンの美味しさに驚きました。基本的な食パンだけでなくスイーツやお餅やうどんやパスタまで!?そんな多機能なPanasonic製ホームベーカリーSD-BM1000とパンの美味しさを漫画で解説するとともに、食パン一斤を作る場合の費用をご紹介します!

15年前のホームベーカリー

我が家の朝食は毎日食パンです。子供も生まれ、手作りのパンを食べさせてあげようと実家で眠っていた15年前に購入したホームベーカリーを使用し始めました。

しかしそのホームベーカリーで作ったパンは美味しかったのですが耳が固く、生地部分もまるでフランスパンのようでした。そこで新しいホームベーカリーを買うことを決意!

今回はPanasonic製ホームベーカリーSDBM1000の紹介をしたいと思います。

おすすめ1 多彩な機能

SDBM1000P Panasonic ホームベーカリー (1斤タイプ) Panasonic SDBM1000P
SDBM1000P Panasonic ホームベーカリー (1斤タイプ) Panasonic SDBM1000P

¥21,800

容量:1斤 主な調理機能:米粉パン/ごはんパンコース/天然酵母パン/ジャム/ケーキ/ピザ生地/お餅 その他機能:予約タイマー/フッ素コート/レーズン・ナッツ自動投入/イースト自動投入 幅x高さx奥行:241x345x304mm 重量:6kg
販売サイトへ

材料を入れるだけでパンはもちろん、スイーツやお餅など様々な調理が楽しめます。

実はSD-BM1000よりも最新のホームベーカリーSD-BM1001が発売されているのですが、私が一つ型落ちしたホームベーカリーを選んだ理由は「充分に多機能である」というところでした。

メインの食パンでも数種類作ることができ、スイーツ、お餅、うどん、パスタまで作る機能があるので、毎朝のパンを作ることを目的とした我が家では多機能すぎるくらいでした。

そして最新の型よりも安く購入できたことも理由の一つです。

おすすめ2 サイズがコンパクト

ホームベーカリーが手元に届き、まず驚いたことはその大きさでした。比較として15年前のホームベーカリーを並べると一目瞭然!

コンパクトなおかげでホームベーカリーを置く場所にも困りませんでした。

おすすめ3 買うよりお得?

ホームベーカリーを購入する前に気になることは、実際に食パンを購入するよりもお得になるのかということです。そこでホームベーカリーで食パンを一斤作るために必要な材料費を算出してみます。

材料費を算出

まず食パンを作る際に必要な材料の価格です。(ネット通販価格参考)

  • 強力粉(カメリヤ1kg) ¥348
  • バター(雪印200g) ¥436
  • スキムミルク(雪印400g) ¥678
  • ドライイースト(カメリヤ30g) ¥294
  • (砂糖、塩、水は少量のため計算外とする)

ここから食パン一斤を作るために必要な量の価格を算出します。

  • 強力粉(250g) ¥87
  • バター(10g) ¥21.8
  • スキムミルク(6g) ¥10.17
  • ドライイースト(2.8g) ¥27.24
  • 【合計¥146.21】

電気代を算出

更にパンを作るためにはホームベーカリーの電気代も必要になってきます。

取り扱い説明書の定格消費電力(370W)と食パンを作るために必要な時間(4時間)と電力量料金(¥26/1KWh=H28時点の関西電力参照)から電気代を算出します。

370W÷1,000×4時間×¥26=電気代【¥38.48】

一斤いくら?

このように食パン一斤を作るために合計200円近くかかることになります。

しかし小麦粉をメーカー推奨のカメリヤ以外のものを使用し、風味は減りますがバターの代わりにマーガリンを使用すれば材料費は【100円以下】で作ることが可能です。また牛乳を常備しているご家庭であればスキムミルクの代わりに使用できます。(70ml)

そして電気代はあくまで消費電力を最大に使用した場合であり、本来なら生地を寝かせる時間があるのでもう少し安くなるのは間違いありません。

市販の食パンに有する価格は家庭によって異なりますが、200円以上の食パンを普段から購入しているご家庭であればホームベーカリーのほうがコスト的にお得と言えます。

我が家では100円以下の食パンを主に購入していたので、コストだけを見るとホームベーカリーのほうが高くついてしまいます。ですがホームベーカリーには安さを求めるわけではありません。また100円以下の食パンより間違いなく美味しくでき上がります。

おすすめ4 基本の「食パン」だけでも種類はさまざま

ホームベーカリーには基本の食パンだけでも数種類のパンを作ることができます。その中でよく食べられるであろう4種類を私と主人でリポートしたいと思います。(あくまで個人的な感想です。)

条件:材料はメーカー推奨・焼き加減は「淡いモード」使用

食パン

ふっくらとした焼き上がりで食べ飽きないシンプルなパン。(所要時間/4時間)

ソフト食パン

耳が柔らかくきめ細かいパン。(所要時間/4時間20分)

パン・ド・ミ

薄くパリッとした耳が特徴。ドライイーストの量が半分で小麦粉本来の味を楽しめるパン。(所要時間/4時間50分)

ごはんパン

冷ごはんを使用したお米のモチモチ感を楽しめるパン。(所要時間/4時間)

一口に「パン」と言っても好みはさまざまです。材料を変えたり焼き加減を変えたりと、自分好みの味に仕上げてみてください。

おすすめ5 お手入れが簡単

後片付けをする立場から見ると、お手入れの手軽さもホームベーカリーの魅力の一つです。

本体部分は汚れたときにお手入れするので普段のお手入れはパンケースとパンケースにつけるパン羽根の2点です。水やお湯に浸けておくと、あくまで汚れは「パン」なのでふやけて簡単に洗うことができます。

気になる点は「音」

多機能で美味しく作れるホームベーカリーにはとても満足していますが、一点だけ気になるところがあります。それは「音」です。

材料を攪拌するときにそこそこ大きな音が鳴り、机に振動が伝わります。「隣の部屋で使えば気にならない」程度ではありますが、マンションの場合「下の階にどのくらい振動が伝わっているか」がわからなかったので私は深夜に使うことはできませんでした。

一軒家に引っ越した現在では夜のうちに材料をセットして朝、パンの香りと共に目覚める贅沢をしています。

ホームベーカリーは子供のおやつにも最適!

ホームベーカリーの良いところは「材料に何を入れたのか」が明確にわかることと「出来立てが食べられる」というところです。決して安い買い物ではありませんが、パンをよく食べるご家庭ならば1台あっても損はないはずです。

ホームベーカリーで作ったパンは2歳の娘のおやつにもなっています。毎日「パン!パン!」と言って催促するほど食パンが大好きになったのですが、今のところ耳しか食べてくれません。

いつかスイーツやお餅など一緒に作れるようになるのが楽しみです。

ハルウララな日々(育児絵日記)

「ホームベーカリー」「SD-BM1000」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!