忙しい主婦の強い味方!Panasonicのビルトイン食器洗い乾燥機♡

キッチン三種の神器ともいわれる食器洗い乾燥機。筆者も愛用しているのですが、家庭での普及率はまだまだ低いのが現状。でも、正しく使えば本当に便利で忙しい子育て主婦のストレス軽減の助けになる素晴らしい家電なのです。我が家で活躍中のpanasonicビルトイン食器食器洗い乾燥機(ディープタイプECONAVI搭載)をご紹介します!

最強の時短家電、食器洗い乾燥機

皆さん、食器洗いは好きですか?私は苦手です(笑)

手がカサカサになるし、時間がかかるし、ずっと立っていないといけないし、やらないでいいならぜひともやりたくない!と思ってしまいます。

そう思っているのは筆者だけでなく、朝日新聞の「嫌いな家事ランキング」ではアイロンかけ、洗濯物を畳む、掃除に次ぐ第4位に輝く(?)ほど、主婦に嫌煙されている仕事であります。

そんな面倒な家事を代わりにやってくれるのが「食器洗い乾燥機」。

キッチン三種の神器ながらも普及率は28%

皿洗い

使っている人にとってはとっても便利な食器洗い乾燥機ですが普及率はまだまだ低く、全国平均の普及率は28%なんだそうです。(2014年Panasonic三菱総研調べ)

うちの母もそうなのですが持っていても使っていないという方も多いもよう。使わない理由として挙げられるのは、以下の理由があるようです。

  • 電気代、水道代がかかりそう
  • 手洗いより汚れが落ちなさそう

確かに手洗いするより長い時間稼働している分電気代は?水道代は?とか、手洗いの時はスポンジでゴシゴシこすって落とすような汚れが水圧だけで本当に汚れは落ちるの?と思いますよね。

使っていない方にぜひ知っていただきたい!とっても便利な食器洗い乾燥機についてご紹介します♡

後半では我が家で活躍しているビルトインタイプの食器洗い乾燥機の汚れの落ち具合やランニングコストなどもご紹介します!

新築やキッチンリフォームのタイミングなら、絶対におすすめしたいビルトインタイプ

迷う

食器洗い乾燥機の購入を検討する際に、最初に決めなければいけないのは設置タイプです。

食器洗い乾燥機の設置方法は大きく分けて2つ

食器洗い乾燥機をキッチンに設置する方法としては、大きく分けて以下の二つがあります。

①卓上タイプ

卓上タイプとは、食器洗い乾燥機単体をキッチンに置き、水道からの水をホース等で引き使用するタイプです。

気軽に導入できることがメリットです。

②ビルトインタイプ

パナソニック 幅45cmタイプビルトイン食器洗い乾燥機 NP-45KD7W
パナソニック 幅45cmタイプビルトイン食器洗い乾燥機 NP-45KD7W

¥189,210

Panasonic ビルトイン食器洗い乾燥機 幅45CM ディープタイプ ・ECONAVI ・BioPower ・TWINFAN ・マルチピン
販売サイトへ

我が家で使用しているPanasonicのビルトイン食器洗い乾燥機(幅45cm、ディープタイプ、ECONAVI搭載タイプ)の最新型です。
4人家族の食器を1回で十分に洗える容量でECONAVI搭載で節電効果も高く、おすすめのタイプです。

ビルトインタイプとは、システムキッチンの中に組み込まれているタイプ。設置の際に工事が必要ですが、キッチンの中に組み込まれるので見た目がすっきりします。

Panasonicのビルトイン食器洗い機乾燥機(ディープタイプ、ECONAVI搭載)の良いところ

筆者は賃貸マンション時代に卓上タイプの食器洗い乾燥機を譲り受けその便利さに感動し、家を建てる際に食器洗い乾燥機は絶対につけたい!と主張して念願のビルトインタイプを取り付けました。

手軽な卓上タイプは賃貸マンションではそれしか選択肢がなかったのですが、それなりに大きい食器洗い機が狭い賃貸マンションのキッチンにあるのはなかなかの存在感…。

家を建てる際に作業台の下に付けたビルトイン食器洗い乾燥機(ディープタイプ、ECONAVIセンサー付き)は見た目もすっきり、使いやすくてとっても気に入っています。

食器洗い乾燥機をヘビーユーズしている筆者が使ってみてよかった!と思っているところをご紹介します。

1. 時短&洗い上がりは手洗いより断然きれい

食器洗いをする時間を節約できるのはもちろん、高くても45℃程度のお湯で洗う手洗いに対しPanasonicの食器洗い乾燥機の場合最終すすぎ温度が67℃なので、洗い上がりはツルッツルです。

特に、Panasonicが開発に携わった食洗機用洗剤「フィニッシュパワー」を使うと、洗剤に含まれる洗浄酵素が最も活性化した温度で洗うので最強なんだそうです。

確かに、他社の食器洗い機用洗剤で洗うのとフィニッシュパワーで洗うのとではツルっとレベルが違うかも…?

フィニッシュ パワー&ピュア パウダー SP700g【アース製薬 食器洗い機専用洗剤 フィニッシュ】
フィニッシュ パワー&ピュア パウダー SP700g【アース製薬 食器洗い機専用洗剤 フィニッシュ】

¥475

【品名】 フィニッシュ パワー&ピュア パウダー SP700g 余分な化学成分をカットしつつ、99.9%除菌できます。驚きの洗浄力で省エネコースでも標準コースと同等の洗い上がりです。
販売サイトへ

Panasonicと共同開発した食器洗い乾燥機専用洗剤。詰め替え用もあります。

ECONAVI搭載で省エネ節約効果大!

CMでもおなじみのPanasonicのECONAVIですが、食器洗い機にもECONAVI搭載タイプがあります。

6人分の食器44点を洗う場合、手洗いの場合使用水量82.6L・ランニングコスト55.3円なのに対し、食器洗い機のECONAVI運転をすれば使用水量7.5L・ランニングコストは21.9円なんだそうです!

一日に1回~2回は食器洗い機を稼働させるので、この差は結構大きいんだろうなと感じています。

食器洗いの回数などによっても節電効果が違うので、詳しく知りたい方はぜひ下のシミュレーションをお試しください!

手洗いよりどれだけおトク?我が家のおトク額シミュレーション

ディープタイプだと4人家族の1回の食事で使ったお皿が全部洗えて便利

ビルトインタイプの中でも、容量40Lのミドルタイプと容量60Lのディープタイプがあります。ディープタイプだと4人家族の一回の食事+フライパンなどを一回で洗えてとても便利。

少人数の家庭でも、よくお客さんが来たりする家庭ではディープタイプがおすすめです。

節電コースを使えば耐熱60℃のプラスチック容器も洗えちゃう

便利な食器洗い乾燥機ですが、以下のような使用NGの食器があるのも確かです。

  • 木や耐熱温度の低い樹脂食器など、高温で変形するもの
  • 漆など、塗装がはがれる可能性があるもの
  • クリスタルなど、くもってしまう可能性があるもの

子供の友達がたくさん来た時に活躍するプラスチックの食器も、なんとなく「入れていいのかな?」と心配になる食器であります。

でもPanasonicの食器洗い乾燥機には複数の稼働コースがあり、その中の節電コースで洗うと耐熱60℃以上の容器は洗うことができます♪

プラスチック容器についた油汚れは手洗いではなかなかきれいにならなくて何度も洗剤を付けて洗ってしまいますが、食器洗い機の節電コースでピカピカになりますよ!

プラスチック容器の定番、イケアのKALASシリーズも洗浄可能!

プラスチック容器の定番・イケア(IKEA)のKALASシリーズですが、「食器洗い乾燥機で洗えます(70℃まで)」という記載があるので、節電コースで洗うことができます。

食器洗い乾燥機があるように見えないデザインで生活感を見せない

リビングからキッチンが丸見えでも、引き出しを閉めてしまえばそこに食器洗い乾燥機があるようには見えません。

小さい子供がいるとどうしても生活感が出がちなので、これもかなり嬉しいポイントです。

卓上型に比べて静か

静か

これは私の所感の範囲を超えませんが、以前使っていたPanasonicの卓上型に比べると静かだと感じます。(エアコンの稼働音と同じくらいの感覚)

洗っていてもそんなに気にならず、終了の合図の音で「あっ食器洗い機を回してた!」と気づくくらいです。

アフターサービスの充実、国内シェアNo.1ブランドの安心感

メンテナンス

Panasonicは食器洗い乾燥機の国内シェアNo.1なのだそうです。生活に欠かせない家電だけあって壊れては困るので、いざ故障したときに近くにサポート窓口があるPanasonic製品はそれだけで安心感があります。

見た目スタイリッシュな海外製品も惹かれますが、故障した時の不安を抱えることを考えるとPanasonic製品でよかった!と思います。

ちなみに購入して2年、いまだトラブルはありません。

Panasonicビルトイン食器洗い乾燥機の残念なところ

工事

デメリットはやはり導入の大変さです。

賃貸ではできませんし、持ち家でも工事を伴うので新築やリフォームの際などでしか検討はできないのが残念です。

でもとっても便利なので、チャンスがあるときにぜひ導入を検討してみてくださいね。

ビルトイン食器洗い乾燥機でいつでもきれいな部屋と家事の軽減が実現♡

キッチン

ビルトインタイプの食器洗い乾燥機いかがだったでしょうか?導入は少し大変ですが、入れてしまえば長く使えてとっても便利です。

片付けが楽になると子供との料理も楽しくなりますよね♪賢く時短して子育てライフを楽しみましょう!

「パナソニック」「ビルトイン食器洗い乾燥機」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!