ジブリ公式「となりのトトロ」LINEスタンプ発売♡作者はアノ人”じゃない”んです!

トトロファン待望の、となりのトトロLINEスタンプが、いよいよ発売になりました。LINEストアにて40スタンプ240円で販売中です。スタンプはスタジオジブリ公認ですが、描いたのは宮崎駿さんじゃないんです!その作者とは?また、気になるスタンプのイラストを一部ご紹介します♡ついつい使いたくなる可愛いスタンプたちです。

ファン待望!「となりのトトロ」公式LINEスタンプが発売に♡

大人からも子供からも大人気の「となりのトトロ」。今まで、期間限定でLINEスタンプを公開したことはありましたが、公式LINEスタンプの発売は行っていませんでした。

しかしついに先日、となりのトトロ公式スタンプの発売が発表されました!

トトロスタンプを待ち望んでいたファンの声

以前、期間限定で配信されたことがあったトトロスタンプですが、公開期限切れで使えなくなってしまいましたよね。あの配信から数年...ファンは公式スタンプを心待ちにしていました!

そして配信された、公式トトロスタンプの可愛らしさは、すでにネット上で大評判となっています。

待ってました!

「トトロのLINEスタンプがあったらいいのにな~」と、待っていたファンも多いのでは?筆者もその一人でした♡

千と千尋も時間の問題?

早くも次回作に期待する声も!このままたくさんのシリーズが発売になったらいいですよね。

買っちゃった...♡

すでに購入したとの声も多数!会話が和んでしまう不思議な力を持ったトトロスタンプを使えば、どんな会話も円満に?♡

会話が和む...♡公式トトロスタンプ

トトロスタンプを実際に使用すると、こんな感じになります。

どのイラストも、トトロならではの温かみが感じられるイラストになっていて、手描きらしさのあるタッチがステキですよね。会話の中で使うと、それだけでLINEのトーク内が"ほんわか"温かくなりそうです♡

となりのトトロ 公式LINEスタンプ

トトロを描いているのは、宮崎駿監督ではないんです

可愛すぎるトトロスタンプですが、実は今回、このイラストたちを描いたのは、宮崎駿監督ではないのです。

イラストを描き下ろしたのは、鈴木敏夫プロデューサー

今回トトロスタンプを制作したのは、鈴木敏夫プロデューサー。トトロスタンプ制作に取りかかったきっかけは、宮崎駿監督との、こんなやりとりだったそうです。

宮さんにね、LINEスタンプの説明をしたんですよ。そしたら……
宮崎「スタンプってなんですか? 切手?」

鈴木「違います……宮さん、描きますか?」

宮崎「描きません !」

鈴木「しょうがない、俺が描くか……」

ということで、筆を手に取った鈴木敏夫さん。なんとその場で40種類のトトロスタンプ制作開始です。 出典: lineblog.me

LINEスタンプの事を知らなかった宮崎駿監督。宮崎駿監督は、インターネットや携帯電話から距離を置いていることで知られています。緊急連絡用の携帯電話を持ってはいるようですが、積極的な使用はしていないことを、以前、鈴木プロデューサーがメディアの取材で話しています。

そんな宮崎駿監督の「描きません!」という言葉で、いきなり始まった鈴木プロデューサーのLINEスタンプ制作。実はとても大変だったようです。

腱鞘炎になるほど大変だった

鈴木プロデューサーは、今回のスタンプ公開時のインタビューで「腱鞘炎になるほど大変だった」と語っています。

LINEスタンプは、40スタンプで1組になっているため、少数だけではリリースできません。(キャンペーン等の場合を除く)そのスタンプのコメントや内容にも、頭を悩ませながらの作業になったのではないでしょうか。本当にお疲れさまです。

トトロについては、宮崎駿より私の方がうまいんです!

しかし、トトロの絵を描くことに関しては「トトロについては、宮崎駿より私の方がうまいんです」と自信満々の鈴木プロデューサー。

苦楽を共にしてジブリを支えている鈴木プロデューサーは、いつのまにかトトロを作者以上に描けるようになっていたようです。

使いたくなってしまったアナタは、LINEストアへ♡

こんなに可愛いトトロスタンプ。ママ友とのLINEトークや、パパへのLINEなどに、使ってみたくなりますよね。筆者も早速ダウンロードしてしまいました...♡

「インターネットとは距離を置いてきた」というジブリがついに発売したラインスタンプ。今後は「ポニョ」「千と千尋」「魔女の宅急便」などの人気作品スタンプも期待できるかも?

トトロスタンプをGETしたい方は、今すぐLINEストアへ♡

「トトロ」「スタンプ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!