忙しいママの相棒!フライパンも洗えるパナソニック食器洗い乾燥機NP-TR8♪

通勤時間に往復二時間半。パパは仕事で深夜帰りになることがほとんど。実家へ助けを求めることもできない…。そんな我が家で育児休業が明ける前に絶対に買おうと決めていたもの、それが食洗器です!いざ復職が決まり、購入にあたって何をどうやって決めたらいいの?と悩みながら選んだ大満足のパナソニック食洗器NP-TR8をご紹介します!

食洗器購入初の私がパナソニックNP-TR8を選んだ理由とは

食洗機といえば、ビルドインといってシステムキッチンに備え付けになっている引出タイプと、家電として購入し、キッチンに設置する据え置きタイプがあります。

我が家は賃貸なので据え置きタイプで探しはじめました。

インターネットで見るより、実際に現物を見たほうがイメージが湧くぞと思い、家電量販店2店舗をはしごして見に行ったけれど、どちらのお店にも置いてあるメーカーはパナソニックのみ!

悩む余地無し!優柔不断な私にはありがたい結果…と思っていたら、そうは問屋が卸さない。同じメーカーでも、3つのタイプからのチョイスを迫られることとなりました。

3つのタイプからの選択・・・!

  1. 食洗器・ミニタイプ(2人用、乾燥なし)
  2. 食器洗い乾燥機・プチタイプ(3人家族用)
  3. 食器洗い乾燥機・ファミリー向け(6人家族用)

軽くパニック!どうやって決めたらいいの?

悩

(我が家は大人2人だし、乾燥もいらない気がするから①でいいのかなぁ…。

1歳児入れたら3人家族だから、②なのかな?②は乾燥機能付きだけど必要なのかしら??

仮に①、②だと考えても、なんか小さい気がする。確かに食器洗うには十分といえば十分だけど…。

そもそも③の6人家族用って表現だと贅沢な気が。

しかもこの大きさ、うちにおけるのかしら????)


と色んな疑問が頭をよぎって整理がつきません。

結局、大きい買い物ということもあり即決を避け、一旦帰宅して再検討することにしました。

決め手は「コストパフォーマンス」と「体験談」・・・!

相談

帰ってまず確認したのが、使用する際に必要な水の量と消費電力でした。

すると最小タイプの1.2~3倍増の消費電力や水の量で洗える量が2.5倍に増えるのです!逆に小さい方がもったいないことになりそうな気がしてきました。

そして働くママの友人に聞いたり、口コミサイトなどでの意見をみると、共通して「絶対に大きい方がいい!」という見解が。

こうして、予算から大幅アップになりましたが清水の舞台から飛び降りる気持ちで一番大きいタイプを購入することに!

それがこれです!

商品詳細

パナソニック PANASONIC 食器洗い乾燥機 NP-TR8
パナソニック PANASONIC 食器洗い乾燥機 NP-TR8

¥69,800

酵素パワーが直接効いて、しつこい汚れも素早くはがす「バイオパワー除菌」●静音化設計
販売サイトへ

庫内は、大きいものから小物まで色んなものを入れやすく作ってあり、使えば使うほどよく考えられていると感心してしまいます。

メーカーの設置シミュレーションが便利♪

また、狭い我が家の台所に設置する場所が果たしてあるの?という心配も、公式サイトからスマホで試せる設置シミュレーションで事前に解消できました!

スマートフォンやタブレットで簡単設置シミュレーション

実際使ってみて分かった5つの魅力

満足

実際使ってみて、「これにして良かった!」と思えたことが5つありました。

1.食器洗いと同時に、弁当箱やタッパー・フライパンも洗える!

フライパン

まず、サイズは大きくして本当に良かったと実感しました。だって、洗い物は食事に使った食器だけじゃありません。作り置きしてある食材を入れていた保存容器や、調理用具、お弁当箱だってあります。

びっくりしたことに24cmのフライパンや小ぶりの片手鍋も洗うことができました。プチサイズにして入らなかったものを別に分けて手洗いしていたら節水効果を感じなかったかもしれません。

2.水道代が安くなった

水道

そう、節水効果はバッチリ感じています。仕事に出たのでトイレの使用回数が減ったこともあるのでしょうが、一か月あたり千円近く水道代が安くなりました。

食洗器購入前も節水は意識して洗い物をしていたのに、これは流石というしかありません。

3.手入れしずらい、五徳や魚焼きグリルまで!?

グリル

また、とっても感動したのが魚焼きグリルがピカピカに洗えたことです。

ガス台についている魚焼きグリルは手入れが面倒ですが、この食洗器は五徳やグリルも手を汚さず力も入れず綺麗にしてくれました。手が汚れずにピカピカになるのは、感謝しかありません。

4.すぐに食器を取り出せないなら乾燥機はあると便利

皿

あと、いらないと思っていた乾燥機能。これは必要でした。

食洗器は庫内にそのまま食器を置いておくと水切れが悪く、びしょ濡れ状態なので、寝る前や出社前などは乾燥を使っています。

ただ設定で乾燥の有無や時間を自由にできるので、家にいるときは洗浄のみにし、洗い終わったら食器の手入れを自分で行うようにして節電しています。

5.小さい子供のママだからこそ・・・!除菌のありがたさ!

ベビーフード

そしてバイオパワー除菌は使ってみる中で、あってよかったと感じた機能でした。

購入時には意識していませんでしたが、小さい子供がいる生活で働きながらの除菌は本当に大変です。食中毒予防になり本当に助かります。

食器はまず大丈夫という状況は、小さなストレスから解放されます。

使ってみて気になった点は・・・

タッパー

おおまかには良かったことばかりですが、多少気になる点もありました。

1.タッパー、弁当箱など、小物がひっくり返ってしまう

プラ

洗浄上がりは庫内から食器すべてがお湯で浸されていて、しずくが垂れ下がっている状態です。

タッパーやお弁当箱、子供用の食器などの軽いプラスチック製品は、洗浄の強い水圧でひっくり返ってしまい、そこにたっぷり水が溜まっていることも。

それに気づかず勢いよく取り出すとびしょ濡れになっちゃいます。なので庫内に軽いものを並べる際、陶器などを上手に重ねて飛ばないように工夫しています。

2.小物カゴもセットで用意して欲しかった

弁当

また、お弁当の仕切りや水筒の蓋などの小物は、食洗機専用の小物カゴを購入して洗っています。

しかし、小物だからこそ除菌できる食洗器を使いたいところなので、小物カゴは別売りじゃなく同梱にしてほしいものです。

産後の家事の強力助っ人!食洗機「パナソニックのTCR-1」がおすすめです

関連記事:

産後の家事の強力助っ人!食洗機「パナソニックのTCR-1」がおすすめです

今回は我が家で愛用している食洗機をご紹介します。パナソニックのTCR-1です…

3.もっともっと効率よく詰めたくなっちゃう!

皿

そして機内に食器を上手く並べられるようになるまで少し慣れが必要です。あれ、これじゃ入らないから、こっちを抜いて、って、入れ替えることも。

慣れても「この洗浄パーツが邪魔だー」って思ったりして・・・、これは贅沢な悩みですね~。

4.やっぱり電気代はアップ・・・だけど

光熱

電気代、これは日中の在宅が減ったものと相殺しても、ほんの少し増えました。でも、想定内だし、それだけの価値はあると納得しています。

それでも気になって友人に聞いてみると、彼女は電気の料金プランを深夜使用のプランにかえて負担が減ったといっていたので、これも今後の検討課題だと思ってます。

子供と過ごす時間が増え、ママに無くてはならない相棒に♡

抱っこ

私にとってこの食洗器は、いままでの人生の中でも価値のある買い物だと思っています。

おかげで、出勤前のバタバタする時間でも少し余裕ができ、仕事を終え子供を保育園へ迎えに行ってから寝るまでの限られた時間の中でも、一緒に遊んだり笑って過ごせる時間をすごすことができています。

また、結構大事なポイントがひとつ。

深夜に帰ってきた旦那が自分一人で食事を終えて食洗器に食器を入れて動作させ、朝はきれいなシンクで家事を始められるのです。一晩残った食器で生まれる夫婦間のイザコザも無くなりました(これ結構大事)。

結論として、初めて買った食洗器がこのパナソニックのNP-TR8で本当に良かったです。

気になっていた電気代に関しても納得のいく範囲で、除菌効果や綺麗な洗い上がりなどといった家電の進化の恩恵を受けています。

使ってみたうえで改めて、毎日忙しいママへお勧めしたい家電です。

「口コミ」「食器洗い機」「食器乾燥機」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!