夫婦で妊活!東京で最大規模の妊活イベントが5/22に開催

今や「夫婦で妊活」が合言葉となりました。妊活・TGP活動中!という女性やパートナーにとっては、毎日の生活を大切にしていることでしょう。5/22(日)に東京都で都内最大級の妊活イベントが開催されます。前向きな気持ちになれるセミナーも開催されますので、赤ちゃん待ちのご夫婦は是非訪れてみてはいかがでしょうか。

東京都最大級の妊活イベントが開催!

妊活は「夫婦そろって」が成功のカギというキャッチフレーズを掲げ、東京都品川区で妊活イベントが開催されます。

「妊活イベント2016 ご夫婦一緒の妊活ライフを楽しもう」というタイトルのイベントです。

今や、パートナーの深い理解と大きな協力が欠かせない不妊治療。ご夫婦の温度差をなくすこと、男性側の理解を得るための場としてイベントを活用してみてはいかがでしょうか。

セミナーの基本情報

  • 日程:2016年5月22日(日)
  • 開催時間:10:00~17:00
  • 住所:東京都港区港南1丁目8番35号/コクヨホール
  • アクセス:JR品川駅「港南口」徒歩5分 (港南口ロータリーから見える位置です)
  • 参加費:無料 
  • 参加対象者:20代~40代の未婚・既婚者の方 700名(予定)
  • 主催:株式会社メディエンス

ご夫婦一緒の妊活ライフを楽しもう【公式HP】

会場には駐車場がありません

会場となる、コクヨホールには来場者用の駐車場はありません。車の場合は近隣のコインパーキングを利用しましょう。

近隣には、品川駅港南口公共駐車場(TEL:03-3472-7921)がありますが、JR等の公共交通機関を利用しての来場がスムーズです。

コクヨホール アクセスマップ

注意事項・配慮をお願いします

イベントの性質上、乳児を含む18歳未満のお子様は、入場することができません。2人目以降の治療中で子連れ参加を希望している方は、ごめんなさい!お子さんはお留守番です。

「ご夫婦一緒」というメインタイトルがありますが、女性のみ・男性のみの参加も可能です。お気軽に参加してくださいね。

事前参加申し込みをしましょう!

オープンなイベントですが、セミナー会場のみ定員を設けています。午前中に開催される2つのセミナーは盛況が予想されますので、事前の参加申し込みが必要になります。

参加申し込みをすることで席の確保ができ、ゆったりと聴講することができます。

オープン型イベントですので、ブース会場でもセミナーの様子をモニターで見ることができるように設定しているので当日の予定が流動的という方でも大丈夫ですよ。

申し込みは、公式サイトをトップページを下までスクロールしていくと申し込み画面のリンクがあります。問い合わせ先も明記されています。

イベントではどんなことをするの?見どころをご紹介します!

妊活

都内では最大級の妊活イベントだから、その中身が気になります。終日開催のイベントだからこそ、どういった催しが繰り広げられるのか楽しみですよね。

ここではその予定されている内容についてご紹介いたします。

①妊活経験者や医師のセミナーは必見!

ご夫婦で妊活を乗り越えられた、放送作家の鈴木おさむさんの講演「妊活の責任は男が8割」の他、妊活をサポートする方、妊活情報を提供する方がパネリストとなるシンポジウム形式の講演「細川モモさんの基調講演と座談会」等をメインセミナーとして講演します。

第一部・第二部のメインセミナーは席を確保するための事前申し込みが必要です。

講師の皆さんをご紹介します!

  • 放送作家:鈴木おさむさん
  • 予防医療コンサルタント:細川モモさん
  • 京野アートクリニック高輪理事長:京野廣一先生
  • 京野アートクリニック高輪院長:竹内巧先生
  • NPO法人Fine理事長:松本亜樹子さん
  • 主婦の友社『赤ちゃんが欲しい』編集部:志岐麻子さん

②ミニセミナーを通じて妊活の知識を広げよう

メインセミナーの間に開催されるミニセミナーでは、京野アートクリニックに在籍する臨床心理士、菅谷 典恵さんによる「妊活に対する男女の温度差のメカニズムと、適切なアプローチについて」という内容の講義が行われます。

また、妊活をサポートするNPO団体「Fine」のメンバーによるアロマセミナーや体験談なども行われます。このようなセミナーを受講するだけでも気持ちが前向きになれますよね。

③個別相談で見聞が広がる!

不妊治療には、「なぜ?どうして」というような疑問や、「ステップアップを勧められた」「夫側に問題があると言われた」など様々な不安や悩みがつきまといます。

培養士や看護師、医師が質問に無料で回答する個別相談会も行われます。ちょっとした不安もこの場で解決しちゃいましょう!

事前予約は不要です!希望される方は、当日、イベント参加受付の際、個別相談の予約受付で申し込んでくださいね。

④妊活グッズの展示ブースをみるだけでもためになる!

様々な妊活グッズが販売されています。ここではイベント協賛メーカーが一堂に会して、妊活グッズのプロモーションを行います。

医療用サプリや冷え取り、漢方等皆さんにとってより良い商品情報を受け取ることができます!新しい妊活グッズについての説明をじっくり聞けるチャンスです!

ブースによっては、試飲ができるところもあるようですよ・・・!こうしたお土産を楽しむのもイベント参加のだいご味ですよね。

出展メーカー

  • 株式会社メニコン
  • フェリング・ファーマ株式会社
  • 温むすび
  • ヴィトロライフ
  • 妊活ザクロ屋
  • 妊活イラストレーター 赤星ポテコ
  • NPO法人 Fine
  • 不妊漢方専門薬局 むつみ薬局
  • 鳥居農園
  • パートナーズ
  • 無農薬野菜、有機野菜のはにーびー

⑤NPO団体「Fine」の活動を知るチャンス!

不妊に関する啓発を行い、不妊治療中の方の心理的サポートやイベント開催などを行う NPO法人「Fine」がブースを出展します。

これまで不妊・未妊のため孤軍奮闘していた方はこの団体とコンタクトを取ってみてはいかがでしょうか。メンバーには「かつて不妊治療を受けていた方」も存在しています。先輩の体験談を聞いたり、今の自分の現状を訴えてみたりすることで、絶対赤ちゃんはやってくる!と気持ちを強く持てるようになるかもしれません。

終わりが見えない治療だと暗い気持ちになる前に、自分自身の視点を変えるためにもぜひ飛び込んでみませんか?

2015年のセミナーの様子

昨年は「働く女性のための妊活セミナー2015」というタイトルで、ワーキングウーマンと妊活についてクローズアップしたイベントを開催しています。

働きながら不妊治療をすることは、自分の体やタイミング優先で治療を行わなければいけない当事者にとって本当に厳しい状況にあるといえます。不妊治療の壁となる私たちの生活背景を考えたイベント構成をしてくれるのは本当にありがたいですね。

メイン講演者は東尾理子さん!

メインの講演講師として、プロゴルファーでタレントの東尾理子さんが登場!

この時期はTGP活動を頑張っていたころ。2015年夏に第二子妊娠を発表し、2016年3月に無事第二子を出産されています。

不妊治療を頑張っている方に対して、温かい言葉をかけていました。

昨年度も盛況でした!

「働く女性」というメインタイトルはありましたが、専業主婦や夫婦参加等様々な参加者がいました。特に、企業の展示ブースではお土産をもらえるところや、試飲ができるブースもあり盛況でした。

参加された方の口コミをご紹介!

2015年5月に開催された妊活イベント「働く女性のための妊活セミナー2015」に参加された方の口コミを探してみました。

どういう雰囲気だったのかな?行ってみたいけど場違いじゃないかな・・・?と考える方は是非参考にしてくださいね。

旦那さんと一緒に参加

男性との参加も可なので、旦那さんと一緒に来ている方もいましたし、私も旦那さんと参加しましたビックリマーク 出典: ameblo.jp

前回は働く女性のための妊活セミナーでしたが、旦那さんと一緒に参加されている人も多かったようです。今回初めて参加される方も、是非ご夫婦で参加してみてはいかがでしょうか。

悩んでるのは自分だけではない

一般の妊活中の方、これから妊活を始めようと思っている方向けのセミナーでしたが、結構ご夫婦で参加されている方も多くいて、妊活への関心度の高さが感じられました。

(中略)

なかなか妊活に踏み切れていない方やひとりで悩んでいる方は多いと思いますが、このようなセミナーに行かれると妊活がどういうものか、悩んでるのは自分だけではないんだ…など色々な発見ができると思いますので、ぜひ周りの方々にもおススメしたいです。 出典: ricca-shirogane.jp

不妊の方を対象とした鍼灸治療を行う鍼灸師さんのブログです。

妊活という言葉が一般化し、関心度も高まっていることをこのイベント参加で感じられています。妊活に関して知識を深めてほしいとサポートする立場から訴えています。

そう、悩んでいるのは自分一人ではありません!自分の視点を変えるためにもイベント参加は有益ですよ。

まだ諦めることはないと言われたことが大きかった!

(無料相談コーナーで)まだまだ妊娠出来る余地はあるからと励まされちゃいました。

働く女性がテーマでしたが、イマイチその主旨は伝わって来なかったのが、残念。

(中略)

とりあえず、刺激法を変えれば、妊娠の可能性はあるし、まだ諦めることはないと言われたことが大きかったです。 出典: blog.livedoor.jp

「働く女性」で不妊治療を受けている女性のブログです。

培養士さん都の相談で励ましの言葉をもらい前向きな気持ちを持っています。「自分も働く女性だけど、イベントの主旨が伝わってこなかった」と見解も出してます。

妊活を重ねてきた方にとっては、自分が受け取りたかった主旨と異なるところがあったのかもしれません。

地方でもイベントを開催してほしい

セミナーって、大都市が多くて、田舎者の私にはなかなか参加できなくて残念です。
でも、怖い現実の情報ばかりで、何となく足が鈍っているのも事実です(;^_^A 出典: danceforjoy.seesaa.net

確かに、地方在住者にとって、都内で行われるイベントの参加は難しいと感じることでしょう。

でも、地域の妊活サポート団体や、ART治療を行っているクリニックなどでミニセミナーを開催することもあるのでチェックしてみてくださいね。

大きなイベントで発表される内容は、常に最先端をゆく情報ですね。怖さではなく前向きに受け取れる材料にしてほしいです!

夫婦で妊活の「明るい一歩」を踏み出しませんか?

妊活

妊活は一人で行うものではありません。パートナーの理解と協力なくしては先に進むことができません。お互いの気持ちを確認するためにも、是非ご夫婦でコクヨホールへ足を運んではいかがでしょうか。

あなたが一人で悩んでいてもなにも変わりません。

あなたの悩みを「声に出し、誰かに受けとめてもらうこと」をこのイベントから始めてみるのもいいですね。

開催日は日曜日。地方に住む方は土曜日から泊りがけで出掛けるのもいいですよね。「妊活」メインではなく「プチ旅行」感覚でお出かけしてみると、何かが変わるかもしれませんよ。

「妊活イベント」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!