夏の子連れディズニーを満喫するために知っておきたいお得情報

のディズニーはイベントがたくさん。とっても楽しいのは間違いないんだけど、子供を連れて行くと熱中症や、体調不良が心配・・・。そんなママたちのためにのディズニーを後悔なく、楽しむことが出来るお得情報をご紹介します。これさえ把握しておけば、のディズニーもへっちゃら!キッズ・ベビーとの思い出をたくさん作ってくださいね。

夏のディズニー!楽しいイベント盛りだくさん!だけど・・・

春を迎えて、汗ばむ日もあって「すぐに夏がやって来るなー」なんて思う日もありますよね。そんな暑い夏が待ち遠しいママもいますよね♪

今回は、夏のディズニーリゾートのオススメです。ディズニーに行けば、暑さも吹っ飛ぶ程楽しいイベントがたくさん!

とはいえ、子供を連れて行くと、暑い外を歩きまわらなければならないので注意が必要ですよね・・・。子連れでディズニーに行く時に必要な暑さ対策をご紹介します!

夏のディズニーはタイムスケジュールで攻略!裏技もご紹介

子連れの夏のディズニーを攻略するには、タイムスケジュールが大切!地方から出発する私は、ママになる前からディズニーにはタイムスケジュールを組んで、挑んでいました(笑)

今回はそれに「子供はこのあたりで疲れるだろうな」という経験を踏まえて子連れ版のタイムスケジュールを組んでみました。

それに付随して裏技もご紹介します。

オープンと同時にファストパスをゲット!

オープン1時間前には並び、まずは絶対乗りたいアトラクションの「ファストパス」を取る!(ファストパスを取る係を分担すると◎)

ファストパス無(短い待ち時間で乗れる乗り物)でOKの乗り物にて待ち合わせアトラクションの待ち時間に、抽選アプリでショー鑑賞の抽選をする。

わざわざ暑い中並びに行かなきゃいけなかったのですが、新しくリリースされたこのアプリを使えば楽に抽選に参加することが出来ます♪

※ただし、座席指定券の発行は行っておらず、抽選所で抽選をした方のみ座席指定券が発行されます。

「ショー抽選アプリ」を使って、いつでもどこでも抽選が出来るように

午前中のびしょぬれイベントに参加して、暑さを軽減

せっかくの夏のディズニーですから、びしょぬれになるショーに参加しましょう!場所取り中の水分補給をして、暑さ対策を怠らないでくださいね。

午前中に参加すると、後から行動が楽になりますよ。そして、夏のイベントは、振付があるものが多いのです。

せっかくなら前もって覚えていきましょう!ディズニー公式ホームページでチェックできますよ♪

夏のディズニー クールスポットはココ!

シアタータイプのアトラクションは、待つ場所が屋内スペースになっている所が多いので、涼しい時間が長く続きます。ちょっと休憩するには便利です。

ディズニーシーにある「マーメイドラグーン」は全体が室内になっているので、こちらも涼むことができます。

「そこまで行くのが暑い・・・」という方には、ショップがオススメ。どこのショップも涼しくなっていますし、そして、お土産のお菓子があるショップは特に涼しい気がします(笑)

穴場ですので、オススメです。

涼しい室内でランチを食べて一息ついて

朝一で取ったファストパスの時間をチェックし、次のファストパスを取得できる時間を把握しておき、ちょっと早目のランチタイム。

今年、ディズニーシーでは15周年のお祝いをしています!それによって、スペシャルメニューがたくさん登場!

普段は「ちょっと高級だものね・・・」と敬遠していたママもいるかもしれませんが、夏の暑さ対策と15周年の記念となれば、今回のディズニーは特別!と割り切れちゃいますよね。

スペシャルメニューは7月1日から先行販売予定です。

混み合う前に、お土産を購入!

ディズニーでのお土産購入は早目の時間帯に!夜のショー終わりや花火後は激混みなのです。あっちこっちへ行ってしまう子連れのママには空いてる時間がお勧めです。

ゆっくり見て選ぶ事が出来るし、この時間帯から外はとっても暑くなります…。

ディズニーランドにある「シルエットスタジオ」もオススメ。アーティストがその場で、あなたのシルエットを切り絵にしてくれます。

ミッキーやミニーのシルエットを手に入れる事も出来るので、ここでしか作れない思い出の一品になります。

暑さを我慢せずにホテルへ行って仮眠

子供たちも、ママも一休みしましょう。無理は禁物。

周辺のホテルは15時からチェックインが出来るようなので、いったんホテルに涼みに行きましょう。そして、客室に入室できるタイミングで、仮眠をしちゃいましょう!(但し、ディズニーオフィシャルは客室への入室は16:30からですので気を付けて)

その時に、先ほど買ったお土産もホテルに運んじゃえばOK。

そして日が沈んだら、再度活動スタート。まだまだディズニーリゾートの1日を満喫しましょう☆

プライオリティーシーティングを利用して、レストランを予約

プライオリティーシーティングを利用してレストランを予約しておくがオススメ。待ち時間の軽減になるし、なにより涼しい(笑)
特にディズニーシーにある、レストラン「ホライズンベイ・レストラン」は、ディズニーの仲間たちが、席まで来てくれるので、オススメ♪

ただ、大人気で予約殺到しているので予約サイトのチェックを怠らずに。

プライオリティ・シーティング

スマートフォンでアトラクションの待ち時間チェック

スマートフォンでアトラクションの待ち時間を確認をしてみましょう。ファストパスの発券がないアトラクションの待ち時間は、5~10分と短く「待ち時間が長いのは子供が待っていられない」ママにオススメです。

また、暑い夏に行くのですから、あっちこっち動いていたら体力の消耗に繋がります。パーク内でスムーズに動く為にも、ぜひチェックしてみてください。

各施設の運営時間、待ち時間や運営状況などの情報を、リアルタイムにチェックできる

夜のパレード・ショーでは熱い地面からクッションで身を守って

そしてようやく夜。エレクトリカルパレード・ドリームライツを見よう!やっと座ってゆっくりパレードを見られる♪と思いきや、日中の強い日差しの影響で地面が熱い!

そんな時には「ポータブルクッション」で乗り切りましょう☆ポータブルクッションは、ディズニーリゾートでの購入はもちろんですが、100円均一でも販売しています。

夏のディズニーにはこの3つがあれば暑さ対策万全!

スケジュールを組み立てたママ!あとは、この3つの持ち物があれば、夏の暑さもなんとかなります!子連れのディズニーは大変だけど、暑さ対策をしていけば、とっても楽しい日になりますよ。

飲み物

水筒は空になったら、ただの重い荷物・・・凍らせたペットボトルもカバンの中で溶けた水で大惨事・・・なんて事が起こるので、やめておきましょう。

飲み物は現地購入がオススメ!カバンの中を出来るだけ軽くしておきましょう!もし、「もったいないな・・・」と思うママ、園内のレストランなどで水分補給をしっかりしてくださいね。

帽子

子供 帽子

ミッキー・ミニーのカチューシャなど、ショーやパレード中に後ろの人が見えにくくなるものは、装着できません。

なので、30分程度、頭がお日様にさらされます。それはとっても危険なので、フラットな帽子を用意して挑みましょう。

キッズ・ベビー用タオル

タオル

子連れのママのマストは、タオルです!現地で購入することはできますが、購入したてのタオルは水分を吸ってくれない・・・。

日除けやお昼寝にも使えるので、数枚持っていく事をオススメします!一番使えるのは「フェイスタオル」の大きさです☆

夏にディズニーランド・ディズニーシーで開催されるイベント紹介

ここからは夏にディズニーランド・ディズニーシーで開催されるイベント紹介します☆ディズニーランドは毎年恒例となったあのイベントが新しくなって登場!

そして、ディズニーシーでは新たなミュージカルショーが開催されます。これは見逃せませんね!

ディズニーランド

ディズニーの仲間たちと踊って盛り上がろう!シンデレラ城前で、毎年行われている対抗戦のこのイベントですが、今年は1つのチームになってショーを盛り上げます。

コスチュームも音楽もリニューアルされて、さらに盛り上がる事間違いなし!水しぶきの中で、ディズニーの仲間たちと一緒に踊って盛り上がりましょう!

日程詳細

  • 2016年6月16日~7月7日:ディズニー七夕デイズ
  • 2016年7月9日~8月31日:ディズニー夏祭り

ディズニーシー

ロストリバーデルタのハンガーステージにて、新しくミュージカルショーが開催されます☆

この、「アウト・オブ・シャドウランド」は、大迫力の映像とライブパフォーマンスによって繰り広げられるようですよ。

15周年で盛り上がっているディズニーシーでの新体験を楽しんでみてください。

日程詳細

  • 2016年6月16日~7月7日:ディズニー七夕デイズ
  • 2016年7月9日~:ハンガーステージ「アウト・オブ・シャドウランド」スタート!
  • 2016年7月9日~8月31日:ディズニー・サマーフェスティバル

計画を立てて、夏のディズニーを思いっきり楽しんで

いかがでしたか?今年の夏もディズニーリゾートでは楽しいイベントが盛りだくさん!暑さに対する注意点を抑えて、1日の行動を計画すれば、子連れでもディズニーリゾートはとっても楽しめますよ♪

楽しみつつも、子供の様子をしっかり見ることも大切ですよ。暑さに負けずディズニーリゾートで楽しい思い出を作ってしまいましょう。

夏の予定はこれで決まりですね!

「夏」「子連れディズニー」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!