片手で開閉できる!圧力鍋ならティファールのクリプソアーチがおすすめ

調理時間の短縮を考えて圧力鍋の購入を検討されているママ、いらっしゃいませんか?電気屋さんやネットショップを覗いても、圧力鍋の種類があり過ぎて、どの鍋が一番いいのかと悩んでしまいますよね。圧力鍋の購入で悩んでいるママに、私がお勧めしたいのは、ティファールのクリプソアーチ。とにかく使い勝手が優れているんです!

簡単・時短!ママにおすすめの圧力鍋とは?

私がお勧めしたい圧力鍋は、ティファールのクリプソアーチです。自分が料理をする立場になり、かつ、子育てもしていると、1日1日があっという間で家事の時間もなるだけ時短にしたい!と思いますよね。

料理の仕方など見直した結果、行き着いたのが圧力鍋での時短調理でした。

ただ、圧力鍋といってもホントにいろいろあり過ぎて買う時に困ったんですが、使い勝手がとにかく良いという電気店の店員さんのお勧めで購入したのが、ティファールのクリプソアーチだったんです。

いざ、使ってみると、めっちゃ楽!蒸気の音もうるさくないし、圧力鍋をセットする時も鍋の蓋についているハンドルを上げ下げするだけで使いやすくて、お肉も野菜もいい塩梅に仕上がります。

商品詳細

T-fal(ティファール)クリプソアーチ圧力鍋 パプリカレッド 6L
T-fal(ティファール)クリプソアーチ圧力鍋 パプリカレッド 6L

¥12,600

T-fal(ティファール)クリプソアーチ圧力鍋 パプリカレッド 6L
販売サイトへ

使い勝手が良くて、圧力鍋としては勿論なんですが、普通のお鍋としても活用しちゃっています。4.5Lと6Lとあり、どちらを買おうか悩まれるかもしれませんが、6Lがおすすめです。大きく思われるかもしれませんがそんなこともなく使いやすい大きさですよ。

使っていて感じたメリット&デメリット

ティファールのクリプソアーチを普段使用していて、メリットだと感じる部分、デメリットだと感じる部分をいくつか挙げてみたいと思います。

購入を検討されている方は、参考にされてみてくださいね♪

メリットだと思える点

使っていて、買ってよかった!と思っていることは次の5つ点です。

1.蓋の開閉操作が簡単

蓋についているハンドルを上げ下げするだけで鍋を開け閉めとロック解除ができちゃうのでとっても扱いが簡単です。片手で操作できちゃうから、もう片方の手がお料理中で使えなくても大丈夫です。

普通のお鍋に蓋をする感覚と似ているので、セットしなくちゃいけないとかそういうのが無くて楽です。

2.圧力の切り替えが簡単

圧力の切り替えがレバーを回すだけで簡単にできちゃいます。

食材に合わせて圧力を切り替えて料理するなんて今までしたことがなかったんですが、使い分けて料理してみると、いつもの料理よりおいしく出来上がった時は感動しますよ!

3.加圧時間が短い

タイマー

加圧時間が短いのにお肉が柔らかく、野菜もほくほくとして味もちゃんと入るので、子供が小さくてなかなか料理の時間を長く取れなかったりしている今の時期は本当に助かります。

本当に料理が簡単に作れますよ。

4.煮崩れしにくい

圧力鍋って圧力がかかるので野菜などは煮崩れてしまうイメージが強かったんですが、ほとんど煮崩れをおこさずに炊くことができるので良いですよ。

見栄えが良く仕上がるもの嬉しいですよね。

5.付属でついている中かごで蒸し料理ができちゃう

圧力鍋本体と一緒に付属品でステンレス製の中かごが付いているので、蒸し料理も作れちゃうんです!私はかぼちゃやさつまいもを蒸す時に使用していますが、とっても使いやすいですよ♪

料理のレパートリーが増えそうですね。

デメリットだと思える点

ダメ

ここがもうちょっとなぁ…と思える部分は次の点です。

1.蓋が重い

鍋自体は軽いと思いますが、蓋はそれと比べると重く感じます。他の圧力鍋を試したことがないので比較ができないのですが、もう少し軽いと嬉しいなぁと思っています。

2.普通の鍋として使う用の蓋が付いて欲しい

鍋自体が大きくて使い勝手がいいので、圧力鍋としての用途以外にも使うことが結構あるんですが、鍋が圧力用の蓋しかないので、それ以外で使えるような蓋を付けてくれると調理しやすくなるのになと感じてます。

料理がワンランクアップ!?時短料理のお供はティファールクリプソアーチにお任せ♪

仕事や子育てで忙しいと、切り詰められる時間は切り詰めたい!と思うと、どうやって短時間で食事の支度をしようか…と日々悩んでいるママも多いと思いますが、そんな時は圧力鍋便利ですよ。

圧力鍋の中でも、ティファールクリプソアーチは使い勝手もいいし、美味しく料理ができちゃうので特にお勧めです。圧力などの購入で悩んでいるママに一押しです!

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!