潮干狩りを親子で楽しむ!必須持ち物と2016年おすすめ潮干狩りスポット7選~関東編~

4月から6月にかけて各地で行われ始めるのが潮干狩りです。潮干狩りで貝をたくさん見つけた時は子供でも大人でも嬉しいですよね!でも、潮干狩りに子連れで行く時に何を持っていけばいいのかって悩むことありませんか?そこで、子連れで潮干狩りに行く時に持って行った方が安心な持ち物や関東の潮干狩りのおすすめスポットをご紹介します。

家族で潮干狩り!子連れで行く時に絶対押さえておくべき持ち物とは

今の時期にシーズンなのが潮干狩り。週末など潮干狩りの会場となる海岸には多くの家族連れが訪れていますよね。

「うちも潮干狩り行ってみようか?」と計画されているご家庭もあるかと思います。

でも、子連れで行く場合に持っていった方がいい持ち物って意外とわからなかったりします。子供と一緒に潮干狩りで行く時にはどういったものが必要になるのでしょうか?

子供が飽きないように&迷子対策はしっかりと!

子供はなかなか集中力が続かずに、すぐに飽きてしまいます。小さければ小さいほど飽きやすいです。

子供を連れて潮干狩りに行く時は、潮干狩りに飽きても家族の近くで楽しめるように、また、飽きた子供がフラフラとその場から離れてしまって迷子になってしまわないような対策などが必要です。

1.着替え

子供は水や砂を見たら、真っ先に突進して全身使って遊ぶ子が多いので、あっという間に砂だらけになったり濡れてしまったりします。

潮干狩り=着替えは必須と考えて、上着やパンツ、下着の着替えを持って行った方が無難かと思います。

2.お砂場セット

潮干狩りは最初のうちは親と一緒に楽しんでやってくれても、親の想像以上にすぐに飽きて遊びだしたり、他のことに興味が向いてしまいます。

潮干狩りの熊手やバケツとは別に、子供のお遊び用としてお砂場セットがあれば持って行って、親の近くで遊ばせておくといいかと思います。

3.迷子ブザーやリード

潮干狩りに飽きるだけならいいのですが、親がちょっと目を離した隙に、子供が興味のある方に歩いて行ってしまって迷子になることがよくあります。

また、潮干狩りの会場にはたくさんの人がいるので、人混みにも紛れやすく、親とはぐれてしまって迷子になってしまうケースもあります。

子供の迷子対策として、迷子ブザーやリード、あるいは、子供の名前と親の連絡先が書かれている札を子供の首から提げておくなどしておくと安心です。

4.救急セット

子供が靴を脱いで裸足で歩いて何かで足の裏を切ってしまったり、あるいは、ちょっとしたことで転んでしまって手や足にケガをする可能性もあります。

消毒液や絆創膏などが入った簡単な救急セットを持っていくと、その場で応急処置が出来ますので、もしものケガの時に安心ですよ。

関東のおすすめ潮干狩りスポット7選

それでは、今から夏前まで楽しめちゃう、関東の潮干狩りのおすすめスポットをご紹介したいと思います。

今週末からのGWは勿論のこと、GWには行けないという方でも、場所によっては通年潮干狩りが楽しめますので、お休みの日に機会を見ていかれてみてはいかがでしょうか?

1.走水海岸(神奈川県)

走水海岸では7月半ばまで潮干狩りができちゃうので、GWに行くのが難しくても、他のお休みの日に行くことができるのは良いですね♡

潮干狩りシーズンの初めは天然のアサリが採れて、無くなり次第、順次補充しているとのことですから、安心して潮干狩りができますね。

会場情報

  • 開催時期:3月末~7月中旬(予定)
  • 料金: 大人(中学生以上)1200円(2kg)、小人(小学生)600円(1kg)
  • 取れる貝の種類:あさり
  • 問い合わせ先:090-2911-5419(横須賀市東部漁協走水大津支所潮干狩り場)

詳しくはこちら

2.東扇島東公園 かわさきの浜(神奈川県)

ここのおすすめポイントは何と言っても料金が無料ということでしょう!

また、トイレも5カ所ありますし、休憩できるスペースや足が汚れた際に利用できる足洗い場があるので、子供が遊び疲れた時や汚れてしまった時に利用できちゃうのは嬉しいですね♡

会場情報

  • 開催時期:通年
  • 料金:無料
  • 取れる貝の種類:あさり
  • 問い合わせ先:044-288-5523(東扇島東公園管理事務所)

詳しくはこちら

3.海の公園(神奈川県)

海の公園では、トイレを始め、更衣室や休憩所、コインロッカーなどの施設が充実しているので、子供連れだととても利用しやすそうですね♪

潮干狩りをするにあたって、取っていい貝の大きさや量が決められていますが、それさえ守れば、1日中楽しく親子で潮干狩りできそうですね。

会場情報

  • 開催時期:3月中旬~6月頃
  • 料金:無料
  • 取れる貝の種類:あさり、バカ貝、カガミガイ
  • 問い合わせ先:045-701-3450(海の公園)

詳しくはこちら

4.木更津海岸(千葉県)

木更津海岸もトイレや休憩所、シャワーなどを施設がきちんと整備されているので、子供が疲れてしまった時や砂などで汚れてしまっても対応できちゃうのは嬉しいですね。

また、開催期間中は金銀ハマグリ探しのイベントや、来場者数1000名ごとに焼きのり30枚のプレゼントがあるそうなので、興味がそそられますよね♪

会場情報

  • 開催時期:3月26日~8月22日
  • 料金: 大人1600円(2kg)、小人(4歳~小学生)800円(1kg)、1kg超過につき800円。団体20名以上は大人1500円(2kg)、小人(4歳~小学生)750円(1kg)。学生団体の中・高生1100円(1.5kg)、小学生750円(1kg)※団体20名以上、学生団体は割引あり。
  • 取れる貝の種類:あさり
  • 問い合わせ先:0438-23-4545(木更津漁業協同組合)

詳しくはこちら

5.富津海岸(千葉県)

富津海岸では、潮干狩りの他にもテニスや海水浴などいろんなレジャーできちゃうので、潮干狩りのついでに他のレジャーも…というように1日いっぱい楽しめちゃうのは魅力ですね!

シャワーは無いようですが、更衣室があるので、汚れたり汗をかいてしまった時の着替えもしやすくて良さそうですね。

会場情報

  • 開催時期:3月8日~9月19日
  • 料金:大人(中学生以上)1800円(網袋付き2kg)、小人(小学生)900円(網袋付き1kg)、4歳~小学生未満700円(網袋付き1kg)、1kg超過につき900円
  • 取れる貝の種類:あさり、はまぐり
  • 問い合わせ先:0439-87-2121(富津漁協、月~金曜)

詳しくはこちら

6.波崎海水浴場(茨城県)

天然のはまぐりを取ることができるそうですが、自然発生のものゆえに必ずしも取れるわけではないということで、親子で宝探しゲームと称してはまぐり探しをするのも楽しいかもしれませんね♪

取ってもいい貝の大きさや貝を取る用具の大きさのルールはありますが、手足が汚れてもシャワーが使えたり、疲れたら休憩所を利用できるのは良いですね。

会場情報

  • 開催時期:5月上旬~8月上旬
  • 料金:無料
  • 取れる貝の種類:はまぐり
  • 問い合わせ先:0299-90-1217(神栖市商工観光課)

詳しくはこちら

7.大竹海岸(ハマグリ祭り)(茨城県)

他の潮干狩りの会場とは異なり、GW中のイベントです。ただし、この期間以外でも、4月中旬~6月下旬の土日祝日は、1日2回潮干狩りが実施されているので、GW行けなくてもまだ潮干狩りの機会はあるので安心ですね♡

また、更衣室や休憩所、コインロッカーなどの設備が整っているので、安心して思いっきり楽しめますね。

会場情報

  • 開催時期:5月3・4・5・7・8日
  • 料金:普通車1台3000円(1台につきハマグリ1袋お土産付き、予約不要)、車以外の来場者1人につき1500円(お土産なし、予約不要)
  • 取れる貝の種類:はまぐり
  • 問い合わせ先:0291-32-3964(ハマグリまつり実行委員会)

詳しくはこちら

家族みんなで潮干狩りへ行こう~☆★関東編★☆

関連記事:

家族みんなで潮干狩りへ行こう~☆★関東編★☆

春から夏にかけて潮干狩りシーズンが到来しますが、どこへ行けばいいのかわ…

 子供を連れて潮干狩りへ行こう!~関西編~

関連記事:

子供を連れて潮干狩りへ行こう!~関西編~

小さな子供から大人まで一緒に夢中になれる潮干狩りのシーズンが到来しまし…

子連れでも大いに楽しめちゃう潮干狩り♡今年一度は家族で行ってみよう♪

いかがでしたか?私も調べていて気が付いたんですが、意外と8月9月まで潮干狩りが開催されていたり、中には通年という場所もあったりするので、GWの期間以外でも楽しめちゃうのは嬉しいことですね。

これからどんどん日差しが強くなって、日中も暑くなってくるので、暑さ対策や紫外線対策もしっかりしつつ、親子で潮干狩りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

「潮干狩り」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!