個性派俳優・大泉洋さんの期待を裏切らないイクメンエピソード♡

いまや全国区で人気となった個性派俳優・大泉洋さん。映画やドラマで引っ張りだこですよね?そんな大泉洋さんは、「大泉エッセイ」という本も出版しているんです!そのエッセイが面白いのはもちろん、文庫版には奥様との結婚のエピソードや、溺愛する愛娘さんとのほっこりエピソードも発見したのでご紹介します♪

世代を問わず大人気!大泉洋さんの魅力はどんなところ?

いまや世代を問わず、ドラマや映画、CMなどに引っ張りだこの大泉洋さん。

大学在学中に親友5人でTEAM NACSを結成し、北海道を中心にテレビ出演していたそうです。2005年救命病棟24時という全国ネットのドラマに初出演し、その後も多数のドラマやCMなどに抜擢され、一躍大人気になっていますよね。

私生活では2009年5月にフジテレビのドラマプロデューサーだった奥様とご結婚され、2011年に生まれた娘さんと3人家族なんですよ♪

大泉洋さんのプロフィール

  • 生年月日:1973年4月3日(43歳)
  • 血液型:B型
  • 出身地:北海道江別市
  • 大学在学中の1995年から北海道での芸能活動をスタート
  • 2005年 「救命病棟24時」で全国ネットのドラマ出演。その後も数々のドラマや映画、CMなどに出演している。
  • 2009年 フジテレビ・ドラマプロデューサーの女性と結婚
  • 2011年 長女が誕生

大泉洋さんは、ご両親が教師だったこともあってか、大学時代には教員免許を取得した経歴の持ち主なんですって!意外ですよね。

独身時代と違って、パパの顔も併せ持つ大泉洋さんですが、ドラマに映画に大活躍中で、ご家族とどんな風に過ごしているのか、気になっちゃいますよね!?

視聴者が思う大泉洋さんってどんなイメージ?

年代問わず、男性にも女性にも人気のある大泉洋さんですが、視聴者の方々はどんなイメージを持っているんでしょうか?

前から大好きだけど・・・

北海道テレビ放送が制作していた「水曜どうでしょう」という番組をきっかけに、様々なジャンルで活躍することになった大泉洋さん。その頃からファンで、大好きなんですという方がたくさんいるんですよ~。

上映中の映画でも大活躍の大泉洋さん。映画の感想と、大泉洋さんの魅力を再発見した!というツイートがたくさんUpされていました。

雰囲気がよかった

バラエティ番組からスタートした大泉洋さんの芸能活動ですが、いまや俳優や声優など様々なジャンルで大活躍ですよね。

上映中の映画での活躍も大絶賛されています。俳優として役を演じている最中でも、どこかに大泉洋さんの雰囲気が漂っていて、クスッと笑えてしまうこともありますよね。

トーク力が芸人さん並み!

話し出したら止まらない!そんなトークが魅力的でもある大泉洋さん。

バラエティ番組に出演している時は、出演者からのツッコミにも動じず、軽妙なトークで番組を盛り上げていて、芸人さん顔負けですよね!

大泉洋さんが語った奥様との結婚や溺愛する愛娘さんとのエピソード5選♡

大泉洋さんが書き綴っていたエッセイが、本になって出版されているのを知っていますか?2013年に単行本として発売されたエッセイは、16年間を書き綴っていましたが、人気のあまり文庫化での再販が決定しました。

2015年に文庫化して発売された大泉エッセイには、これまでの16年に加えその後、2年のうちに大泉さんに起こったことが綴られています。

そこには、奥様との結婚までのエピソードや、溺愛している愛娘さんとのほのぼのエピソードが書かれていました!大泉エッセイに綴られたエピソードに加え、テレビで話したエピソードもご紹介しちゃいます♪

娘さんを僕にください!

奥様と結婚する前、奥様のご実家である長野に出向いたものの、肝心な言葉を伝えることができずに帰宅してしまったことがあったそうです。男性は相当緊張するようですね。

満を持して、お正月に歌舞伎鑑賞のため、上京してくるご両親を料亭に招いて食事をしながら、その言葉をいつ言うかと苦悩する様子が事細かに書かれています。それが、クスッと笑ってしまうようなポイントもありつつ、緊張感も伝わってくるんですよね。

そしてついに例の言葉を発するわけです。その後のご両親と大泉さんのやり取りにも注目です!感動しますよ~♪

「アペパチュパタヨ~」の繰り返し?

娘さんが1歳9ヶ月の頃、エッセイのあとがきを執筆していたそうです。親バカ中の親バカと自分のことを言う大泉さんは、娘さんと遊びたい気持ちを抑えて、部屋にこもって執筆活動をしていたとか。

その時に「アペパチュパタヨ~」と娘さんが執筆中の部屋にやってきて、今までは開けられなかった部屋のドアを開けられるようになっているやら、満面の笑みで駆け寄ってくるのが嬉しいやらで抱きしめて抱っこ!

「アペパチュパタヨ~」の意味はちょっとわからないですが、「アペパチュパタヨ~」は大泉洋さんにとっては成長の証の言葉なのかもしれません♡娘さんの成長を感じられる場面がたくさんあって、それを素直に喜べるのっていいですね♡

毎日可愛さの世界記録を更新し続ける娘にメロメロ♡

娘さんが3歳8ヶ月になったときは、一緒におままごとをして遊んだり、寝る前には絵本の読み聞かせもしているんですって。

女の子がパパに遊ぼうなんて言ってくれる日は、いつかなくなってしまうと先輩パパから聞いているから、声をかけてくれる「今」を少しでも長く一緒に過ごしたいと綴っているんです!

まさにパパの鏡ですよね?本当に娘さんを溺愛しているんだなぁと、文章の端々から感じられる大泉さんの優しさにはほっこりしちゃいます。

忙しい仕事の合間を縫って、家族のために料理を作りたい!

仕事で大忙しの大泉さんですが、先日のしゃべくり007に出演した時には保育園に通う娘さんのために、お弁当デビューをしたそうです!お弁当作りまでしちゃうパパってすごいですよね?

ちゃんとキャラ弁みたいに、かわいらしく作ってあってパパの愛を感じました♡

お弁当だけではなく、仕事が早く終わった日は家族のために食事を作ることがあるとか。奥様も助かりますね♪優しい娘さんは、美味しいといってくれるそうですが、箸が進まなくなってしまうなんてこともあるとか・・・。

「どうして女の人には男の人が必要なの?」

娘さんにそう聞かれた大泉さんは、「男の人と一緒に助け合って生きていかないとダメなの。」と説明したそうです。大泉さんらしいバッチリな返答ですよね。

その数時間後、娘さんはママにも同じ質問をしたそうで、ママの返答は「必要ないよ。」だったそうです。これには大慌てで奥様に真意を問いただしたとか。

娘さんとの時間も大切にしながら、奥様と過ごす時間を増やしていかなければ・・・と綴っているので、きっと奥様にも優しくされているんでしょうね♡

個性派俳優・大泉洋さんはファンと家族の期待を裏切らないイクメンパパだった!

大泉洋さん、すっかり全国区で人気になりましたよね。出演する映画やドラマはヒット作がズラリ!今後の活躍もとても楽しみですよね♪

そして、その人柄は大泉エッセイの中にもたっぷりと描かれていました!文庫版の書下ろしには、大泉さんと奥様、娘さんの家族愛が溢れています。笑えてしまうエピソードもあるんですが、感動するエピソードもちゃんとありますよ~。

まだ読んだことないわというママ、育児の合間にぜひ読んでみてくださいね♪思わずクスッと笑えちゃいますよ^^。

「イクメン」「大泉洋」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!