子育て中の里田まいさん、ニューヨークでのベビーカー事情に「みんな優しい」と感動♡

子育てアイテムでは必須のベビーカー。でも快く思ってもらえなかったり、逆に使用しているママにもマナー意識が不足しているなど賛否両論の意見が上がってしまいますよね。ニューヨークで子育て中の里田まいさんは、ベビーカーを使用して散歩に出かけたところ、行く先々で優しさを感じたといいます。どんな感動エピソードに出会ったのでしょう?

日本とは真逆!?里田まいさんが体験した海外のベビーカー事情

2016年2月15日に第1子となるご長男を出産した里田まいさん。ご主人は言わずと知れたニューヨークヤンキース投手の田中将大選手ですよね。

現在、ニューヨークで子育て中の里田まいさん。ご長男と散歩や買い物に出かける機会が少しずつ増えているようで、日本とニューヨークでの子育て事情が異なることを体験しているようです。

実際にどんなところでそう思ったのか、エピソードを交えてご紹介します。

田中将大&里田まい夫婦が男の子出産!著名人からの祝福の声をまとめました♡

関連記事:

田中将大&里田まい夫婦が男の子出産!著名人からの祝福の声をまとめました♡

アメリカ東部時間の2月15日13:36、タレントの里田まいさんが無事出産されま…

里田まいさん、ニューヨークのベビーカー事情に感動

買い物してて思うけど、ニューヨークほーんとにベビーカー率高い!

どこでもベビーカー!

入れないとこ、なんとなく入りにくいとこなんか、基本ない!

そしてみんな優しい…

すぐに手を貸してくれる。

ドア開けてくれる。

絶対開けてくれる。 出典: ameblo.jp

里田まいさんが息子さんと出かけたとき、ニューヨークのベビーカー率の高さを実感したそうです。しかも、街行く人がみんな優しいので、日本では「すみません」が多くなりがちのところ、ニューヨークは「Thank you」と返すことが多いんですって!

日本ではあまり見られない光景かもしれません。ありがとうがたくさん言える環境で子育てできること、そこで子供が育っていくこと・・・素敵ですね♡

里田まいさんと同じような体験をした海外在住のママさんエピソード♪

日本でもベビーカーで出かけていると、気にかけてくれたり、助けてくれたりすることがありますが、ニューヨークほどではないんですかね。

日本でも、「すみません」ではなく、「ありがとう」が増えるといいなと思うんですが・・・。

里田まいさんのブログコメント欄には、海外での子育て中のママから同じ体験をしたという方がいらっしゃいました!どんなエピソードだったのか、気になりますよね♪

みんなの優しさを感じた

話す

アメリカ在住22年目です。

子供達がアラバマ州で産まれ、田舎だったけど本当にまいちゃんの言う通り、アメリカ人の旦那の親戚周りに助けられ、他人様にも助けられて、みんなの優しさを感じました。

まいちゃんの前向きで明るい姿勢を私も見習おうっと! 出典: ameblo.jp

異国の地でとてもいい環境で子育てできたのは、うらやましいですね。

子育て中はなんとなく不安だったり、助けてほしいけど伝えられなかったり、うまく行かないこともたくさんありますよね?そんな時に、声をかけてくれる人がいるとホッとしますね。

ベビーカーで不便な思いをしたことがない

がっかり

私もドイツで子育て経験がありますが
ベビーカーで不便な思いをしたことが無いです

帰国した瞬間から日本はベビーカーに優しく無いことに愕然とした思い出があります 出典: ameblo.jp

ドイツで子育てをしていた方のようですが、ベビーカーで不便な思いをしたことがないってすごいですね。日本ではそういいきれるケースって、なかなかないように思います。

帰国した瞬間から愕然とするくらい、ドイツでのベビーカー使用は困らなかったということですし、日本にはベビーカーに優しくないと感じる部分があるんですね。

少々泣いても大丈夫

カフェ

私の息子は今4ヶ月です。ストローラーでレストランも入れるし少々泣いても大丈夫大丈夫と、NYはみなさん優しい‼︎そして、何ヶ月?と話して下さったり、顔を見せてあげると凄く喜んでくれますよね! 出典: ameblo.jp

少々泣いても大丈夫って言ってもらえるなんて、日本ではあまりないケースかもしれません。今は騒音問題で保育園の開所ができないなんてニュースもありますもんね。

話しかけられる方も、話しかけないでオーラが出ていることもありますが、子育て中は1人で抱え込まずに子育てしやすい環境を整えていけたらいいですね。

赤ちゃん、泣いても大丈夫!ステッカーで気持ちを伝えるウーマンエキサイト「Weラブ赤ちゃんプロジェクト」

関連記事:

赤ちゃん、泣いても大丈夫!ステッカーで気持ちを伝えるウーマンエキサイト「W…

赤ちゃんが泣いてしまうと、うるさいと思われているのではないか?と気にな…

ベビーカーだけじゃなかった!海外と日本の子育て用品の違い

里田さん、また別の日に24時間オープンの薬局へ買い物に行って気づいたのが、オムツや服のサイズ表示が日本と違うことだったそうです。

どんな風な表示なのか、気になりますよね?里田さんがブログにUpしているので、少し見せてもらいましょう♪

最近ちょっと小さくなってきたのでサイズアップの3のオムツを購入。

アメリカのパンパースと日本のパンパースって、モノは違うのかな??

こちらは1.2.3…とサイズを表しているんだけど、日本はサイズ表記も違うのかな?

(中略)

服とかも。

こちらの服のサイズ表記は、
Month表記が多いかな。

3M~6M(3ヶ月~6ヶ月)といった感じで表記されてるよ。

母が日本から送ってくれた服は、

60、70、80という表記のされかただった。
出典: ameblo.jp

なるほど!オムツのサイズ表示も、服のサイズ表示も違うんですね。確かに服は海外ブランドだと、そのような表示のものもありますよね。

日本のパンパースは、体重を目安にサイズを選ぶ表示になってますもんね。でも、実際はそろそろオムツきつくなってきたから、サイズUpしようって感覚で判断していたように思うんですが、みなさんはどうですか?

日本でも「ありがとう」がたくさん増えていくような子育て環境になりますように

日本と海外では子育て事情も、子育てアイテムも、服のサイズ表記も違うんですね。日本も子育てしやすい環境になってくれるといいんですが・・・。

と、周りばかり変わることを望んでいても、そう変わることはないかもしれないですね。ならば!こちらから変わってみるというのも手かもしれません。ほんの少し心に余裕を持って行動してくれる人が増えたら、大きな力になってくれますよね?

日本でも「すみません」ではなく、「ありがとう」の言葉や気持ちが増えていく子育て環境が増えていきますように♡

「子育て」「里田まい」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!