親子で作るクリスマスの飾り!簡単&子供も楽しい工作アイデア5選

クリスマスの時期になると、町中がクリスマスのきらめきに包まれますよね。自宅もクリスマスらしく飾り付けたい!と思ったら、ぜひ親子でクリスマス飾りづくりにチャレンジしてみませんか?簡単に手に入る材料を使って、世界に1つだけのクリスマス飾りを作ることができます。自分で作ったクリスマス飾りを飾って迎える、待ちに待ったクリスマスはワクワク感もひとしお。子供にとっても嬉しいクリスマス工作は、冬の親子スキンシップに最適です。

PIXTA

一緒に作ろう!クリスマスの飾り

子供と一緒に手作りできる、可愛いクリスマスの飾りを集めてみました。身近なものを使った工作は、寒い日や天気の悪い日の室内遊びとしてもおすすめです。

小さな子供でも「自分でできた」という経験は必ず記憶に残り、本人の自信にもつながります。力を合わせて作った飾りは、ぜひ家庭の目立つ場所に飾って楽しみましょう!

1:サンタとトナカイの簡単オーナメント

サンタとトナカイのオーナメントを子供と一緒に作ってみましょう。土台は画用紙などでトナカイとサンタの輪郭を作り、サンタのおひげは綿やビニール袋を割いたものを使います。顔や体の色塗りは、子供に自由な発想でチャレンジしてもらいましょう。

写真のトナカイの黒い部分は、お子さんが「黒いひげをつけてあげたい」といって付けたものなのだそうです。本当に自由でかわいらしい発想ですよね。

2:松ぼっくりで手のひらサイズのクリスマスツリー

まつぼっくり

松ぼっくり1つとペットボトルのキャップで作るクリスマスツリーのアイデアです。松ぼっくりにきれいなビーズを接着剤で取り付けて作ります。小さな小さなツリーはとても可愛く、パパやママもリビングや会社のデスクに置きたくなるサイズです。

松ぼっくりを使用する時には、事前に茹でて乾かしてから使いましょう。春になると中に入り込んでいた虫が出てくる可能性があるからです。松ぼっくりを下処理後に塗装したり、ニスを塗ったりしても違う質感になり楽しいですよ。

3.折り紙でナチュラルテイストのクリスマスツリー

4.フエルト&マジックテープで赤ちゃんも楽しいクリスマスツリー

赤ちゃんも楽しく遊べるフエルトのクリスマスツリーを手作り。土台は緑のフエルトで三角を作り、ワンワン、うーたんなどのオーナメントはマジックテープで付け外しができるようにします。

色とりどりのオーナメントもかわいく、赤ちゃんもクリスマスを満喫できますね。ママならではの素敵な手作りツリーアイデアです。

5.片面シールパネルとダイソーのキラキラモールで、持ち運べるクリスマスツリー

お子さんの身長も超える大きなクリスマスツリーですが、なんとママの手作りです。片面シールパネルにダイソーで購入したキラキラのモールを取り付けたものなのだそう。片面がシールになっているので壁面にペタリと貼り付きます。付け外しができるので、家じゅう色々な場所に持ち運び可能です。

飾り付けもママが独自に行ったものなのだそうですが、センスが光る素敵な飾り付けですよね。トナカイの帽子を被ったお子さんもとても嬉しそう。大きなツリーがあるだけで、お部屋がすごく華やかになりますね!

6.手作り感がとってもかわいい!刺繍のクリスマスツリー

ママが一生懸命刺繍したクリスマスツリーをフレームに入れて壁面に。ナチュラルな雰囲気で、控えめさが愛らしい飾りつけですね。周りの雪の結晶は100円ショップで購入したものなのだそうです。

その横から赤ちゃんの可愛いおててが、オーナメントを触っていますね。赤ちゃんにとってはどんな飾り付けも珍しく、日々の刺激になっているのでしょう。イベントごとにたくさんの楽しい場面を見せてあげたいですね。刺繍をするときには、針の取り扱いに十分注意してくださいね。

7.キラキラゴージャス!ダイソーのオーナメントでクリスマスリース

ダイソーのオーナメントを土台にたくさんくくりつけて、こんなに豪華なツリーを作るアイデアも。キャンディのような目を引くオーナメントもあり、とても個性的で素敵ですね。

玄関に吊り下げて飾るのもかわいいですし、窓際やニッチなどのスペースに置いて飾っても存在感抜群です。オーナメントの色合いを変えたり、リボンや毛糸素材のオーナメントを使ってアレンジするのもおすすめです。

8.アンパンマンと仲間たち!レイアウト自在のフエルトリース

子供たちが大好きなアンパンマンと仲間たちを、手作りクリスマスリースに。マスコットの一つひとつは安全ピンで取り付けているため、その年によって配置を変えて楽しんでいるそうです。

その年の子供の好きなキャラクターで作ると、数年たつうちに「あの時はこれが好きだったな」と思い出に浸れそうですね。手間はかかりますが、何年も楽しめる思い出の品としても、とても素敵なアイデアです。

9.紙皿をくり抜いて自由にペイント&装飾!簡単工作リース

紙皿 リース

紙を丸く切り抜くのは少し大変ですが、丸い紙皿を使えば、誰でもまんまるなリースを作ることができます。頂点にリボンをつけて、それを画鋲で止めたりフックにかけて飾ることができます。

自由にペイントしたり、シールやオーナメントでアレンジを加えれば、世界でひとつだけのオリジナル作品があっという間に完成します。オーナメントも折り紙を切り抜いて手作りすると、さらにオリジナル感のある素敵なリースに仕上がりますね。

10.100均材料で簡単&おしゃれ!玄関を華やかにするクリスマスリース

100円ショップで売られている材料を組み合わせてリースを作るのもおすすめです。土台も含めて100円ショップで揃えることができますよ。

リースのベースに、リボンを巻き付けたり、立体的なオーナメントをあしらえば、存在感ある華やかな仕上がりに。子供と一緒におでかけ先で拾ってきたドングリや松ぼっくりを飾り付けても可愛いですね。ドングリや松ぼっくりは、中に虫が入っている場合もあるので、かならず茹でて下処理してから使うようにしましょう。

作る過程も楽しめるのが、手作りの魅力

工作 クリスマス PIXTA

冬になるとあちこちでクリスマスの飾りを見かけますね。市販の物もとっても素敵ですが、子供と一緒に手作りしたクリスマスの飾りも、温かみがあってとても素敵です。クリスマスが終わっても、思い出の品として大切に取っておきたくなりますよね。

子供にとっても、自分で作った飾りと一緒に迎えるクリスマスは、喜びも特別になりそう。ワクワクするクリスマスに、さらに楽しさをプラスしてくれる手作りクリスマスデコレーション。ぜひ親子でチャレンジしてみませんか?

「クリスマス」「飾り」「手作り」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!