掃除は嫌い…でも綺麗好き!そんなあなたにおすすめの掃除機「ダイソンDC74」の魅力

「仕事や育児で、疲れてる。時間がない。掃除なんて気乗りしない。」そんな方にこそ、吸引力で言わずと知れたダイソンの、DC74がおすすめです。ポイントは、掃除は嫌い。でも綺麗好き!というジレンマを解消してくれる実力&億劫でなさ。更には家族も手伝ってくれたり!コードレス&フラッフィーモデル、素晴らしいです。

ダイソンDC74に出会うまで

2014年9月に発売された、ダイソンDC74を生活に取り入れてから約1年半。

DC74に出会う前は、仕事に育児に家事、忙しい主婦生活の中でも、掃除機掛け=疲れるもの、気になるところの掃除=時間と体力に余裕があるタイミングを探して行うもの、という印象でした。

ところが、1年半で掃除機掛けどころか掃除への躊躇はすっかり消えました。買ってから満足度も変わらない、DC74の魅力をご紹介します。

最新モデルは排気部分のみ変更のマイナーチェンジだったので、少し値段が下がった今こそおすすめです。

商品紹介

Dyson Fluffy DC74 モーターヘッド
Dyson Fluffy DC74 モーターヘッド

¥60,264

Dyson Fluffy DC74 モーターヘッド
販売サイトへ

ヘッドが床に吸いつく感覚なので、軽い力でサッとしっかりお掃除できます。

フラッフィー新搭載のDC74!使ってわかったその魅力5選!

英ダイソン社のコードレス掃除機、DC74が毎日の主婦生活に貢献してくれている点と、従来モデルから大きく変更されたDC74のヘッド、フラッフィーについてご説明します。

魅力その1 効率を上げる吸引力!

どうせ掃除をするのなら、極力効率よく済ませたいですよね?

DC74の吸引力、確かに他の掃除機とは違います。ヘッドが床に吸着する感じがします。同じところで何度も掃除機を押し引きして、一発で吸えないゴミにイライラする事とは無縁。

カートリッジを見てもごっそり成果が見て取れます。同じ面積を掃除するのでも、吸引力が違えば仕上がりにも速さにも使う体力にも差が出ますよね。

実はダイソン愛用歴は実家の頃から。結婚して新居用に掃除機を選ぶにあたり、家電量販店でメーカー問わず色々試しましたが、吸引力、吸塵力でやはりダイソンは譲れませんでした。

魅力その2 時短を叶える手軽さ!

ダイソンの実力は好きでも、実家のダイソンは太い蛇腹ホースと重さがちょっと億劫でした。DC74は見事にそれらが解消されていました!

DC74はコードレスだから充電コードを抜くだけ。または、立て掛け用ブラケットから引き抜くだけ。本体は軽いし、赤いトリガーを引けば即、掃除体制に入れます。

掃除に取り掛かるまでに時間がかからない。クイックルワイパーの感覚に近いかもしれません。このお蔭で、風や誰かの移動でゴミが移動してしまう前に、気になったその時に吸ってしまうのが苦でないのです。

そして、コードの引き回しやコンセントの差替えに時間がかからず、間取りを選ばない。ルンバでは入れないような家具の下の隙間にも、ホースを気にせずヘッドを入れられました。

DC74には重い腰を上げさせる力があります。

魅力その3 成果を変える新ヘッド!

DC74の正式名称は、ダイソンフラッフィーDC74モーターヘッド。DC74を買って一番変化を感じたのが、モデル名フラッフィーの通り、このモデルから新搭載のソフトローラークリーナーヘッド。メーカー説明では、静電気の発生を抑え、あらゆる床面で大小のゴミを一度に取り除くとあります。

確かに従来のダイソンだと、大きめのゴミを吸う時にヘッドを上からかぶせるような動作が必要でした!DC74はそれが要りません。

そして、ヘッドからローラーが少しだけむき出しになった状態で回転するので、壁や家具ぎりぎりのゴミも吸い取ってくれています。部屋の隅の方ほど集まる、細かいチリやホコリも吸いやすいのは助かります。

魅力その4 用途を広げるアタッチメント!

ラグの掃除、どうしていますか?意外と重いし汚いし、洗うのは重労働。そう思っている主婦の方も多いのでは?だからといって、フローリングを掃除した掃除機でラグも掃除する事には、抵抗がある方もいるのでは?

DC74には標準アタッチメントで、ミニモーターヘッドがついてきます!ヘッドはカートリッジ部分下のグレーのボタンを押すだけではずれるので、そこにミニモーターヘッドをカチッと付けるだけ。

トリガーを引くとかなり吸いついて、硬めのブラシが汚れを掻き出すのがわかりますよ。我が家のラグは毛足が長めなので、6分間持続できる強モードにして一気に掃除します。毎回、カートリッジにぎょっとするほど埃が入るので、ぜひお試しあれ。

ミニモーターヘッド自体には埃が残らないので、ベッドや、家から持ち出して車にも。勿論効果ありです。その他、隙間用ノズルは空気清浄器のフィルターや、引き戸のレールに最適でした。

毛羽立ちが気になるファブリックには、別売りのフトンツールが使えます。標準以外のアタッチメントもついているコンプリートモデルを選べば、本体ノズルが青から黒になるので、よりスタイリッシュ。

魅力その5 協力を頼みやすい!

手いっぱいで家族にも掃除のお手伝いをお願いしたい時、頼む時の説明や準備で更に疲れるし、正直自分でやった方がきちんと仕上がる。なんて時にもDC74が一役買ってくれています。

適したアタッチメントを付け替えた状態でハイっと渡せば、あとはトリガーを握るだけなので、家族も協力してくれやすい。手が届かないエアコンのフィルター掃除や、壁の上の方の埃取りも、簡単にお願いできます。

使い勝手が良すぎる!掃除機を買うならダイソンのデジタルスリムDC62♡

関連記事:

使い勝手が良すぎる!掃除機を買うならダイソンのデジタルスリムDC62♡

掃除機を購入する時、何を決め手にしていますか?今は掃除機といってもいろ…

使ってわかったデメリット2点

困る

便利で出番の多いDC74ですが、使いこなすには知っておくべきデメリットもあります。

デメリットその1 稼働時間が短い

DC74は自然とこまめに掃除する癖がつくのが魅力ですが、強力モーターと引き換えに、20分経つと電池が切れます。掃除効率は良いものの、広い3LDK以上を一気に掃除となると、難しい場合もあるかもしれません。

ちなみにフル充電には2時間程度かかります。

デメリットその2 カートリッジの中身の捨て方

気軽にたくさん掃除をすると、カートリッジに溜まるゴミも気になりますよね。

CMではゴミ箱の上でカシャっと蓋を開け捨てていますが、本当に微細なゴミまで吸い取っているので、実際はせっかく吸った塵やホコリが舞わないか気になります。

また、強力に巻き上げられているので、なかなか一発では落ちません。

捨てる時はカートリッジをスーパーの袋の中で開け、割り箸で中身を出し、袋を縛って捨てると安心。割り箸は巻き上げられて綿あめ状になったゴミを綺麗に出すのにぴったりです。

ダイソンDC74がもたらしてくれるもの

DC74がもたらしてくれるもの、それは、気持ちの余裕です。

主婦が掃除をする根底には、家族が家のどこでくつろいでも安心なように、という気持ちがあります。DC74は、その安心を、貴重な時間と体力と大量に費やさなくてももたらしてくれるのです。

掃除しなきゃ!と切羽詰まったり、さあやるぞ!と意気込まず、肩の力を抜いて掃除をこなし、少しでも多くの時間とエネルギーを家族に使えたら良いですね。

「口コミ」「掃除機」「ダイソン」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!