子供も親も楽しい!札幌市の子供連れお出かけおすすめスポットご紹介!

札幌はただの観光都市ではありません!子供連れでも家族みんなで楽しめるスポットがたくさん。「子供連れだと周りに気を使ってしまう」「いろんな場所に行ってみたいけど予算も限られるし」そんな心配も無用です!今回は、気兼ねなく長居できて、なるべく低予算で過ごせるおすすめスポットをご紹介いたします。

札幌には子供と一緒に楽しめる場所がいっぱい!

観光地として有名な札幌市。そんな札幌にはガイドブックには載っていない、子供連れで楽しめるお出かけスポットがいっぱい!

「けど子供連れだと周りに気を使ってしまって結局バタバタと時間だけが過ぎていくんだよね…」「お出かけするとお金がかかるから…」そんな心配も無用です!

今回はそんなママたちが、周囲に気疲れすることなく、なるべく低予算で、子供たちと一緒に楽しめる場所をご紹介していきます。

1.大通公園

札幌の観光スポットとしてガイドブックに必ず載っている大通公園。

札幌駅からも近く、アクセスもよいこの場所は、実は観光客だけでなく、子育てママもたくさん集まるとっておきの場所なんです♪

基本情報

  • 住所:北海道札幌市大通西7丁目(大通公園管理事務所)
  • 電話:011-251-0438
  • アクセス:JR札幌駅から地下鉄乗り換え又はバス、徒歩
  • オムツ替えコーナー:あり
  • 授乳スペース:なし(さっぽろ地下街(オーロラタウン)内にあり)

大通公園の詳細はこちら!

子供連れにおすすめのポイント

「大通り公園で水遊び。木陰も多く気持ちがいい!!」
水路はどこも浅く、小さな子供から遊ぶことができます。
水着にならなくても、手足をまくって遊ばせるにもちょうどいい感じです。 出典: hokkaido-child.com

大通公園の西9丁目エリアには、遊具や遊水路があり、子供たちが大きな声を出して思いっきりはしゃぐことができます。水着がなくても気軽に楽しめる点がいいですね♪

また、公園内には芝生多く、レジャーシートとお弁当があればすぐにピクニックが出来ます♪もちろんベンチもたくさんあるのでシートを忘れてしまっても問題ありません!

さらに西1丁目、2丁目エリア近辺は丸井今井札幌本店やル・トロワなどの商業施設も多く、綺麗なトイレでオムツ替えをしたり帰りにお買いものをするにもとても便利です。

2.モエレ沼公園

札幌市東区にあるモエレ沼公園は、広大な敷地に遊具や噴水などさまざまな施設がある公園です。

とても広い園内は1日かけてゆっくり回っても飽きません!豊かな自然の中、子供と一緒に楽しい時間を過ごすのにピッタリな公園です☆

基本情報

  • 住所:北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1
  • 電話:011-790-1231
  • アクセス:中央バスにて「モエレ沼公園東口」「モエレ沼公園西口」にて下車。駐車場あり。
  • オムツ替えコーナー:あり
  • 授乳スペース:あり

モエレ沼公園の詳細はこちら☆

子供連れにおすすめなポイントは?

遊具

小山に登ったり、遊具で遊んだり、眺めもよく一日遊べる楽しい公園でした。レンタサイクルも2時間200円で子供連れで移動にも重宝しました。 出典: www.jalan.net

なんといっても広大な敷地!子供たちが大声を出しながら元気いっぱい走り回っても、周りに気を使うようなことはほとんどないでしょう!他の公園ではまず見ないような遊具や巨大な噴水や山が子供たちの興味を惹きつけます。

また、車でお出かけのママに嬉しい、駐車場が無料!お弁当と飲み物を持参すれば、1日中ただで遊ぶことができます♪

家族でまったり、ママ友とわいわい、どんなシーンでも楽しめる場所です。

3.札幌ドーム内キッズパーク

札幌ドーム内3階にある、屋内大型遊具を備えたキッズパーク。無料で何時間でも遊ぶことができるので、予算の心配もなし!

2歳以下の子供にはベビーコーナーが別で設けられているので、「大きい子ばかりの中で遊ばせるのは心配」というママも安心です。

基本情報

  • 住所:北海道札幌市豊平区羊ケ丘1番地 3階
  • 電話:011-850-1000
  • アクセス:地下鉄東豊線福住駅から徒歩約10分。イベント開催時はシャトルバスの運行もあり。駐車場あり。
  • オムツ替えコーナー:あり
  • 授乳スペース:あり

札幌ドーム内キッズパークの詳細はこちら☆

子供連れにおすすめのポイント

遊具

ドーム内のキッズパークによく行きます。駐車代のみで無料でたっぷり遊べます。大きな複合ジャングルジム?の他赤ちゃん専用の遊べる部屋もあるので安心です。 出典: www.jalan.net

札幌ドーム内の3階にある巨大な屋内遊び場!3歳から小学4年生までを対象とした大型複合遊具と、2歳以下を対象とした靴を脱いで遊ぶベビーコーナーがあるとっても楽しい空間です。野球などの試合観戦で訪れた際やイベントを行っていない日でも無料で利用できます♪

屋内なので天気を気にせず遊ぶことができます。雨や雪の日は子供たちも家にこもりっきりだとエネルギーが大爆発!大きな遊具でおもいっきり体を動かすことができます。

また、年齢でベビーコーナーと大型遊具のコーナーとが分かれているので、ハイハイやよちよち歩きの子供でも安心して遊ばせることができます。ベビーコーナーは床が柔らかいので、よちよち歩きの子供でも安心して遊ばせることができます☆

4.札幌市子育て支援総合センター

資生館小学校と同じ建物にある子育て総合支援センターは、土日も休まず開館しており、9時から17時まで1日中滞在することができます。0歳から就学前の子供をもつ子育て家庭やボランティアなどが、互いに交流できる施設です。子育ての相談をしたり、絵本の読み聞かせなども行っています。

センター内は赤ちゃんがメインとなる乳児室、歩き始めた子供たちも楽しめるプレイルームなどに分かれていて、日によってさまざまなイベントや講座が開かれています。赤ちゃん向けのおもちゃからおしゃれな木製のままごとコーナー、木のボールプールなど子供たちが夢中で楽しめる遊具がいっぱい!何度も足を運びたくなる施設です。

基本情報

  • 住所:北海道札幌市中央区南3条西7丁目(資生館小学校と同じ建物)
  • 電話:011-208-7961
  • アクセス:地下鉄「すすきの駅」から徒歩5分。市電「資生館小学校前」から徒歩1分。
  • オムツ替えコーナー:あり
  • 授乳スペース:あり

子育て総合支援センターの詳細はこちら☆

子供連れにおすすめのポイント

子育て支援総合センターは土日・祝日も休まず開いているので、とても助かります。そこに行けば自分と同じようなお母さんたちが来ています。愚痴を言ってストレスを発散できるし子供も楽しく遊べます。 出典: room-in-life.com

なんと!こんなにいろいろなおもちゃが揃っていて1日中滞在できるのに、無料で利用できます!さらに土日もやっているので好きな時に遊びに行くことができます。

ママ友と合流して子供たちを遊ばせて、お昼は一度外にでてランチ、遊び足りない子供たちを連れて再び遊びに戻る!なんてこともできます。

さらにミルクや離乳食用のお湯も用意してあるので荷物も最小限でOK。授乳スペースやオムツ替えコーナーももちろんあります。

また、数に限りがありますが、赤ちゃん用のお食事椅子もあるので、ママもお家に近い環境で落ち着いてごはんを食べさせることができます。

5.ニューオータニイン札幌 ママ友プラン

札幌市内のおしゃれなホテルで楽しめるランチのプランです♪
個室のプランなので、周りを気にせず食事を満喫できます。時間も3時間とたっぷりあるのが嬉しいですね。

基本情報

  • 住所:北海道札幌市中央区北2条西1丁目1-1
  • 電話:011-222-1111
  • アクセス:JR札幌駅から徒歩8分。地下を通る場合、地下鉄さっぽろ駅22番出口から徒歩1分。
  • オムツ替えコーナー:あり
  • 授乳スペース:なし
  • 利用時間、人数:最大3時間まで。4名から。
  • 予算:1名2,000円。ソフトドリンク飲み放題つき。お子様ランチ(950円)もあり。
  • メニュー:チーズハンバーグ、シーフードフライ、おろしたぬきうどん、鰈柚庵焼きあしらい、鉄火巻きと納豆巻き、茶碗蒸し、アイスクリーム

子供連れにおすすめのポイント

和食

☆3時間利用できる。
☆オレンジジュース、烏龍茶、コーヒー、紅茶が飲み放題。
☆お座敷なのでどの年齢のお子さんでも利用しやすいかなと思います。 出典: tabelog.com

個室なので周りを気にせずゆっくり食事を楽しむことができます。お部屋の中にはあらかじめおもちゃが用意されており、子供たちも遊んだり、ごはんを食べたりと、飽きることなく過ごせます!

価格は2,000円とランチにしては高めかな?と思いますが、個室で3時間ゆっくり食事とおしゃべり、しかもドリンクも飲み放題なので、「ランチのあとに場所を変えてカフェへ」というよりは経済的!ちょっと特別な日のママ友ランチにもぴったりです♪

子供連れのお出かけを楽しもう!

お出かけ

いかがでしたでしょうか?札幌市内の様々なお出かけスポットをご紹介しましたが、気になる場所は見つかりましたか?

子供が一緒だと制限されることも多いですが、一緒だからこそ楽しめることもあります。

札幌で子育てを頑張る皆様、観光で札幌にお越しの皆様、皆様のお出かけが、より楽しいものになりますように♪

「お出かけ」「札幌市」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!