お迎えつき家庭教師!先生はバイリンガルお姉さん「お迎えシスター」

我が子にはたくさんの経験をさせてあげたいですよね。水泳やピアノのように体を動かす習い事や、塾に家庭教師と多彩な習い事があり、いつから考え始めるか迷うところ。実は3歳から始められる英語の家庭教師があるんです。バイリンガルのお姉さんによるお迎え付き英語家庭教師「お迎えシスター」をご紹介します。

習い事っていくつから始めて何を選べば良いの?

子供にいつから習い事をさせるかどうかは、ママたちの悩みのひとつでもありますよね。以前は習い事と言えば小学校に入学してから塾やそろばん教室、というイメージがありましたが、近年では幼いうちから習い事を始めるママも多いのだとか。

子供に習い事を挿せているママへのアンケートによると1番の人気は幼稚園入園前の3歳からのスタートだそうです。また全体の70%が0歳から4歳までの間に、何らかの習い事をスタートさせているという結果も出ています。

また習い事についてのアンケートによると、実際に習っている習い事の第1位は「水泳」。一方で習わせたい人気の習い事は「英語・英会話」だそうです。

年齢ごとにメリットあり人気は3歳からのスタート

3歳

実は、習い事は0歳児からでもできるんです。0歳から習い事?と不思議に思う方も当然いらっしゃるでしょう。

しかし、0歳からも出来るリトミックや、ママとのベビースイミングなど、ママと一緒に音楽に合わせて体を動かしたり、水に慣れたりという感覚を育てる習い事が人気です。

では、なぜ3歳からのスタートが多いのだと思いますか?それは3歳辺りから保育園や幼稚園を含め、集団生活の基礎を習得し始める年齢だからだそう。

3歳までの子供は脳も柔軟で多くのことを吸収すると言われており、また体力や伸長も伸びて習い事の選択肢も増えることも、始めるのに人気の理由かもしれませんね。

人気の習い事は英語!

英語

習い事についての雑誌によるアンケートによると、子供に習わせたい習い事人気第1位は英語・英会話です。小さい子供は耳の能力が優れているため、抵抗なく自然に英語を受け入れられるんですね。

子供の頃からしっかりと教育を受けさせてあげたい、と考えているママやパパにとっては英語が小さいころから身に付くだけでなく、発言する力が身に付いたり海外への広い視野が身に付くなど、我が子に与えたいと考える能力が詰まっている習い事なのかもしれません。

小学校での英語教育導入に伴い、小さい頃から少人数制での英会話スクールに通わせるママやパパもさらに増えそうですね。

子供の習い事はいつから?幼児から?年齢別に習いごとをご紹介!

関連記事:

子供の習い事はいつから?幼児から?年齢別に習いごとをご紹介!

今や2人に1人の子供が習い事をしているという時代です。お子さんの習い事に…

今大注目の習い事「お迎えシスター」って?

皆さんは、「お迎えシスター」という習い事をご存知ですか?

お迎えシスターは、新しいタイプの英会話として、現在多くのママから注目を集めています。なんと、英語を話せるスタッフが子供のお迎え、一緒に帰宅後自宅で英会話レッスンをしてくれるというもの!

気になりますよね!今回は、このお迎えシスターについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

お迎えシスター

お迎えシスターで3歳からできる英語教育!

3歳

「お迎えシスター」は英会話の家庭教師です。1対1でじっくりと先生と子供が向き合えるのが特徴です。

対象は3歳から。3歳という小さい子供の頃からしっかりとした英語教育を受けさせることができるのが、お迎えシスターなんです。集団での英会話スクールではなく英会話の家庭教師なので身に付く力のスピードが違いますよね。

英語を勉強ではなく楽しみや遊びのひとつとして受け入れられる、それが子供から英語をスタートさせるメリットです。「お迎えシスター」はその良さを存分に生かしてくれる習い事です。

お迎えシスターにはどんな魅力があるの?

「お迎えシスター」の魅力について、さらに5つに分けて細かく見ていきましょう。

1.高い応募条件をクリア!先生が厳選されたバイリンガルのお姉さん

女性

「お迎えシスター」で先生をしているのは、バイリンガルのお姉さんです。海外に3年以上住んでいた経験があり、さらにネイティブによる厳しい面接を通過したという厳選されたお姉さんたちが採用されているんです。

先生と言うよりお姉さんだから、子供たちもすぐに懐いて英会話の時間を楽しんでくれそうですね。

2.保育園や学校へお迎えに行ってくれる!帰宅時間もレッスンに!

手を繋ぐ

その名の通り、保育園や幼稚園、小学校へお姉さんがお迎えに行ってくれます。手を繋いでお話をしながら帰宅するのですが、もちろんお話をするときだって英語です。帰宅時間があっという間に、青空英会話教室に早変わりします。

帰宅時間でのレッスン内容は、前の週で学んだことの復習と今日のレッスンで学んでほしいフレーズ。しっかりと復習もしてくれるのが嬉しいですね。

3.共働きでも安心!送り迎えの様子をこまめに連絡してくれる

メール

共働きでママも仕事に行っている家庭では、先生のお姉さんがお迎えに行ってくれるのは助かりますよね。ただ、そのときの様子は気になるものです。

本当にお迎えに行ってくれたのか、ちゃんと自宅に到着したのか、お迎えシスターでは子供の写真を添付してLINEでメッセージを送ってくれます。

「お迎えしました!」「これから帰宅しますね」「いま帰宅しました!」

子供の元気な姿の写真と共に、リアルタイムでメッセージがもらえるのは離れているママやパパにも安心ですね。こまめな連絡をしてくれるところも魅力のひとつです。

4.楽しく学びながら発音とプレゼン力が上達できちゃう!

英語

  1. 自宅でのレッスンは80分~100分間程度
  2. The History of Meタイム(自分自身について学ぼう)50分間
  3. Show and Tellタイム(自分の好きなものについて話そう)20分間
  4. 発表タイム20分間

「The History of Meタイム」では自分について学び、それを一冊の本にするのだそう。3ヶ月後にはママやパパの前で発表会!子供にとってはドキドキするけれど、なんだか誇らしい気持ちになれる瞬間になりますね。

毎回の授業でおよそ50分間と多くの時間を使っており、このレッスンを通じて自分の意思や意見などをしっかりと言葉に出来る仕掛けがつくられています。

また「Show and Tellタイム」では自分の好きなものについて英語でのスピーチを考え、毎回のレッスンで発表をします。もちろん発表の姿は動画に撮って報告してくれます。ママも見れる上に、本人も自分で振り返りがいつでもできますね。

先生であるお姉さんと仲良く話をしながら、いつのまにか発音やプレゼンテーション、自分の言葉で気持ちを伝える力が上達していきます。成長していく上で重要な力も同時に身に付くのが嬉しいですね。

5.成長が実感できる!レッスン風景を動画で報告してくれる

動画

レッスンの様子は動画で報告してくれます。だから気になる子供の様子が分かって安心ですよね。

子供自身も自分で見直して復習をすることができるというメリットも!

お迎えシスターの料金設定は?

気になるのは料金プランです。家庭教師と言うと高いイメージがあり、さらにお迎えもあるとなると価格が気になりますね。

お迎えつきのプラン

手をつなぐ

お迎えが付いて、トータルでのレッスン時間は120分間です。

  • 週1回レッスン(120分間)→28,800円(税抜き)
  • 週2回レッスン(120分間)→48,800円(税抜き)

お迎えなしのプランもある

インターホン

専業主婦の家庭ではお迎えなしのプランを選択することもできます。

その場合は先生が直接自宅に来てくれるのだそう。時間は少し短くなって90分間になります。

  • 週1回レッスン(90分間)→22,800円(税抜き)
  • 週2回レッスン(90分間)→36,800円(税抜き)

グループレッスンの方法も

1対1の家庭教師のプランの他に、3人~5人の子供がひとつの自宅に集まって一緒に英語で遊ぶというグループレッスンのプランも用意されています。

仲良しグループで遊びながら英語を学べるなんて、楽しそうですね!

  • 3名レッスン(2時間)→1名あたり7,800円(税抜き
  • 4名レッスン(2時間)→1名あたり6,800円(税抜き)
  • 5名レッスン(2時間)→1名あたり5,800円(税抜き)

お迎えシスターを利用している人の声は?

ママ友

実際に利用している人の声を見てみましょう。「お迎えシスター」のどんなところに魅力を感じているのでしょうか。

早くからネイティブの発音に触れると発音が違う!

娘が英語を話しているのを初めて見ましたが、ジャパーニース英語に触れる前に、ネイティブの発音に触れると、やはり発音がこうも違うのかと親ながら非常に感心してしまいます。 出典: omsister.com

ママやパパ世代とは全く異なる英語教育を受けている娘さん。ネイティブの発音が自然と身に付いているんですね!カタカナ英語の私とは大違いです。

お姉さんが日本語も完璧だから、子供が心を開いて楽しそう!

塾 子供

近所の英会話教室に通っていた時は、外国人の先生だったのですが、娘があまり心を開かず、私もコミュニケーションがとれず苦労しましたが、お迎えシスターの先生は、日本語・英語が完璧なので、子供ともすっかり打ち解けています 出典: omsister.com

まだ英語に慣れない上に自宅で2人きり、となると子供が心を開けるかどうかはとても重要なポイントになりますよね。

優しくて日本語だってもちろん完璧なお姉さんが相手だから、楽しくお留守番をしている感覚でコミュニケーションを取れるのが嬉しいところです。

レッスンがない日も「今日はお姉さん来ないの?」と聞く子もいるんだそう。レッスンの時間を本当に楽しみにしているんですね!

動画を何度も見て嬉しそう!復習もできて一石二鳥

動画

動画レポートを何度も見ながら、いつも嬉しそうしています。子供は覚えたことをすぐ忘れちゃいますが、動画があるので、復習もできて助かります。 出典: omsister.com

動画レポートはママやパパだけのものではありません。子供自身が自分の姿を動画で見て、嬉しい気持ちになったり照れたりしながら、一生懸命に復讐をする姿が見られると嬉しいですね。

お姉さんに教わった英語の歌を、嬉しそうに何度も歌う姿が印象的だという声もあるのだそう。生活の中に英語が自然に登場するのは、楽しく英語が身に付いている証ですね。

「お迎えシスター」で楽しく英語と接する時間を!

3歳

「お迎えシスター」は共働きで忙しく、でも子供にもしっかりと教育を受けさせてあげたいと願うママやパパの想いに応えてくれる、新しい習い事です。

勉強だけど子供にとってはお姉さんと遊べる楽しい時間でもある、だから自然に英語や将来必ず必要になる力が身に付く。そして安心して子供を預けられる。

ママやパパ、子供自身にも嬉しいことがたくさんの「お迎えシスター」で、楽しい英語の時間を手に入れましょう!

「英語」「お迎えシスター」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧 ※外部サイトに飛びます

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!