「外食では100%〇〇〇屋を探す」!1歳児ママならわかる?まあちゃかさんの育児4コマが可愛い♡

1歳児の育児日記を4コマ漫画にして、インスタグラムに投稿しているまあちゃか(@kazmaru0125)さん。1歳のかずまくんの成長や育児に大奮闘する様子は、読者を元気づけ、癒してくれる作品ばかり。今回はまあちゃかさんの作品の中から、特にママが共感&癒される、可愛い作品を4作品ご紹介します。

画像:www.instagram.com

1歳育児を4コマ漫画で投稿!まあちゃかさん@kazmaru0125♡

インスタグラムで育児日記やイラストを投稿している、まあちゃか(@kazmaru0125)さん。

現在1歳のかずまくんの成長記録はもちろん、夫婦で育児に奮闘する様子が、子育ての合間にもサクッと読める4コマ漫画で投稿され、人気のインスタアカウントになっています。

読んでいると、育児中のママにとっては身に覚えのあることばかり。「こんなことあるある!」と共感しながら読めて、最後にはかずまくんの愛らしさに癒されてしまいます♡

忙しい育児の合間に、こんな可愛い4コマ漫画はいかがでしょうか?

「あるある!」が止まらない!まあちゃかさんの1歳育児4コマ漫画

まあちゃかさんの数ある育児4コマ漫画の中から、可愛い&共感が止まらない作品を4つご紹介します♡

1.はじめての”豆イス”

初めての豆イスにびっくりして号泣のかずまくん。

まさか座るだけであんなに大きな音で「ピーーーーーーー!」と鳴るのは予想外だったのでしょうね...。筆者の息子も1歳ごろに全く同じ経験があり、思い出して笑ってしまいました。

この後この豆イスには座ってくれているのでしょうか?かずまくんが豆イスと仲直りできることを祈ります!

2.起こした責任は大きい...

くしゃみや、鼻をかむ音で赤ちゃんが起きてしまう事、結構ありますよね。

苦労して寝かしつけたのに、帰ってきた旦那さんがいきなり鼻を「ブ―――――ッ」とかんだり、くしゃみ、更にはオナラで起こしてしまった日には、怒りが抑えきれません...。

しかし、最後のコマのママの「行け。」が面白すぎて、笑ってしまいます。パパ、寝かしつけ後のくしゃみ、鼻水、オナラにはご注意ください...。

3.「ポーイ♡」にハマる時期が来る...

1歳くらいの子供たちは親がすることをよくマネしますよね。ママがおむつやティッシュなどをゴミ箱に捨てるのを見てマネっこすると、ママが「ありがとう♡」と褒めてくれるのが嬉しくて、ついついなんでもポイ!

・・・気づくと財布に携帯、お金に鍵など、大切なものがゴミ箱の中に...。

でも「ほめて♡」という自信満々の視線が可愛くて、なかなか怒れないんですよね。

4.1歳児の外食の鉄板といえばコレ!?

この漫画に激しく共感してしまうのは筆者だけでしょうか。

洋服をあまり汚すことなく、本人が自分で食べることができ、ボロボロと散らからない優秀食材、うどん。気軽にトッピングを選んで追加できたり、店舗によってはおにぎりも置いてある嬉しい店舗も。どこのフードコートに行っても、うどんやさんがあれば安心なんですよね。

ママの必死な視線も「ここでなんとかたっぷり食べさせて昼寝させたい!」という思い(筆者の勝手な推測です)が感じられ、激しく共感してしまいます...!

当てはまり過ぎて笑える!minchiさんの描く「1歳半ぐらいの子供の行動」が話題!

関連記事:

当てはまり過ぎて笑える!minchiさんの描く「1歳半ぐらいの子供の行動」が話題!

国内外で活躍されている画家 minchiさんが描いたイラスト「1歳半ぐらいの子…

あとで振り返ると笑える?珍事件多発の1歳児育児

1歳児育児は予測不能の珍事件が多発する、とにかく忙しくてママはドタバタする時期ですよね。

お出かけ先でうどん屋さんを探して走り回った日々に、化粧品を歯形とよだれまみれにされた日々...その時は忙しくてしんどくて「いつになったら終わるのだろう」と思っているものですが、他のママのこうした漫画を読んで「あるある!」と思うときには、不思議と笑い話になっていたりするものですよね。

「こんなこともあったな~」と笑えたり、「今うちもまさにこれ!」と共感したり。忙しい育児の合間に一息ついて、30秒で読める4コマ漫画インスタグラマー、まあちゃかさん。今後はどんな、かずまくんの姿や育児奮闘記が投稿されるのかが楽しみです♡

※掲載に関しては、まあちゃか様より許可を頂いております

まあちゃかさんのinstagramはこちら

「インスタグラム」「子育て」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!