挙式したチャペルの名前を娘に…私の名付け奮闘記!

昨年初めての出産を経験し、名前を決めるのもとても悩みました。夫婦間でも意見が合わなかったり、じいちゃんばあちゃにこだわりがあったりして、早くから考え始めたのに決まらないまま臨月…なんて方もけっこういるのではないでしょうか?私もけっきょく生まれてから決めたのですが、それまでの奮闘をお話しします!

我が家の姫の場合

我が家の姫の名前は「杏」アンです!

まずは、何故この名前にしたかをご紹介します。私は、自分の名前が発音しづらい名前だったため、呼びやすく親しみやすい名前にしたいというのが念頭にありました。

できれば2文字、というのもなんとなく考えていました。

あん、りん、あお、ゆう、なみ…いろいろ考えましたが、次に頭に浮かんだのは私の両親のこと。私の両親はいわゆる画数を気にするタイプ。絶対調べるだろうなと想定しあらかじめ画数の良いものを選びました。

後ほどお話ししますが、これはなかなか大変でした。

最終的にはいくつか候補を用意し、生まれて顔を見てから決めることに!と言いながら旦那の中では決まっていたようで…というのも、私たちの結婚式をあげたチャペルの名前がアンだったんです。

恥ずかしながら、私はそのことに気づいていませんでしたが…。式をあげた時にすでにお腹にいた娘だったので、私たちの記念すべき名前でした!

呼びやすく親しみやすい、私たちの思い出の名前に決まりました!

姓と名前の画数を意識した名付けをするには?おすすめの命名サイトを活用した、苗字と性別毎の名前のつけ方

関連記事:

姓と名前の画数を意識した名付けをするには?おすすめの命名サイトを活用した…

新しい命がお腹に宿った時、そこには愛すべき我が子が存在します。ベビーが…

我が家の名付け奮闘記

夫婦の温度差

さて、名前をつけるにあたって私は、性別が分かるや否や名前を考えるのが楽しみで仕方ありませんでした。

女の子なのでなかなか性別が確定されず、モヤモヤしておりましたが旦那にはそんなに焦ったって仕方ないと言われ、考える前から苛立つことも…。

性別がなんとなく確定されると、早速本を買いにいきました。本も沢山あってどれを買おうか何度も下見しました。同じような内容でも、同じ名前で紹介されている漢字が違っていたり、漢字の意味の紹介が違っていたりして悩みましたが、その時気になった漢字や名前が使われているものを選びました。

名前を考える間も旦那に話をふってみるのですが、本気なのかふざけているのかその時テレビに出ている女優さんの名前を言ってみたり…ちゃんと考えてよー!と何度言ったことか。そんなこと言われても、顔見ないとわからないし…と言われて試合終了。

しまいには、子供三人作るから、七ちゃん、福くん、仁くん、で三人合わせてシチフクジン!と言いながら笑ってました。

さすがに笑ってしまいましたが、3人も作る予定ないし呆れちゃいました。あんまり早くから期待しちゃいけませんね。

頭を悩ます姓名判断

早速買った本で漢字を見ていて、気に入った漢字がありました。秋生まれの姫に、秋の植物の漢字を使いたいなと思っていたのですが、「椛」モミジという漢字をみつけて、ピーンときた私は早速この漢字で姓名判断。

椛ハナ、愛椛アイカ、千椛チカ…どれを調べても、そもそもこの漢字が苗字と相性が悪く全然ダメ。苗字と並べてみてもごちゃごちゃしてて見づらかったものもありました。

次に、読み方が気に入ったヒマリという名前。これもいろいろ漢字を変えて調べましたが全然ダメ。日葵、灯葵、陽鞠。うまくいかないものです。

両親にも話したところ、自分の子供じゃないからか以外にも、女の子だし苗字変わったら関係ないからそんなに気にしなくていいんじゃないかと言われてしまい。取り越し苦労…

しかしながら、一回見ちゃったら気になってしまうのがこの世の常。よくない判定が出た名前を選ぶのもな、と逆に気になってしまい堂々巡りを繰り返し、一時休戦することに。

あんまり詰めて考えると、楽しいはずのことも嫌になってしまいそうでいったん考えるのをやめました。

子供の名前を姓名判断できるおすすめのサイトまとめ 字画数などから赤ちゃんの運勢を占おう

関連記事:

子供の名前を姓名判断できるおすすめのサイトまとめ 字画数などから赤ちゃんの…

子供の名前を決める時のひとつの指針になるのが、姓名判断。姓名判断の中で…

名付けの決め手5つのポイント

そんなこんなで悩みに悩みましたが、最終的に5つの候補に絞りました。那奈ナナ、凛リン、杏アン、亜桜アオ、灯葵ヒマリ。

けっきょくシチフクジンと笑っていたのにナナが候補に入り、秋生まれだけど桜という字を使い、灯葵もどちらかといえば夏っぽい気もしたけれど、どれも呼びたいなと思った名前です。

そして生まれた顔を見て、旦那の意見を聞いて、最終的に「杏」を選びました。決まって呼んでみると、愛着も湧いてもうこれしかない!と案外素直を受け入れられるものです。

最後に、名付けをしてみて感じた5つのポイントを紹介します。

  1. まずはインスピレーションで!
  2. こだわりすぎず、柔軟に!
  3. 自分が呼びたい名前に!
  4. 苗字とのバランスも案外重要!
  5. 周りの意見は参考程度に!
子供の名付け、先輩パパママも試行錯誤!?

関連記事:

子供の名付け、先輩パパママも試行錯誤!?

赤ちゃんの名前はパパママたちからの初めての贈り物です!子供の名付けには…

二人が納得のいく名前を!

とっても楽しみな名付け。しかしながら、夫婦の間でも最初は揉めることが多いかもしれません。私はこんなに頑張ってるのになんで旦那は…とイライラすることもあるかも。そんな時は、自分も一呼吸して雑談程度に話してみるのもいいかもしれません。

自分が考えていなかったような名前が浮かんだり、いったん保留にしていた名前が生まれた子供を見たらピンとくることもあるかも!

あまり根詰めて、いっぱいいっぱいにならないように楽しんで名前を考えてみてくださいね!

また、まわりの意見は参考程度にしたいものです。いろいろと言われることもあるかもしれませんが、しっかりと理由を話せば納得してもらえるかもしれません。二人が悩んで考えて大事につけた名前ですから。

この先、ずっと呼び続ける名前です。子供が大きくなった時に、名前をつける時にこんなに大変だったよ、こんな面白いことがあったよ、と何でもいいから素敵なエピソードを話せるといいですね!

きっとお腹の赤ちゃんも楽しみにしていると思いますよ!

「名付け」「子供」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!