社会科の自由研究のまとめ方と小学生向けテーマ15選

社会自由研究は、理科の自由研究と比べて短期間で費用もかかりにくいというメリットがあります。コツコツ本を読んで調べたり、調べたことをまとめるのが得意、また歴史や地理、身近な職業などに興味がある小学生にはぴったりです。毎日のニュースや家族の会話、旅行先などで「なんで?」「すごい!」と思ったことがあればすぐに調べてみましょう。身近なテーマから、個性あふれる自由研究が誕生します。

自由研究で社会にチャレンジ!まとめ方を解説

自由研究というと、朝顔の観察や昆虫採集など理科の研究が一般的ですが、自宅で小学生ができる研究となるとありふれたテーマになってしまいます。

そこでおすすめしたいのは社会科の自由研究です。比較的短期間で調べることができ、1つの題材から様々なテーマに発展させやすいため、他の子供と内容が被りにくいこともメリットです。研究も本や資料を調べたり、自分で考えてまとめることが大半のため保護者もアドバイスしやすいので低学年からチャレンジできます。

構成の作り方

パズル

自由研究のテーマが決まったら、まずは構成を考えましょう。すぐ研究に着手するのではなく、ある程度筋道を立ててから始めることで情報の取捨選択がしやすくなり、調査やまとめを効率的に行えます。

基本の構成は以下です。

  1. タイトル(〇〇について、〇〇の研究、など)
  2. 研究したテーマの説明
  3. テーマを選んだ理由、きっかけ
  4. 研究の方法
  5. 調べたこと、結果
  6. 5から分かったこと、理解したこと
  7. 感想、自分の意見、考え
  8. 参考にした資料

項目が多く感じますが、このポイントを押さえておけば各項目が短文になっても十分な内容で出来上がります。

1から5までは研究を始める前に一度書いてみましょう。どういう研究をしたらいいか計画しやすくなりますし、調べものが終わった後に見返すと、調べ忘れに気付けたりします。

また、予め5で仮説を立てておくことで7でしっかりと考察をすることができます。

研究の方法

社会の自由研究の場合、研究の基本は調査と考察です。調査には図書館や資料館などを活用しましょう。図書館でどの本を調べればいいかわからない時は、司書の方に相談すればぴったりな本を選んでくれます。

インターネットでも気軽に情報収集できますが、インターネットの内容は不確実なことが多い為、文献や書籍での調査を推奨します。自由研究の巻末には、参考にした本の名前、作者などをきちんと記載しましょう。

また、インタビュー調査は非常に役立ち、内容の濃い研究内容にすることができます。お仕事中の方にインタビューしたり、訪問させてもらう場合は必ず事前に保護者がアポイントメントをとり、調査の目的や内容を伝えておきましょう。

発表の仕方

色鉛筆

調べたことをまとめて、発表するための形式はテーマに合わせて自由に選べます。低学年であれば図や絵を多めに、高学年になるにつれて文字数を増やすよう気を付けましょう。

  • 画用紙:絵や図が多い場合
  • レポート用紙:文章が多い場合、ページ数が多くなる時
  • 大きな模造紙:新聞形式でまとめる場合

画用紙やレポート用紙など、複数枚の紙で発表する場合は左端に紐を通して冊子の形にしておくと見やすいものになるでしょう。また、学校指定の書き方がある場合もあるのできちんと確認しましょう。

夏休みの自由研究どうする?1年生〜6年生までの学年別研究テーマの選び方と作品まとめ

関連記事:

夏休みの自由研究どうする?1年生〜6年生までの学年別研究テーマの選び方と作…

小学生の夏休みの宿題といえば自由研究!自由と言われても、幅が広く「どこ…

小学生におすすめ!社会の自由研究テーマ15選

実際に、小学生向けの自由研究テーマと、その研究内容、所要期間、費用を紹介します。本で調べる場合は、図書館の本を借りるという設定としたので費用に含んでいません。

1、2年生は社会、理科という括りはなく生活科という科目になるため、内容が自然や文化など幅広くなっても大丈夫です。3年生以降は、社会科の教科書からヒントを得てテーマを選ぶとその学年に合った内容になります。

1.通学路調べ

通学路

子供達が毎日通っている通学路について調べてまとめます。1年生でも取り組みやすく、時間や費用もかかりません。

研究内容

  • 通学路の危険な交差点
  • 通学路で見かけた生き物
  • 交差点の車の数
  • 道路標識

上記の項目を調べ、オリジナルマップにしましょう。通学路の説明だけでなく、自分が通学中に気をつけていることや、通学中に発見したことなどを盛り込むと内容が充実します。

詳細

  • 対象学年:1-3年
  • かかる時間:1週間程度
  • 費用:0円

2年生以上ならただ紹介するだけでなく、交通安全に着目してみましょう。通学路に足りない標識を考えたり、自分でオリジナルの標識を考えても面白いですね。

2.商店街マップを作ろう

手作り

毎日お母さんとお買い物に行く商店街を調査します。お買い物が好きな子供におすすめです。

研究内容

  • 何の店があるか
  • 店のおすすめは何か

実際に商店街を歩いて調べたり、商店街のインターネットサイトを見たり、お店の方にインタビューさせてもらいましょう。また商店街のいいところをまとめたり、自分たちが商店街のためにできることなどを考えてみたりしましょう。

詳細

  • 対象学年:1-3年
  • かかる時間:2週間程度
  • 費用:0円

大きな紙に新聞形式でまとめると見栄えがするテーマです。

3.神社の歴史調べ

神社

神社はその土地の特色が現れていることが多い施設です。昔の人が何を祈って神社を建てたのかを調べることで、住んでいる町の新しい側面を知ることができます。

研究内容

  • 神社が建てられた時期
  • 神社の由来、どうしてその場所に建てたのか
  • 神社が建ってから、街は変わったか?

神社の神主さんに話を聞いたり、神社で案内板や石碑を探してみましょう。郷土史なども参考になります。

詳細

  • 対象学年:1-3年
  • かかる時間:1週間程度
  • 費用:0円

神社だけでなく、その周りも散策することで何か見つかるかもしれません。是非親子で散歩してみましょう。

4.町の特産品調べ

リンゴ

自分の住んでいる市や区の特産品を社会の授業で習った子供におすすめです。気になる産品があれば詳しく調べてみましょう。

研究内容

  • 他県との生産量の比較
  • 他県の同産物との比較
  • 生産方法の工夫 など

できれば、生産地に行って、実際に作っている様子を見たり生産者の方から話が聞けるといいですね。

詳細

  • 対象学年:1-3年
  • かかる時間:1週間程度
  • 費用:0円~交通費(産地に見学に行く場合)

農業だけでなく、漁業や工業も調べてみると面白いですよ。

5.手紙を調べる

ポスト

暑中見舞いで郵便の仕組みを研究しましょう。複数の地方に祖父母や親戚がいる場合、サンプルがたくさん取れるのでしっかりとした研究ができやすいです。

研究内容

  • 葉書を実際に投函して到着までの期間を調べる
  • 葉書がどのルートを通って届けられるか調べる など

葉書を送る地方を変えてみたり、曜日を変えてみたりいろいろなパターンで試してみましょう。郵便ルートを郵便局の人に尋ねたり、集積場を地図上で探してみても面白いですね。

詳細

  • 対象学年:1-3年
  • かかる時間:2週間程度
  • 費用:郵便代

もし海外旅行の予定があれば、海外から日本へ手紙を送って国内の郵便とどう違うか比較してみましょう。

6.駅で働く人調べ

駅

電車好きな子供におすすめです。駅で働く人の中にはどんな人がいるのか調べてみましょう。表に出ていない、裏の仕事をしている人を見つけることができるかもしれません。

研究内容

  • 駅での仕事を調べる
  • 実際に働いている人を探す、インタビュー など

あまり利用者の多くない、小さな駅の方が研究はスムーズです。逆に、電車や駅にとても詳しい子供なら大きなターミナル駅に挑戦してみてもいいですね。

詳細

  • 対象学年:1-3年生
  • かかる時間:2週間程度
  • 費用 :交通費

駅の中での調査が多くなるため、事前に駅員さんに調査のための立ち入りの許可をもらうようにしましょう。また、できるだけ保護者が同伴して、駅の職員の方や他のお客さんの迷惑とならないようにしましょう。

7.家系図を作ろう

おじいちゃん

田舎のおじいちゃん、おばあちゃんの家に行くことがあれば家系図を作るのも面白いです。親戚への聞き込みや、家に残っている写真などで何代前まで遡れるか調べます。

研究内容

  • 聞き込み、資料の収集
  • 家系図を作る

聞き込みの中で、ご先祖さまの興味深い仕事や、戦争などの話が聞けるかもしれません。気になった事柄を追加で調べて、研究の内容を膨らませやすい題材です。

詳細

  • 対象学年:1-3年生
  • かかる期間:2週間程度
  • 費用:0円

孫の宿題を手伝えるとなると、喜ぶ祖父母も多いと思います。是非協力してもらいましょう。

8.郷土料理を作ろう

料理

自分の住んでいる町に伝わる郷土料理を調べて作ります。

研究内容

  • 郷土料理を調べる
  • 調理

できれば郷土料理の材料から、地域の特産品や地形の特徴など考察してまとめてみましょう。料理の作り方などは、近所の年配の方に話を聞いたり、本で調べることができます。

詳細

  • 対象学年:1-3年生
  • かかる期間:2週間程度
  • 費用:材料費

調理で火や刃物を使う場合は必ず保護者が監督しましょう。

9.食卓から食料自給率を考える

毎日の夕食の食材について調べてみましょう。その食材の産地を調べ、日本の食料自給率と比較してみましょう。料理のお手伝いが好きな子供などにおすすめです。

研究内容

  • 食材の種類
  • 食材の産地や、その分布 など

食材のイラストや、グラフ、地図をたくさん使ってカラフルにまとめてみましょう。高学年なら、TPPについても勉強してみましょう。

詳細

  • 対象学年:4-6年生
  • かかる期間:自由(2週間以上推奨)
  • 費用:0円(普段の食事でok)

期間は自由ですが、長い方がサンプルが多くなるためまとめや考察がしやすくなります。外食をするときも分かればメモなどしておきましょう。

10.ゴミの行方を追う

リサイクル

毎日家からたくさん出るゴミがどこに行くのか調べてみましょう。自然、環境問題に興味がある子や、ゴミをたくさん出してしまうという子にもおすすめです。

研究内容

  • ゴミ焼却所の見学
  • 3R(リデュース、リユース、リサイクル)について
  • ゴミの分別とその意味について

見学したことや調べたことをまとめるだけでもいいですが、日本のゴミの量や問題、世界の環境問題と絡めることでレベルの高い研究にすることができます。

詳細

  • 対象学年:4-6年生
  • かかる期間:2週間程度
  • 費用:交通費

ゴミ処理場によっては資料館があったり、見学できることがあります。是非活用しましょう。

11.スーパーに野菜が並ぶまで

買い物

畑からスーパーの店頭までの野菜の流通の研究です。親戚に農家の方がいる場合は協力をお願いしてみましょう。

  • 流通について調査
  • 畑や市場の見学

農家の方に話が聞ける場合は、作物を植えてから収穫までの調査を加えてもいいですね。農作物の流通の研究から、地産地消などについても学べます。

詳細

  • 対象学年:4-6年生
  • かかる期間:3週間程度
  • 費用:交通費

食育にもぴったりのテーマです。野菜嫌いな子供の意識が少し変わるかもしれません。

12.選挙の仕組み調べ

選挙

公職選挙法の改正により、2016年夏から投票所への子供の同伴が可能になりました。夏休み中に選挙がある場合は、選挙や日本の政治制度について調査するきっかけになります。

研究内容

  • 日本の国会や選挙について本で調べる
  • 投票所の見学 など

政治や選挙は毎日ニュースで見るため、子供も興味を持ちやすいです。また、選挙から日本の国会や内閣についてや、消費税増税について、日本の有名な元総理大臣について、など子供に合ったテーマにも発展させやすい題材となっています。

詳細

  • 対象学年:4-6年生
  • かかる期間:3週間程度
  • 費用:交通費

東京に住んでいたり、旅行の予定があるときは国会議事堂などの見学もおすすめです。

13.世界のトップ

国旗

こちらも政治に関心がある子供向けです。世界の国々の首長について調査してみましょう。

  • 外国の首長を調べる
  • 外国の政治制度を調べる など

大統領と首相の違いを調べたり、他国の政治制度と日本の政治制度を比較するなどこちらも様々なテーマに展開しやすい内容です。

詳細

  • 対象学年:4-6年生
  • かかる期間:3週間程度
  • 費用:0円

6年生なら、内戦をしている国や最近独立した国など、時事ネタに関連することを調べてみましょう。

14.毎日新聞を読む

新聞

毎日新聞を読んで、興味を持った記事を1つずつスクラップして自分の意見を書いていく研究です。国語が得意な子供や、新聞を読む習慣をつけさせたい子供向けです。

研究内容

  • 毎日新聞を読む
  • 気になった記事を切り抜き、考察する

毎日の一面をまとめたり、1つのニュースを連日選んだり、スポーツ記事だけ選んでも構いません。また、まとめも一番興味深かったニュースについてや、気付いた紙面の工夫などそれぞれの個性で選べる自由度の高い研究です。

詳細

  • 対象学年:4-6年生
  • かかる期間:1ヶ月〜夏休み全日
  • 費用:新聞代

子供がどんな分野に関心があるのか新しく知る機会になるかもしれません。自由研究をきっかけに将来の夢について、親子で相談してみては如何でしょう。

15.史跡、古墳調べ

歴史

地元や、旅行先で行った史跡、古墳などについて調べましょう。家族旅行の計画がある場合、歴史に関係ある観光地を選べば一石二鳥です。

研究内容

  • どの時代に何の目的で建てられたものか
  • 関係のある歴史上の人物や、事件の調査 など

社会の教科書を基本にして、図書館の本や歴史資料館などで詳細を補完していきましょう。

詳細

  • 対象学年:4-6年生
  • かかる期間:2週間程度
  • 費用:交通費

日本は大昔からほとんど国土が変わっていないため、たくさんの古墳や史跡が残っています。遠くまで旅行できなくても、近場のスポットをインターネットを活用して探してみましょう。

子供と一緒に歴史を振り返るのもいいですね

お父さん

夏休みという長い期間は、興味があることをじっくりと調べたりまとめるのにぴったりです。日頃、お子さんが興味を持っていることを一緒に調査してみてください。

日頃は子供と触れ合う時間が少ないお父さんも、歴史や政治の研究なら一緒に楽しんで調べられるかもしれません。自由研究で家族の素敵な夏の思い出作りができれば最高ですね。

「社会自由研究」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!