ユニクロの「レーヨンエアリーブラウス」は着回し抜群! 一週間コーデをご紹介

子育てママにも着回しできると話題の「レーヨンエアリーブラウス」。今季トレンドの「とろみ感」を演出できるアイテムでオフィスにも普段使いにも着まわせることから愛用する方が急増中!今回は、女性らしくフェミニンな雰囲気を演出できるレーヨンエアリーブラウスを使った1週間コーデをご紹介します。

ユニクロの「レーヨンエアリーブラウス」とは

シワになりにくいレーヨン素材が特徴のユニクロ「レーヨンエアリーブラウス」。

柔らかい素材感とさらっと着るだけでグッと大人の色気とフェミニンさを演出できることから子育て中ママにも大人気なんですよ!

子育てママにも人気の秘密とは一体何でしょうか?

プチプラ価格&カラーバリエーションが豊富

1,990円+税込みというプチプラな価格で流行の「とろみ感」を演出できるのが人気の秘密♡

さらに、色合いはシンプルなホワイトをはじめ、ライトグレーやブラック、ネイビーなど全7色とカラーバリエーションも豊富。シンプルなデザインでどんなアイテムとも合わせやすいため、色違いで欲しくなっちゃいますよね♪

柔らかい素材感で着心地も抜群!

レーヨン素材の柔らかい素材が軽やかで気持ち良いと大好評!シワにもなりにくく、薄手の素材で選択してもすぐ乾くブラウスです。

面倒なアイロンがけも不必要なので、忙しい子育て中ママでも着られるのが嬉しいですね♪

「#ユニクロデニム族」でママコーデをレッスン♡ジーンズ別インスタコーデカタログ

関連記事:

「#ユニクロデニム族」でママコーデをレッスン♡ジーンズ別インスタコーデカタ…

#ユニジョ など、ユニクロゆかりのハッシュタグが多数あり、コーデを学べるI…

レーヨンエアリーブラウスを使った一週間コーデをご紹介♡

それでは、レーヨンエアリーブラウスを使った一週間コーデをご紹介します。

1.働くワーママファッション!

画像:wear.jp

白パンツで清潔感のある雰囲気。全体的に大人っぽく会議やオフィスにもピッタリのコーデです。

ワーママにも嬉しいシンプルなのに上品なスタイル!優しい色味のカーキカラーが上品さを演出できますよね♪

2.子供と公園!歩きやすい&動きやすいがテーマ!

画像:wear.jp

子供と公園に行くときは、歩きやすさと動きやすさが何よりも重要ですよね!

ワイドパンツとレーヨンエアリーブラウスで、シンプルでありながらも女性らしいフェミニンな雰囲気を演出できるのがポイントです。

スリッポンを合わせて思いっきり走れる元気なママに♡

3.たまにはスカートでママ友とランチ♪

スカートスタイルで女性らしさアップ!ママになってもたまには独身時代を思い出して女性らしいスタイルも着たくなりますよね!ママ友会や友達とのランチデートにおすすめな可愛いコーデです。

ピンク×カーキがこんなにも合うなんて意外な組み合わせ!可愛くなりすぎないのがポイント♪

4.園の保護者会などはかっちりキメすぎないファッションで♡

画像:wear.jp

子供の授業参観や保護者会には、かっちりキメすぎたコーデは浮いてしまうことも。

とろみ感のあるエアリーブラウスでシンプルで綺麗めなコーデの完成!誰からも愛される好感度高いママを演出しちゃいましょ。

5.お休みの日のショッピングに♡

画像:wear.jp

子供たちが幼稚園や小学校に行っている間は、唯一ママがヒールを履ける時間♡

お買い物やお出かけにおすすめな大人っぽいスタイル!肩からカーデがカジュアルすぎず、女性らしい雰囲気も演出できちゃいます!

6.子供と一緒のお出かけには水玉ブラウスで可愛らしく♡

画像:wear.jp

レーヨンエアリーブラウスは、シンプルなデザインから柄入りのブラウスまであるので日によって使い分けるのもおすすめです。

子供とのお出かけ時には、両手が開くリュックスタイルで動きやすいコーデが良いですよね♪

7.週末は家族でお出かけ♪

週末は家族でお出かけのカジュアルスタイル!清潔感のある白シャツ×デニムスタイルで動きやすく、カジュアルなのに女性らしいコーデです。

今年流行りのサンダルもしっかり取り入れたデザインもポイント★

レーヨンエアリーブラウスでコーデを楽しもう♪

ブラウス

いかがでしたか?

快適な着心地と抜群の通気性で大人気のレーヨンエアリーブラウス!アイロン不要のお手入れの手軽さから一度着たら絶対手放せなくなること間違いなし♪

気になった方はぜひ今すぐお近くにユニクロに行ってみてくださいね♡

「ユニクロ」「レーヨンエアリーブラウス」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!