月に-〇円!?お金のやりくりは買い物を工夫から始める節約術をご紹介

食費節約」それはきっと、世界中の主婦が心がけていること。節約を実現するには家族の協力と心構え、そして根本からの見直しが必要です。「あと毎月1万円だけでも安くならないかな」なんていつも考えますよね。たかが1万円、されど1万円。「したいな」と言うくらいの思いでは、まだまだ気持ちが足りないのかも。毎月本当にカツカツの生活を送る筆者の節約術を、お教えします。

子供達はまだ未就学児なのに、こんなに・・・(泣)

当たり前ですが、家族が多ければ多いほど食費は多く必要になります。そして子供が中学生にもなれば、男の子なら軽くママの2倍は食べるようになってしまいます。

ママリをご覧の皆さんは、まだ小さなお子さんをお持ちの方が多いと思います。

我が子が成長期になった時の食費・・・恐ろしくないですか??

筆者の子供は3人

筆者には、5歳の男の子、3歳の男の子、生後7ヶ月の娘がおります。3人ともまだまだ小さくて可愛いです。

が、5歳の長男が怪しくなってまいりましたよ。幼稚園でしっかりと給食とおやつを食べて帰ってくるのに、帰ってきて第一声に、「おなかすいたーーー。」

サッカーも習っているのですが、練習終わりに、「おなかすいて、しにそう。」

よく食べることは良いことです。が、着々と我が家の食費は、右肩上がりなのです。

ママはどこも、みんな苦労している。

「あっちでお金がかかれば、こっちで減らさなければならない。」などと家計簿と睨めっこしながら考える時間は、なかなか頭の痛いもの。

筆者の主婦歴は6年ほどですが、この調整だけはいまだに慣れませんし、慣れる気がしません…。上手いことやりくりが出来る主婦さんを、本当に心の底から尊敬いたします。

以前は食費が7万円台の時も・・・

お金 悩み

一番下の娘を出産後、私は里帰りせずに我が家に帰りました。当然、食事の支度も出産前のように上手くできません。帝王切開だったのですが、まだ長く立っていられないし、新生児は2時間おきに泣くし。

買い物も主人にお願いしていました。

出来る限り、主人も慣れないながらに料理を作ってくれましたが、出来合いのものを作ってくるのも多かったです。

あと、主人が必要のないものを買ってくる…いや、結構買ってくる。お金を渡しておつかいを頼むと、子供のようにいろいろなものを買ってきます。

主人が買ってきた必要のないものの一例

  • ビール・・・今まで発泡酒だったのに。
  • レモン10個・・・何に使うの?
  • 全くサイズの違うオムツ・・・新生児にLサイズは鬼畜です。
  • 超高級たまご・・・4つで300円!?使えないよ~

みなさんよーく分かっていることかもしれませんが、やはり主人に買い物に行かせたらダメですね。

我が家は外食代も「食費」に含めます。

外食を1回すると3日分ほどの食費を使ってしまうので、ダメだと分かっていても、ご飯を作るのが面倒で「外に食べに行こう」と言ってしまうときもありました。

それらの結果、1ヶ月4万円ほどだった食費が7万円台という、大幅に超えてしまった月がありました。家計簿をつけていて、月末の締めの食費を見てビックリ!

こりゃあいかん。今でこんなにかかっては、この先どうするんだ。「本気出して節約していかな、アカンーーーー!!!」そう決心したのです。

買い物は基本、「1週間1万円」

スーパー

我が家の買い物は、自転車で20分と少し遠いですがイオンモールオンリーと決めています。

みなさんご存じの「WAON」に1週間に1万円だけ入れておくのです。何がなんでも、その「WAON」だけで会計することによって、「1万円しか入っていない。無駄なものは買えない。」と意識できるのです。

お米を購入するときは20キロのものを購入するので、WAONとは別の現金で購入します。

嬉しいポイントをWAONのみで貯めていく

このWAONが、結構気付いたら貯まってくれています。

200円ごとに1ポイント(1円)貯まるので、1週間WAONだけで1万円分買い物すると、50ポイント貯まり、1ヶ月で200円ほどになります。

いろいろなスーパーで貯めるより、ポイントカード1枚で貯めていく方が、分かりやすいし貯まるのも早く感じます。さらに毎週恒例の火曜市もかなりお買い得です。

筆者はだいたい火曜日に6000円ほど使ってまとめ買いします!

食費を減らすためにしてみたこと。

まずは形から。料理するのが楽しくなるような、立ちたくなるようなキッチンにしよう。と思いつき、100均のセリアなどで、キッチンのリメイクグッズを購入しました。

我が家ではないですが、こんな感じに仕上がりました。レンガ調のリメイクシートを購入して、ペタペタ。これが、かなりの筆者の中でのヒットだったのです。

キッチンが可愛くなったことにより、キッチンに立つことが好きになり、料理をすることが好きになりました。出来合いを買うこともなくなったし、おやつもほぼ手作り、お弁当に冷食を入れることもなくなりました。

そうすると、当たり前ですが、食費がグーーーンと減ったのです。

お菓子をほぼすべて手作り。

子供のおやつを手作りするのも節約におすすめです。
思い立ったらすぐにできちゃう、「バナナブレッド」のレシピをご紹介します。

今日のおやつにいかがでしょうか?

材料

  • バナナ2本
  • 薄力粉70グラム
  • 強力粉50グラム
  • ベーキングパウダー小さじ1
  • バター70グラム
  • 砂糖70グラム
  • 卵1つ

これらをすべて混ぜ、パウンド型に入れて170度で35分焼いて出来上がり!

1回作れば3日ほど食べられますし、超簡単。
スナック菓子を毎日購入するよりも、だいぶ安く済みます。

さらに余計な添加物なども入っていないし、バナナは栄養満点。

いいことだらけですよね。

かさまし3大食材をフル活用!

我が家の男たちは本当によく食べます。(私もです。)
ですが、もちろん食べたいものを食べたい分だけ買えるような裕福な家庭ではありません。

そんな時は、みんなの大好物を安い食材でかさまししてしまいます。

各家庭によって「愛用のかさまし食材」は異なると思いますが、我が家の場合は、以下の食材です。

  • ちくわ
  • もやし
  • 厚揚げ

定番中の定番と言ったところでしょうか?でも、本当に助かるこのかさまし3大トリオ。

  • ちくわ→煮物
  • もやし→炒め物
  • 厚揚げ→揚げ物

基本的に上記の調理法で使用すると、かさまししても浮くことのなく、文句を言われることもなく、みんなの胃袋に入っていきます。

それにこれらのかさまし3大トリオは、かなり味も染み込みやすく、何にでも合うし、本当に便利で1ヶ月に何袋買っているだろう、というところです。

子供達が中学生にもなれば、文句を言われるかもしれませんし、今のうちに・・・。

食費の節約術大公開!今日からできるコツまとめ!

関連記事:

食費の節約術大公開!今日からできるコツまとめ!

ちまたでは増税するだのしないだの、値上げだのなんだの景気も回復しないの…

結果7万円→4万円にダウン!

筆者もまだまだ勉強中・・・使いすぎてしまうことも多々ありますが、基本的に今は、毎月4万~4.5万円ほどで収まっています。

これが高いのか安いのかは、それぞれの経済状況や家族構成などで変わってくると思いますが、我が家は確実に貯金にまわせるお金が増えました。

子供が成長するにつれ、どんどんかかるお金も増えてゆきます。今のうちに「限られたお金で上手に楽しくやりくりする」癖を付けたいものです。

「節約」「食費」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応いただきますようお願いいたします。なお、ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!